スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生のまとめ&2014年度の展望(12)日本大学

4年生
田村優宝
箱根14年補欠(179位)・13年9区11位(89位)・12年1区9位(7位)・11年5区19位(13位)
全日本13年補欠・12年1区9位・11年1区1位・10年1区4位
関カレ12年10000M10位ハーフ5位・11年10000M4位ハーフ1位・10年1500M6位

森谷修平
箱根14年2区9位(102位)・13年補欠・11年3区20位(204位、補欠)
全日本13年6区10位・10年5区5位

日向野清隆
箱根14年6区10位(109位)・13年6区15位(138位)・11年補欠
全日本13年5区8位・12年補欠
関カレ13年ハーフ16位

津田光介
箱根13年(279位)・12年(185位)・11年補欠(4区18位)
全日本12年補欠・11年補欠

加賀田剛輝
箱根11年補欠(2区16位)
全日本11年補欠
関カレ11年ハーフ21位

内田拓
箱根11年(6区16位)
全日本11年補欠
関カレ10年3000SC予選

垂澤直也
箱根11年(3区19位)

安田翔吾
箱根11年(5区18位)
森谷がこの秋すごかったですね。9月に良い記録を出したものの、箱根予選会・全日本とあまり良くなく期待していなかったのですが、10000M28分台を出すと箱根2区で良い走りをしました。故障が多く苦労しましたが、最後に箱根シード権獲得のMVPとなる走りでした。上級生になって伸びてきた日向野は前半戦のまま秋になっても記録会で好結果を連発していました。ただ、個人的には駅伝結果ももう少し期待していました。下級生の頃大活躍していた田村は9月末の記録会で好走したものの、予選会で厳しい走りとなると最後の箱根はシード争いだったこともあり、出られませんでした。津田はチームの流れに全く乗ることができませんでした。

3年
林慎吾
箱根14年9区11位(45位)・13年8区5位(77位)
全日本13年1区14位・12年4区10位
関カレ13年10000M21位

竹ノ内佳樹
箱根14年3区7位(35位)・13年10区10位(115位)・12年(165位)
全日本13年4区11位・12年7区7位・11年7区6位
関カレ13年ハーフ7位

小島秀斗
箱根13年補欠(208位)・12年(200位)
全日本12年補欠・11年5区9位
関カレ13年1500M予選・12年1500M8位・11年1500M予選5000M25位

高松峻平
箱根14年10区4位(126位)・13年7区18位(107位)・12年(140位)
全日本13年補欠・12年5区9位・11年3区13位
関カレ13年ハーフ22位・12年ハーフ17位

村越直希
箱根14年8区14位(261位)・13年補欠(132位)・12年(201位)
全日本13年補欠・12年補欠・11年補欠

大門友也
箱根14年7区14位(170位)
全日本13年補欠
関カレ12年3000SC予選

渡部良太
箱根14年補欠・12年(220位)
全日本13年7区16位
関カレ13年1500M予選・11年1500予選

内田和祈
箱根14年(217位)
全日本13年補欠

柴田真樹
箱根14年補欠・13年補欠

原祐太郎
箱根14年補欠・13年補欠

入澤啓介
関カレ11年3000SC予選
林・竹之内は全日本こそうまくいかなかったものの、本当に出る記録会や大舞台で安定しています。特に、竹之内はこの1年の伸びで完全に主要区間を任される選手になった印象。小島は秋も状態が上がってこず。とりあえず短い距離できっかけをつかんで欲しいのですが。高松・村越直といったそれに続く選手は箱根予選会うまくいかず今年もこんな感じかなと思っていましたが、11月末の記録会で好走すると箱根駅伝でチームに貢献しました。その後のハーフも良い走りができており、そのままチームの戦力として計算できるようになりたいところ。他では、大門が11月末に29分10秒台と一気に伸びました。スタミナ面はまだ課題ですが、全日本予選会や箱根もスピード区間はなんとかなりそう。あと、渡部が全日本こそ撃沈したものの29分台、ハーフ65分4秒とメンバーに絡んできています。柴田・原はあまり結果を残せていなかったものの、11月末の記録ラッシュ時に30分前後と好走。

2年
ダニエル・ムイバ・キトニー
箱根14年5区10位(2位)・13年補欠
全日本13年8区1位・12年補欠
関カレ13年5000M3位10000M2位・12年1500M2位5000M5位

荻野眞之介
箱根14年1区12位(30位)・13年1区13位(91位)
全日本13年2区10位・12年3区9位
関カレ13年5000M14位10000M16位

荒川諒丞
箱根14年補欠
キトニー・荻野ともだいたい順調だったと思います。キトニーは箱根予選会や全日本で好走。ただ、箱根は凡走、丸亀も井上に負けるということで、日大の留学生に見られることが多い波があるタイプかなと。日本人エースの荻野は目立ちはしませんでしたが、関カレ・箱根1区とエース達が集まる区間で粘りの走りができていました。残りの選手はまだ出てきていませんが、荒川はトラックで自己ベスト更新、上尾ハーフ65分半でエントリーに入ってきました。

1年
石川颯真
箱根14年4区12位(157位)
全日本13年3区11位
関カレ13年5000M26位

安本暁
関カレ13年3000SC予選

山崎和痲
関カレ13年1500M予選

畔柳揮
箱根14年補欠
1年生は苦しんだなというのが正直な印象。石川はトラックでも14分10秒~30秒くらい、他の選手もベストやベストに近いタイムで走ることができず、だいたい14分50秒くらいはかかってました。また、畔柳が上尾ハーフで、上野が学生ハーフで65分台を出したくらいで長い距離にもなかなか適応できませんでしたね。

新入生情報
高野千尋 西京(山口)14.29.39
13年都大路7区12位
田中健 世羅(広島)14.39.59
13年IH3000SC11位
町井宏行 佐野日大(栃木)14.32.35
13年都大路3区21位
町井孝行 佐野日大(栃木)14.53.46
13年都大路4区23位
荒木優麻 東農大二(群馬)14.39.40
13年都大路3区26位
川口賢人 佐久長聖(長野)14.46.53
13年都大路5区5位
藤原篤史 倉敷(岡山)14.34.42
13年都大路5区8位
新関涼介 札幌山の手(北海道)14.47.37
13年都道府県4区39位・13年都大路1区36位・14年都道府県4区42位
山下賢明 九州学院(熊本)14.53.12
13年都大路7区20位
毎年、田村・石川といったスーパールーキーやそうでなくとも小島や荻野といった即戦力ルーキーが入ってきていたのですが、ここ数年監督交代が相次ぎ低迷していたということで、今年度はそういう選手が入らなかった印象。ただ、その分都大路3・4区中位の選手や繋ぎ区間上位の選手がたくさん入ってきました。下久保らひとつ上の学年の選手と一緒に上級生になったときに戦力になって欲しいです。

まとめ
森谷が抜けた分石川が主要区間を担えるようになれば穴はなくなるだろうと思っていましたが、よくみるとそんなことはないなという印象。主要区間は何とかなりそうですが、もともと層が薄く、日向野・森谷・田村が抜けて即戦力ルーキーがいないということで繋ぎ区間が足りないかなという印象。この1年小川監督は微妙な結果しか残せていなかった選手を箱根で好走させましたが、下から伸びてきた選手は大門くらいであまりいない。とりあえず、原・渡部・柴田らが成長してくれることができればシード権は取れると思います。あと、4年に主力が多いので、今から2~3年かけて底上げをきっちりしたいところ。

現時点の箱根予想オーダー
石川2ーキトニー3ー荻野3ー大門4ー林4
渡部4ー原4ー村越直4ー竹之内4ー高松4
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。