スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝結果(11)東海大学

1区白吉凌区間7位(6位と17秒差)
2区川端千都(7→7)区間8位(6秒差)
3区廣田雄希(7→8)区間12位(55秒差)
4区宮上翔太(8→9)区間5位(40秒差)
5区石川裕之(9→7)区間4位(4秒差)
6区高木登志夫(7→7)区間5位(1秒差)
7区石橋安孝(7→5)区間2位(7位と43秒差)
8区中川瞭(5→6)区間7位(1分6秒差)
総合順位6位(予想6位)区間は1区2区3区が的中
順位は2区が思ったより良くて3区が思ったより良くなかったので、当たりました。区間は3区廣田を当てられたので満足。後半は当てられたとしても7区石橋くらいだったと思います。
白吉は堅実に第二集団で走ると、ラストは柳や柿原より速く第二集団トップで襷を渡し、しっかりと走ってくれました。今回のシード圏の最大の立役者は川端かなと思います。我那覇・市谷など1区第二集団だったチームがうまく走れない中、区間8位としっかりと粘りました。前半に集団から引き離されましたが、最終的には高田と区間タイム8秒しか変わりませんでした。廣田は区間賞候補だと思っていたのですが、大撃沈。10000Mの自己ベストが1分違う海老沢にすら抜かれてしまいました。宮上は井上に食らいついてしっかりとシードとの差を詰めました。区間タイムも42分前後でまとめ、有力校に割り込みましたね。石川は箱根予選会はうまくいきませんでしたが、修正してきました。さすがに総合3位以内に入ったチームは歴代トップ10のタイムで走っており及びませんでしたが、しっかりと区間4位で走ってくれました。高木は初駅伝ながら格上の井戸にしっかりと食らいつきました。区間5位でしたし、今年出てきた選手ですがもう安心して見ていられますね。石橋は箱根予選会撃沈していたので不安だったのですが、しっかりと修正してきましたね。有力選手が少なかったとはいえ、区間2位の好走で5位の大東文化を捉えるどころか一気に30秒の差をつけました。中川は地元でしっかりと60分少しで走破しました。箱根予選会から成績を上げていますし、これは箱根も楽しみです。全体的には序盤耐えて後半上げるという総合力の高いチームらしい戦い方ができました。箱根駅伝も故障者さえ出さなければシードは確実。あとは今回の廣田、箱根予選会の石橋のように1,2人出るミスをなくせれば5位争いもできると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。