スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝予選会展望(13)上武大学

1組
田林希望(3年)
関カレ12年3000SC予選
高校時代に29分58秒で走っている選手。苦労していたが、間近の記録会で30分23秒など昨秋から30分20秒くらいで走っている。

三好慎平(3年)
箱根14年6区17位
全日本13年(OP15位)
関カレ14年10000M17位・13年10000M38位
4月は14分34秒、30分15秒など悪くないタイムでまとめると関カレも健闘、間近の記録会で29分40秒の自己ベスト。

2組
山岸塁(3年)
高校時代自己ベストは持っていなかったが着実に力をつけ、間近の記録会では30分5秒の自己ベスト。

井上弘也(1年)
都道府県5区3位の即戦力ルーキー。4月に14分25秒の自己ベスト、間近の記録会も初10000Mで30分24秒。

3組
佐藤舜(4年)
箱根14年3区10位(96位)・13年2区18位(22位)12年1区7位(10位)
全日本13年(4組23位)・12年2区12位・11年1区10位(4組6位)
関カレ14年5000M14位10000M14位・13年10000M9位12年3000SC2位5000M27位・11年3000SC1位
倉田と並びWエースの1人。関カレはどちらもまとめた。2年生の頃調子悪かったが、徐々に戻してきている。

大西淳貴(4年)
箱根14年9区18位(118位)・13年10区15位(101位)・12年補欠(154位)
全日本13年(2組32位)・12年7区9位・11年補欠(OP24位)
関カレ13年ハーフ31位・12年ハーフ28位
間近の記録会30分26秒など、春は自己ベスト+10秒くらいでまとまっている印象。

4組
岡添大樹(2年)
全日本13年(1組38位)
都道府県4区13位。昨年度前半戦はそこそこだったが、駅伝シーズンは絶不調。間近の記録会30分34秒の自己ベスト。

坂本佳太(1年)
関カレ14年5000M29位
都大路4区4位の即戦力ルーキー。関カレは洗礼を浴びたが、間近の記録会で29分46秒の自己ベスト。

補欠
倉田翔平(4年)
箱根14年2区8位(12位)・13年補欠(34位)・12年4区17位(51位)
全日本13年(4組18位)・12年1区3位・11年2区10位(4組31位)
関カレ14年5000M6位・13年5000M32位・12年5000M18位・11年1500M予選
Wエースの1人。関カレもしっかりと入賞するなど調子は悪くない。自己ベストは28分35秒と良いものを持っている。

松元航(4年)
箱根14年5区20位(52位)・13年8区17位(90位)・12年補欠
全日本13年(1組29位)・12年6区6位・11年補欠(1組27位)
自己ベストは29分48秒。4月は姿を見せていなかったが、間近の記録会で30分19秒とそこそこ走った。

主なエントリー漏れ
佐々木天太(4年)…2年連続主将をしている。自己ベストは29分56秒だが、昨年3組で粘った。春はレースに出ていない。
東森拓(3年)…5000M14分17秒、10000M30分13秒の自己ベストを持つ。故障が多い印象で、春はレースに出ていない。

変更予想 1田林→松元、4岡添→倉田
池崎・森田といった関カレよかったメンバーが外れましたが、間近の記録会を見たら納得でしたね。カギというか最も不安なのは大西。3組佐々木が外れた影響で大西になってしまいましたが、最近安定してはいますが、実力が足りないですし
大舞台での実績も乏しいのですよね。松元に変わる可能性もありそうですが、松元も間近の記録会で姿を見せてきた感じですし、自己ベストは速くないので、厳しそう。31分前後になってしまうと完全に致命傷になってしまうので、なんとか30分30秒くらいでまとめて欲しいところ。ただ、その他の選手は楽しみ。1組三好は間近の記録会で29分40秒と完全に稼ぎに行く選手。今の4年が抜けたら間違いなく主要区間を任されるでしょうし、しっかりと上位に食い込みたい。松元は1組なら1年のときに粘れていますし、今回もしっかりと走って欲しいですね。山岸は大学に入って始めたであろう上武大らしい選手。この春、波があるのは怖いですが、どれくらいくるか。井上は初10000Mで30分20秒、2回目ですし上位に食い込んでもおかしくないです。佐藤はしっかりと昨年の山岸のように稼いで欲しいですね。倉田は昨年関カレ故障明けから状態を合わせて快走しましたし、一桁も充分ありえそうです。坂本は1年時の佐藤のような快走は厳しいでしょうが、倉田のように30前後にまとめて欲しいですね。正直言って、大舞台の経験不足な選手だったり、10000M慣れていない選手が多かったりと不安な選手は多いです。ただ、昨年は期待に欠ける面もありましたが、今年は各選手が記録会で結果を残せています。関カレも池崎・森田・根岸など良い走りを見せていたので楽しみですね。通過に関しては、正直言って坂本が30分前後、大西が30分30秒くらい、他の選手が良い走りをしてようやくボーダーといったところでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。