スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本インカレ結果(1)

1500M
大迫傑・岡崎達郎・藍物稔浩・平田啓介・的野遼大・今崎俊樹・梅木侑介・丹治史弥

決勝は序盤に的野が飛び出し、それについていった5人とその他の7人に分かれました。結局、その5人で優勝を争い、大迫が優勝。爆発的なスピードが無い点が他の一流選手と比べたら短所かなと思っていたのですが、1500まで優勝してしまうとは・・・短所はないのでしょうか。岡崎は関カレに続いて専門外の選手(しかも同大学)に負けて悔しいところ。藍物は地方の意地を見せれたし、平田や的野は粘れたので良かったのでは?今崎はついていかなかった中では一番早い6位。個人的には前の集団についていったら、もう少し良い順位だったような気がします。梅木や丹治といった今年調子の良かった選手も入賞しました。八木沢は10位、個人的には入賞できると考えていたのでショックでした。
山崎はまさかの予選敗退、駅伝は出走するのは厳しそうなので、大学最後の晴れ舞台だったのですが、残念です。八木がDNSだったのですが、大丈夫でしょうか。

10000M
ベンジャミン・オンザリゴ・中西拓郎・田村優宝・平賀翔太・山本修平・矢野圭吾・市田宏

ベンジャミンとオンザリゴが予想通りの強さを見せた中で、何よりも意外だったのが、中西の走り。入賞の可能性は十分あると思いましたが、まさか日本人トップで表彰台に登るとは思いませんでした。関東では田村弟が4位。関カレも結果を残したし、一皮むけたのかなと思います。早大は平賀がかなり復調、今まで取り立てた結果を残していなかった山本も結果を残しました。ただし、志方のDNSは気になるところ。矢野・市田はチームにとって非常に価値のある結果になったと思います。日体大は主力があと1枚は欲しかったですし、大東大は市田兄弟が主軸となって予選会を戦わなければなりませんから。橋本は10位。大舞台に弱いというよりも個人的には実力がこれくらいな気がします。佐藤は期待していたのですが、調整してないこともあってかいまいちでした。心配なのは田村兄。今回は序盤に集団から脱落しました。ロードは大丈夫そうなので、箱根予選は大丈夫だと思いますが、今年ほとんどトラックを失敗しているのはかなり気になるところです。ちなみに、マイナは途中棄権。関西では野田が9位と入賞まであと少しでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。