スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会結果&全日本大学駅伝予想(5)上武大学

5km(順位3位)
坂本1434
倉田1439
佐藤1448
松元1457
井上1457
三好1503
山岸1507
大西1507
田林1507
森田1507
上田1507
志塚1508
坂本・倉田は先頭(3位)集団、佐藤はその後ろの集団、あとは松元・井上・三好はフリー走で、残りは集団走という感じでしょうか。倉田は早くも3位集団からこぼれています。

10km(通算順位4位)
坂本1458(2932)
山岸1509(3016)
大西1510(3017)
田林1512(3019)
森田1512(3019)
松元1512(3009)
上田1512(3019)
佐藤1518(3006)
志塚1521(3029)
三好1523(3026)
井上1526(3023)
倉田1528(3007)
坂本は3位集団にキープ、佐藤・倉田も集団にしっかりとつけているのですが、三好と井上が既にペースダウンしています。集団は大西と山岸が出ているのがよくわからないのですが、基本的に集団走。志塚は集団から離れて自分のペースを刻んでいますね。

15km(通算順位5位)
森田1510(4529)
山岸1511(4527)
大西1511(4528)
松元1513(4522)
志塚1517(4546)
田林1517(4536)
佐藤1517(4523)
上田1518(4537)
坂本1522(4454)
倉田1526(4533)
三好1527(4553)
井上1633(4656)
佐藤・倉田・坂本と苦しくなり、三好・井上もペースダウンが止まりませんでした。

20km(通算順位6位)
51位志塚1503(6049)
46位山岸1519(6046)
60位田林1522(6058)
59位大西1529(6057)
61位森田1530(6059)
77位上田1533(6110)
88位倉田1542(6115)
72位松元1546(6108)
92位佐藤1555(6118)
65位坂本1606(6100)
155位三好1625(6218)
288位井上1825(6521)
自分のペース刻んでいた志塚が最後一気にペース上げましたね。集団走は全員きちんとゴールできました。ただ、倉田以下チームの主力が最後ボロボロでした。

4年
佐藤舜
箱根15年(92位)・14年3区10位(96位)・13年2区18位(22位)・12年1区7位(10位)
全日本14年(3組6位)・13年(4組23位)・12年2区12位・11年1区10位(4組6位)
関カレ14年5000M14位10000M14位・13年10000M9位12年3000SC2位5000M27位・11年3000SC1位
ダブルエースの1人。前半戦は安定していたが、箱根予選会は失速してしまった。

倉田翔平
箱根15年(88位)・14年2区8位(12位)・13年補欠(34位)・12年4区17位(51位)
全日本14年(3組1位)・13年(4組18位)・12年1区3位・11年2区10位(4組31位)
関カレ14年5000M6位・13年5000M32位・12年5000M18位・11年1500M予選
ダブルエースの1人。序盤は先頭集団につくなど積極的だったが、失速してしまった。

松元航
箱根15年(72位)・14年5区20位(52位)・13年8区17位(90位)・12年補欠
全日本14年(4組24位)・13年(1組29位)・12年6区6位・11年補欠(1組27位)
9月末の記録会で29分47秒の自己ベストを出したが、箱根予選会では失速してしまった。

大西淳貴
箱根15年(59位)・14年9区18位(118位)・13年10区15位(101位)・12年補欠(154位)
全日本13年(2組32位)・12年7区9位・11年補欠(OP24位)
関カレ13年ハーフ31位・12年ハーフ28位
上級生になってからは停滞気味で、9月末の記録会も30分13秒だったが、箱根予選会では好走した。

3年
田林希望
箱根15年(60位)
全日本14年(1組9位)
関カレ12年3000SC予選
高校時代の実績豊富な選手。昨年度までは目立っていなかったが、今年になって各大会で安定している。

石黒大介
箱根14年補欠(252位)・13年補欠(170位)
今秋になって10000Mのタイムを伸ばしており、間近の記録会は30分11秒の自己ベスト。

三好慎平
箱根15年(155位)・14年6区17位
全日本14年(1組4位)・13年(OP15位)
関カレ14年10000M17位・13年10000M38位
昨秋急成長した選手。9月末の記録会で29分45秒と調子は悪くなかったが、箱根予選会では失速してしまった。

山岸塁
箱根15年(46位)
全日本14年(2組2位)
じわりじわりと伸びてきた選手。自己ベストは30分台だが、全日本予選会・箱根予選会と大舞台に強い。

2年
志塚亮介
箱根15年(51位)・14年補欠(159位)
全日本13年(OP27位)
関カレ14年ハーフ18位
9月末に29分57秒の自己ベスト。箱根予選会や関カレハーフで好走するなど長い距離を得意としている。

森田清貴
箱根15年(61位)・14年補欠(191位)
関カレ14年3000SC6位・13年3000SC予選
9月末に29分49秒の自己ベスト。関カレ3000SC入賞、箱根予選会も健闘するなど飛躍の年に。

上田隼平
箱根15年(77位)
都大路3区24位など実績ある選手。1年時はあまり目立たなかったが9月末の記録会で30分12秒の自己ベスト。

1年
坂本佳太
箱根15年(65位)
全日本14年(4組33位)
関カレ14年5000M29位
都大路4区4位の即戦力ルーキー。9月末の記録会で29分33秒の自己ベストを出し、箱根予選会も積極的な走り。

井上弘也
箱根15年(288位)
全日本14年(2組16位)
都道府県5区2位の即戦力ルーキー。9月末に29分30秒の自己ベストを出したが、箱根予選会は撃沈した。

主なエントリー漏れ
佐々木天太(4年)…2年連続主将を務めている。上級生になってから故障が多い。

予想オーダー
坂本1ー倉田4ー三好3ー佐藤4ー山岸3ー大西4ー井上1ー松元4
エントリーは長期離脱している佐々木・東を除けば最も良い13人がエントリーできたと思います。ただ、主力は箱根予選会撃沈しておりオーダー予想は本当に難しいですね。個人的には箱根予選会撃沈した主力も全員入れて組んでみました。1区2区にダブルエース並べても良いと思うのですが、坂本がかなり3位集団につけていたので、坂本。昨年の佐藤や勝亦のようにできれば走ってほしいと思います。2区はダブルエースのうち箱根予選会で順位がまだ良かった倉田。もともと安定感ある選手なのでしっかりと修正してくれると思います。3区はスピード型の三好。箱根予選会撃沈した主力を入れすぎている気もするのですが、正直箱根予選会から誰を出走させて誰を外すかと考えると難しい。4区は渡辺・氏原など主力が起用されているのでダブルエースのもう1人である佐藤。5区6区に両予選会で好走している山岸、経験豊富な大西を置いて8番目の選手が置かれる7区には井上。箱根予選会は撃沈しましたが、それ以外の大会ではしっかり走れていますし将来エースクラスになる選手を全日本に起用しないのはどうだろうと思ったので。アンカーは松元。箱根では2大会連続終盤足が止まっていますが、終盤に上りのある8区大丈夫か少し不安ですが。全体的にはギリギリ一桁順位かなといったくらいでしょうが、非常に相性がよく楽しみ。カギとなるのは箱根予選会うまくいかなかった主力でしょうが、その前にどういう区間エントリーになるか注目です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。