スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝結果(8)明治大学

1区文元慧区間17位(1位と1分51秒差)
2区木村慎(17→8)区間4位(2分26秒差)
3区有村優樹(8→6)区間1位(2分24秒差)
4区松井智靖(6→5)区間6位(3分27秒差)
5区横手健(5→2)区間1位(2分40秒差)
6区山田速人(2→4)区間6位(3分38秒差)
7区山田稜(4→4)区間3位(4分28秒差)
8区大六野秀畝(4→2)区間1位(2分47秒差)
総合順位2位(予想5位)区間は1区3区8区が的中
順位は2区7区を始め、1区以外がここまでしっかりと走れるとは思っていませんでした。また、大六野もオムワンバよりは遅いかなと思っていました。区間は文元・横手が万全なオーダー組んだので仕方ない。7区山田稜は絶対に当てられなかったと思います。
文元は出雲ではオーダーから外れていたので状態に注目していましたが、良くなかったですね。万全なら平井くらいでまとめてくれる選手なのですが、第二集団にもついていけず出遅れてしまいました。ただ、明大は1区出遅れるとそのままというパターンが多かったのですが、しっかりと立て直せたのが今回良かったです。木村が区間4位の力走で8人抜き。単独走の方が向いているかなと思っていたのですが、中谷・久保田・服部といった選手と並び38分台というのは非常に素晴らしいと思います。すると、3区有村も貫禄の区間賞で一気にシード圏内に入ってきました。松井もしっかりと42分前後でまとめてくれました。ただ、優勝を狙うチームとしては主要区間を担わなければならなかったのは少し厳しかったでしょうか。ただ、直前に体調不良があって5区に回った横手が区間記録を30秒近く更新する快走で一気に2位まで浮上しました。山田速は悪くはなかったのですが、自己ベストは良い選手なのでもう少し名倉や今井に食らいついて欲しかったです。山田稜は初駅伝でかなり不安だったのですが、素晴らしかったですね。区間3位の好走で前との差を詰めました。大六野は序盤田口に離されたので伸びないかなと思いましたが、冷静でした。徐々に前との差を詰め、2位を奪取して区間賞、日本人歴代区間8位の好走でした。全体的には文元の状態が万全だったらという惜しい反面、木村・山田稜など収穫の多い大会になったと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。