スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝シード校の前半戦まとめ(1)早稲田大学

主要区間を担うべき選手
昨年の結果から山本・高田・武田に今年のチームを引っ張ってもらいたいところでしたが、故障が多かったですね。一番良かったのは山本。自己ベスト付近のタイムは出せず、関カレも入賞できませんでしたが、5000Mでは14分少しとそこそこ走れています。高田は4月に復帰した後、またしても故障。ただ、7月に復帰すると6日のホクレンでは14分00秒の自己ベストと夏合宿には問題なさそう。心配なのは武田。右足首の故障らしいですが、前半戦全くレースに出られませんでした。代わって関カレで健闘したのは柳。もともとメンタル面が課題でしたが、関カレ8位入賞、13分52秒、28分48秒の自己ベストと好調です。

駅伝を走るべき選手
箱根駅伝に出走した2年生では井戸と平は好調でした。井戸は14分00秒、29分11秒の自己ベストを出し、関カレハーフ入賞。平は徐々に調子を上げ、ホクレンで29分7秒、13分45秒の自己べストでした。箱根終盤を担った田口・中村信も好調でした。田口は春先も悪くなかったものの、6月以降調子を上げ13分48秒、28分56秒の自己ベスト。中村信は5000Mに積極的に出走し、4度の自己ベスト更新で14分6秒まで伸ばしてきました。前半戦大きく伸びたのは高橋でしょう。箱根で自信をつけ、関カレ3000SC3位、7月に14分6秒と一気に伸びてきました。三浦は4月に14分7秒の自己ベストを出したものの、例年通り波はありました。

前半戦伸びた選手やエントリーに絡んでくる選手
佐藤が5000M14分16秒の自己ベストと好調でした。関カレハーフも20位と経験が少ない選手としてはまとめてくれたと思います。臼田稔は14分30秒くらいで走るなど状態は悪くない。浅川・鈴木は故障で出遅れました。浅川は5月末に14分30秒くらいで復帰。鈴木はゆっくり直してほしいと思います。三井は姿を見せませんでした。ルーキーでは光延が自己ベスト付近で3本揃えて好調でした。谷口は15分かかっていますが、藤原・安井・石田も14分20秒前後で走っており、問題なさそう。他では3年の中村駿が大幅に自己ベスト更新して14分8秒まで持ってきました。

まとめ
山本・武田・高田といったエースクラスの選手が故障があったり好調でなかったりしましたが、それに続く選手が軒並み成長し、ルーキーもそこそこ順調と悪くない前半戦だったと思います。武田以外の選手はある程度走れているので、夏合宿もほぼ問題なく迎えられそうです。

予想オーダー
平2ー光延1ー山本4ー柳3ー井戸2ー高田3
前半戦出ていない武田は外して、本調子でなかった山本は3年間走った3区に固定してみました。その場合、主要区間を担う選手が一人足りなくて困りました。高田を1区かアンカーか迷って、1区にしました。2年連続出雲1区走った大迫を昨年アンカーに回したので、アンカーにウエイト置いているのかなと。1区は平。大学駅伝主要区間走ったことなく、関カレ入賞などないのは不安ですが、スピードランナーなので、全日本より出雲の方が結果残せるかなと。高田・大迫など1年生が走ることが多いので、2区は光延。4・5区は片方は柳が入って、もう片方は田口か井戸が入ると思います。柳はメンタル強くないので、主要区間は負担かなと。オマケは高田1区パターンです。全体的に、今年の早稲田は選手層で勝負するチームなので出雲の優勝は厳しいと思います。

オマケ
高田3ー平2ー山本4ー柳3ー光延1ー田口4
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。