スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲駅伝予想(7)日本大学

4年
林慎吾
箱根14年9区11位(45位)・13年8区5位(77位)
全日本14年(3組17位)・13年1区14位・12年4区10位
関カレ14年ハーフ22位・13年10000M21位
各大会で稼ぎはしないが安定している選手。前半戦は14分19秒の自己ベストを出している。間近の記録会は14分46秒。

竹ノ内佳樹
箱根14年3区7位(35位)・13年10区10位(115位)・12年(165位)
全日本14年(1組19位)・13年4区11位・12年7区7位・11年7区6位
関カレ14年ハーフ29位・13年ハーフ7位
長い距離を得意とする選手。全日本予選会では状態が良くなかった。全日本インカレは30分14秒で18位だった。

高松峻平
箱根14年10区4位(126位)・13年7区18位(107位)・12年(140位)
全日本13年補欠・12年5区9位・11年3区13位
関カレ13年ハーフ22位・12年ハーフ17位
波が小さくない選手。前半戦はホクレンで30分17秒で走っている。間近の記録会では転倒したらしいが完走した。

大門友也
箱根14年7区14位(170位)
全日本13年補欠
関カレ14年3000SC予選・12年3000SC予選
昨秋大幅に伸びた選手。前半戦は関カレ以降レースに出ていなかったが、間近の記録会14分27秒。

3年
ダニエル・ムイバ・キトニー
箱根14年5区10位(2位)・13年補欠
全日本14年(4組1位)・13年8区1位・12年補欠
関カレ14年5000M3位10000M3位・13年5000M3位10000M2位・12年1500M2位5000M5位
日本人に負けることもあるが力はある。全日本インカレは28分35秒で優勝、5000Mも2位に入った。

荻野眞之介
箱根14年1区12位(30位)・13年1区13位(91位)
全日本14年(4組15位)・13年2区10位・12年3区9位
関カレ14年5000M13位10000M17位・13年5000M14位10000M16位
日本人エース。各大会で非常に安定している。全日本インカレは13分54秒で5位。

金子陽央
全日本14年(2組30位)
全日本予選会出走するなど期待されているが、全日本予選会31分台、7月も15分台と結果を残せていない。

荒川諒丞
箱根14年補欠
昨秋伸びて箱根エントリーに入ってきた選手。6月に14分36秒出すなど前半戦はそこそこ。間近の記録会は14分38秒。

稲住拓
14分26秒の自己ベストをもって入学してきたが、大学に入ってからは目立っていない。間近の記録会も14分56秒。

2年
石川颯真
箱根14年4区12位(157位)
全日本14年(3組4位)・13年3区11位
関カレ14年5000M26位10000M32位・13年5000M26位
期待値ほどの結果を残せていなかったが、全日本予選会好走、間近の記録会も大学に入って最も良い記録と上り調子。

主なエントリー漏れ
村越直希(4年)…箱根8区14位。前半戦は全日本予選会で最低限走っていた。
渡部良太(4年)…1500Mから20kmまで走るランナー。前半戦も調子悪くなく、間近の記録会でも14分23秒。
新関涼介(1年)…前半戦に15秒くらい自己ベストを更新した。間近の記録会も14分33秒と自己ベスト付近。

予想オーダー
荻野3ー石川2ー竹之内4ー大門4ー林4ーキトニー3
7人目までは順当なエントリーでしたが、それ以降は意外な選手がエントリーされました。間近の記録会で好走していて期待も持てそうな渡部・新関を外して、稲住・金子といった選手が入ったのは意外でした。
まず、1区荻野、6区キトニーは鉄板だと思います。荻野は主要大会でも安定して結果を残しており、区間5位くらいできてもおかしくない。キトニーもアンカーで昨年の全日本のように追い上げてくれたらと思います。2、3人抜きをして欲しい石川は迷った末に2区に。3区と迷いましたが、竹之内・林といった選手は距離が長くなった3区の方が走りやすいと思いました。近年、鎧坂・田中・八木沢のように2区にエースを置く選手は少なくないですし、数年前日本人エースの谷口を2区に置いたりと日大は2区も重視してくると思ったので2区にしました。3区は林が間近の記録会良くなかったので竹之内。林は基本的にどの区間でもあまり区間順位は変わらないと思っているので復調しているなら3区を任せたいところ。その場合、5区竹之内で攻めれると思います。そして、スピードのある大門と3区担わなかった方で4区5区をつなぐのが良いでしょう。個人的に目標3位は非常に現実的だと思います。全員力を発揮できれば他大が思ったより走っても3位以内になれる可能性は低くないです。優勝を狙うには2年前の青学のように1区集団から2区石川が他大のエースの力を使ってトップ争いをするのが現実的な選択肢でしょうか。青学と違って3区4区5区に戦力はおけないのでその場合は他大がモタモタするのに期待することになると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。