スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会結果&全日本大学駅伝予想(7)山梨学院大学

5km(順位1位)
オムワンバ1431
井上1433
阿部1448
佐藤1448
兼子1448
前田1450
伊藤1457
上村1458
谷原1510
桃沢1510
磯野1510
山本1510
オムワンバ・井上以外では阿部・佐藤・兼子・前田がその次の集団に、伊藤・上村は2人で走って、残りは集団走でした。

10km(通算順位1位)
オムワンバ1430(2901)
井上1458(2931)
谷原1509(3019)
磯野1509(3019)
上村1510(3008)
伊藤1511(3008)
前田1517(3007)
阿部1518(3006)
兼子1518(3006)
佐藤1519(3007)
桃沢1524(3034)
山本1528(3038)
オムワンバは結局村山につけず。だいたいの選手が問題ないのですが、桃沢・山本は既に遅れ始めていました。

15km(通算順位1位)
オムワンバ1442(4343)
井上1500(4431)
谷原1502(4521)
佐藤1513(4520)
阿部1514(4520)
兼子1514(4520)
上村1517(4525)
伊藤1526(4534)
桃沢1534(4608)
前田1545(4552)
山本1553(4631)
磯野1604(4623)
ここで谷原は一気にペースアップして、ほとんど阿部・佐藤らに追いついてきました。上村・伊藤の疲れもありますが、それ以上に桃沢らチーム9番手以下が急落してしまっています。(※磯野は他選手の肘が腹に入ったらしいです)。

20km(通算順位4位)
2位オムワンバ1451(5834)
5位井上1454(5925)
21位阿部1504(6024)
25位佐藤1511(6031)
37位兼子1519(6039)
38位谷原1519(6040)
87位上村1549(6114)
148位桃沢1602(6210)
154位前田1625(6217)
182位磯野1625(6248)
142位伊藤1629(6203)
203位山本1642(6313)
オムワンバ・井上はもっと期待値が高かったのですが、悪くない走りだったと思います。阿部・佐藤に加えて不調だった兼子・今まであまり実績のない谷原が好走。上村はスピード型だったことを考えれば何とか終盤粘りましたが、対照的に昨年ラスト上げた伊藤はズルズルと落ちてしまいました。

4年
井上大仁
箱根15年(5位)・14年5区8位(5位)・13年3区7位(1区5位)・12年1区10位(45位)
全日本13年2区1位(4組3位)・12年1区2位(4組5位)・11年(OP11位)
関カレ14年10000M2位ハーフ1位・13年10000M9位ハーフ5位・12年10000M11位ハーフ2位
安定感抜群の日本人エース。前半戦絶好調。日本インカレ10000Mは13位だったが、箱根予選会はしっかりと走った。

阿部竜巳
箱根15年(21位)・14年9区5位・13年7区13位(5区7位)
全日本13年7区5位(1組1位)・12年4区8位(1組14位)
関カレDNS以降レースに出ていなかったが、箱根予選会で好走して復帰してきた。

兼子侑大
箱根15年(37位)・14年3区6位(59位)
全日本13年4区5位(2組8位)・12年補欠(2組19位)
関カレ14年3000SC予選・13年3000SC予選
昨秋ブレイクした選手。秋になってトラックは不調だったが、箱根予選会では2年連続しっかりと走った。

桃沢大祐
箱根15年(148位)・14年6区10位・13年6区18位
2年連続山下りを走っている選手。9月末に29分53秒の自己ベストを出したが、箱根予選会は失速した。

3年
エノック オムワンバ
箱根15年(2位)・14年2区DNF(1位)・13年2区2位(6区1位)
全日本13年8区2位(4組1位)・12年2区1位(4組1位)
関カレ14年1500M1位5000M1位・13年1500M1位・5000M1位・10000M1位・12年5000M2位10000M1位
トップクラスの実力を誇る留学生。日本インカレは1500Mと5000Mの二冠したが、箱根予選会では2位だった。

前田拓哉
箱根15年(154位)・14年8区20位(105位)・13年8区13位
全日本13年補欠(2組21位)・12年補欠
関カレ13年ハーフ17位
9月末に29分28秒、ハーフ63分台の自己ベストを持つが、昨秋以降主要大会で全く結果が残せていない。

磯野裕矢
箱根15年(182位)・14年補欠(86位)
前半戦は姿を見せておらず、9月末の記録会も30分58秒。昨年好走した箱根予選会も失速している。

前田直人
箱根14年(119位)
全日本13年補欠・12年(OP15位)
前半戦は状態が悪くなく、9月末に30分8秒、間近の記録会も30分2秒とまとめている。

谷原先嘉
箱根15年(38位)・13年補欠
全日本12年補欠
関カレ12年ハーフ27位
即戦力として期待されたが、足踏みが続いていた。9月末に29分40秒の自己ベスト、箱根予選会も好走と絶好調。

2年
佐藤孝哉
箱根15年(25位)・14年補欠(50位)
全日本13年1区11位(3組10位)
関カレ14年10000M9位ハーフ6位・13年10000M18位
日本インカレ10000M6位。1年から安定して結果を残しており、箱根予選会も好走した。

上村純也
箱根15年(87位)・14年4区19位
全日本13年3区13位(1組3位)
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選5000M18位
9月末の記録会は29分48秒。長い距離はあまり得意ではないが、箱根予選会では何とか踏ん張った。

伊藤淑記
箱根15年(142位)・14年補欠(83位)
全日本13年5区11位
関カレ14年5000M20位
9月末の記録会29分57秒。前半戦は安定していたが、箱根予選会はラスト5kmで急失速した。

1年
市谷龍太郎
13分56秒の自己ベストを持って入学。間近の記録会で14分6秒で走るなど調子は悪くない。

主なエントリー漏れ
田代一馬(3年)…28分38秒の自己ベストを持つ。今年度になって姿を見せておらず、間近の記録会もDNS。
上田健太(1年)…都大路1区2位の実力者。7月に復帰し、9月からはポイント練習もこなせていたようだが…。

予想オーダー
井上4ー佐藤2ー市谷1ー阿部4ー上村2ー兼子4ー谷原3ーオムワンバ3
エントリーでは全日本から出走すると勝手に思っていた田代・上田が外れたのが残念ですね。静岡記録会に出ていない時点で全くの予想外ではありませんでしたが…。オーダーですが、昨年と同じく1区佐藤2区井上でも良いのですが、個人的には2年前の井上1区好走の印象が強い。佐藤も成長して不安なく2区走れるでしょうし、より長い1区に井上を起用してみました。3区スピードのある市谷に繋いでもらって、4区と6区に兼子・阿部といった4年生が入ると思います。昨年の経験区間を踏まえて4区兼子、6区阿部にするか、阿部が今年は箱根予選会も出ていることを踏まえて4区阿部6区兼子にするかはどちらも問題ないでしょうが、予想する方は難しいですね。5区は上村。スピードのある選手ですし、箱根予選会も終盤粘れていたので、わざわざ他の箱根予選会結果残していない選手を起用してまで外す理由はないと思います。谷原は箱根予選会で好走したので7区。期待が大きいですが、この夏までは良かった記録会の翌週に撃沈していたことも多かったので夏で成長した姿を見せて欲しいです。アンカーはオムワンバ。箱根予選会をみると昨年なみの出来ではないのかなという気もしますが、前に目標順位があると燃える選手ですので一気に浮上してほしい。カギとなるのは佐藤でしょう。勿論安定してはしってくれるでしょうが、1区にせよ2区にせよ他の優勝候補にどれだけ引き離されないかがカギになりそう。全体的には、オムワンバという飛び道具がありますし、他の区間も他大と比べてそこまで劣っているわけではないので十分優勝候補だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。