スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会結果&全日本大学駅伝予想(3)神奈川大学

5km(順位5位)
柿原1433
西山1433
我那覇1448
鈴木1506
東1506
柏部1506
大川1506
大野1506
小泉1506
石橋1514
井上1514
中神1514
柿原・西山は3位集団に、我那覇はその次の集団でフリー走でした。集団走は期待の1年や箱根予選会結果を残した選手を柏部が引率し、昨年結果を残せなかった2年生を井上が引率しました。

10km(通算順位2位)
柿原1459(2932)
西山1459(2932)
鈴木1509(3015)
東1509(3015)
柏部1509(3015)
大川1509(3015)
大野1509(3015)
小泉1515(3021)
井上1517(3031)
我那覇1518(3006)
石橋1518(3032)
中神1518(3032)
ここで、小泉がペースダウン。昨年よりはペースが早かったのですが、気象条件が良かったですしこれぐらいのペースではついて欲しかったです。

15km(通算順位3位)
柿原1459(4431)
我那覇1514(4520)
西山1515(4447)
鈴木1515(4530)
東1515(4530)
柏部1515(4530)
大川1515(4530)
石橋1515(4547)
井上1515(4546)
小泉1526(4547)
大野1529(4544)
中神1539(4611)
ここで西山が3位集団から溢れているのが確認できました。ただ、こぼれてもしっかりと粘れているのは流石でしょう。集団走では、大野・中神といった選手もペースダウンしてしまいましたが、柏部の集団は良い走りができていると思います。

20km(通算順位1位)
3位柿原1446(5917)
11位我那覇1450(6010)
33位鈴木1508(6038)
44位東1515(6045)
50位柏部1519(6049)
76位石橋1523(6110)
68位大川1534(6104)
97位井上1538(6124)
23位西山1541(6028)
101位大野1542(6126)
113位小泉1550(6137)
157位中神1609(6220)
柿原・我那覇はラストでスピードを見せてしっかりと上げました。柏部は昨年とほぼ同じ成績でしたが、鈴木・東などうまく下級生を引率できたので良かったと思います。石橋・大川も踏ん張りましたが、井上は序盤スローペースだっただけにもう少し粘って欲しかったです。大野は15kmでの余力の無さをみると何とか粘ってくれましたね。

4年
柿原聖哉
箱根15年(3位)・14年5区8位(6位)・13年補欠(39位)・12年補欠(54位)
全日本14年(4組7位)・13年(2組15位)・12年3区11位(4組19位)
関カレ14年10000M6位・12年10000M9位
3本柱の1人。箱根予選会では3位集団から最後スパートをかけて3位と健闘。

小泉和也
箱根15年(113位)・14年1区21位(52位)・13年3区10位(52位)
全日本13年(OP8位)・12年4区9位
記録会の出走は少ないが安定して結果を残している選手。箱根予選会は中盤から失速してしまった。

柏部孝太郎
箱根15年(50位)・14年補欠(44位)・13年5区18位(85位)・12年補欠
全日本14年(3組7位)・13年(1組21位)・12年6区8位(OP12位)
関カレ14年10000M13位
今年になって更に力をつけてきた選手。箱根予選会では引率役として下級生の好走をアシストした。

井上雄介
箱根15年(97位)・14年4区11位(78位)・13年10区12位
全日本13年(2組20位)・12年7区14位
2年連続主将を務めている。箱根予選会はスローペースながら終盤も粘りきれなかった。

菅原涼介
箱根14年補欠(128位)
関カレ13年3000SC6位・12年3000SC予選・11年3000SC予選
箱根前に故障してから姿を見せていなかったが、秋に復帰。ただ、高島平は64分49秒と撃沈した。

3年
我那覇和真
箱根15年(11位)・14年2区19位(7位)・13年7区1位(62位)
全日本14年(3組9位)・13年(4組5位)・12年2区8位(4組18位)
関カレ14年5000M18位10000M22位・13年5000M10位10000M11位・12年5000M13位
3本柱の1人。春先はあまり調子が良くなかったが、徐々に調子を上げて箱根予選会でも好走した。

西山凌平
箱根15年(23位)・14年3区9位(20位)・13年2区11位(45位)
全日本14年(4組17位)・13年(4組13位)・12年1区14位(3組15位)
関カレ14年ハーフ4位・13年10000M8位・12年5000M16位
3本柱の1人。今年度更に力をつけてきている。安定感抜群の選手で、箱根予選会も3位集団からこぼれながら粘った。

2年
東瑞基
箱根15年(44位)・14年6区20位(77位)
全日本14年(2組22位)
昨秋にブレイクした選手。自己ベストはあまり大したことがないが、今年の箱根以外は堅実に走れている。

中神恒也
箱根15年(157位)・14年補欠(134位)
昨秋29分台を出した選手。前半戦はレース出走しておらず、箱根予選会では失速してしまった。

石橋健
箱根15年(76位)・14年8区20位(177位)
今年の箱根では力不足だった選手。前半戦はレースに出走していないが、箱根予選会ではリベンジを果たした。

1年
大川一成
箱根15年(68位)
全日本14年(1組18位)
高校時代から都大路など安定している選手。大学に入っても全日本予選会・箱根予選会としっかり走れている。

鈴木健吾
箱根15年(33位)
関カレ14年5000M32位
IH5000M決勝に残った選手。前半戦14分14秒の自己ベストを出しており、箱根予選会ではチーム4位の好走。

大野日暉
箱根15年(101位)
10000M29分34秒の自己ベストで入学。前半戦は不調だったが、箱根予選会では終盤何とか粘った。

主なエントリー漏れ
赤松宏樹(4年)…実力はあるが、故障が多い選手。箱根予選会もエントリー漏れしていた。
高山直哉(4年)…箱根7区10位の実力を持つ。高島平で61分12秒と故障ではない。
浅利宗一郎(1年)…高校時代の実績が豊富な選手。全日本予選会は初10000Mで好走した。

予想オーダー
柿原4ー我那覇3ー鈴木1ー西山3ー大川1ー東2ー井上4ー柏部4
箱根予選会エントリー14人から漏れたのが高山というのは意外でしたが、高島平でしっかりと走れており問題なく、不満でないエントリーができたと思います。1区は箱根2年連続1区予定だった柿原。全日本1区ですし箱根予選会もっとも走れていた選手を持ってくるのが良いと思います。2区は2年前好走した我那覇で、3区は箱根予選会好走した鈴木。2年前は柿原を置いているわけですし、スピードもあり好調な鈴木が良いと思います。4区西山、5区大川と堅実に各大会走っている選手で襷を繋いで6区には今年度伸びてきている東。7区は箱根予選会チーム8番手の石橋でも良いのですが、井上に引率してもらったわけですし、井上もそこまで悪かったわけではないので井上で、アンカー柏部かなと。6位以内に入るには全体的に力不足かなというのが正直な印象。シード争いをしながら8位くらいというのが順当ではないでしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。