スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝予想(1)大東文化大学

4年
市田孝
箱根14年2区10位(8位)・13年3区11位(23位)・12年(121位)
全日本14年(4組4位)・13年1区5位(4組4位)・12年(4組10位)・11年(4組23位)
関カレ14年5000M10位10000M7位・13年5000M6位10000M3位・11年5000M13位10000M21位
2本柱の1人。日本インカレ10000Mでは28分50秒で関東の日本人学生トップ。出雲は3区予定だった。

市田宏
箱根14年1区8位(9位)・13年1区5位(56位)・12年(111位)
全日本14年(4組31位)・13年2区7位(4組14位)・12年(4組3位)・11年(4組28位)
関カレ14年10000M24位ハーフ11位・13年ハーフ1位3000SC3位・12年10000M21位ハーフ41位・11年3000SC10位5000M26位
2本柱の1人。前半戦は主要大会で結果を残せなかったが、日本インカレ9位と秋になって結果を残せている。

池田紀保
箱根14年4区9位(51位)・13年4区11位(55位)・12年(187位)
全日本14年(3組14位)・13年6区8位(OP2位)・12年(OP16位)・11年(2組34位)
関カレ14年ハーフ9位・13年5000M22位・12年3000SC8位・11年3000SC予選
主将。秋に14分18秒、29分41秒の自己ベストを出している。出雲は5区起用の予定だった。

植木章文
箱根14年3区14位(39位)・13年10区12位(66位)
全日本14年(2組11位)・13年8区8位(2組4位)
関カレ14年ハーフ8位
昨年の全日本アンカーでシードを追った選手。9月末に30分23秒と良くなかったが、出雲ではアンカー予定だった。

平塚祐三
箱根14年補欠(53位)・13年補欠(146位)
全日本14年(1組3位)・13年補欠(2組18位)
関カレ14年3000SC予選・13年3000SC5位・12年3000SC予選11年3000SC予選
三大駅伝の経験こそないものの各大会で安定して結果を残している選手。9月末に29分25秒の自己ベスト。

3年
石田政
関カレ12年1500M予選
IH1500M5位、都大路4区8位と実績のあるランナー。大学に入ってから苦労していたが、9月末の記録会30分18秒と復活。

大隅裕介
箱根14年9区17位(137位)・13年補欠
全日本14年(3組15位)・13年7区7位(OP6位)
関カレ14年5000M23位10000M20位
昨秋大きく伸びたランナー。前半戦は大舞台でしっかりと粘れていた。9月末の記録会も安定して走れている。

森橋完介
箱根14年補欠(155位)
全日本14年(2組28位)
9月末の記録会で31分近くかかっているが、各大会で最低限の走りはしてくれる印象。

2年
北村一摩
箱根14年補欠(160位)
全日本13年5区13位(1組18位)
昨秋以降調子を落としていたが、夏に復活し、9月末の記録会では29分28秒の自己ベスト。

石橋優哉
昨年度29分台で走っている選手。前半戦もある程度走れており、9月末の記録会でも30分18秒と悪くなかった。

鴇沢俊介
前半戦もじわりとタイムを伸ばしていたが、9月末の記録会で5000M,10000Mの両方で自己ベストと夏に一気に伸びた。

1年
山本翔馬
関カレ14年3000SC予選
都大路4区26位の実績を持つ。大学に入ってからは目立った成績は残せていないが、練習は積めている模様。

原法利
全日本14年(1組7位)
全日本予選会29分台の好走をした選手。9月末の記録会も29分40秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
須田博巳(1年)…都大路2区2位の実績を持つ選手。週末の記録会にエントリーされている。

予想オーダー
市田宏4ー大隅3ー池田4ー市田孝4ー原1ー平塚4ー北村2ー植木4
エントリーに関しては出雲は予想外の8人エントリーでしたが、北村・森橋などがしっかりと入り満足なエントリーになったと思います。昨年は1区2区で流れに乗りましたが、シード権を獲得するためには、距離の長い1区と4区に2本柱を置くことを考えました。その場合、1区は市田宏でしょうか。出雲1区を任されるほど期待されていますし、今年の箱根ハイペースな1区でもしっかりと走れていたので、問題ないと思います。耐えるべき2区と少しでも巻き返したい3区には全日本予選会3組でしっかりと走れていた大隅と池田。一応、箱根4区という短い区間を走っている池田を3区にしましたが、出雲は2区に大隅起用予定でしたし、どちらもありうると思います。何とか耐えて4区まで襷を回して欲しいところ。4区には市田孝。全日本予選会では途中まで留学生につき、日本インカレも好走と4年生になって格段に安定して走れています。どのような順位で襷をもらっても浮上してくれるでしょう。5区は昨年も1年が走ったので原、6区は平塚、7区は北村。駅伝経験が少ない3人が続きますが、原は孝の後で走りやすいでしょうし、平塚・北村は実力があるので問題ないと思います。アンカーは昨年と同じく植木に激走してもらいたいです。全体的にはシード権を狙うには戦力が不足しているかなというのが正直な印象。ただ、この3年間上武大や大東文化大など思わぬ大学がシード争いしているので、相性の良い大東文化大もチャンスはあると思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。