スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(13)青山学院大学

1区一色恭志区間6位(11位と58秒差)
2区神野大地(6→5)区間6位(2分16秒差)
3区石田駿介(5→5)区間8位(2秒23差)
4区山村隼(5→5)区間7位(3分23秒差)
5区高橋宗司(5→5)区間11位(2分42秒差)
6区村井駿(5→6)区間18位(1分25秒差)
7区小椋裕介(6→6)区間2位(4分10秒差)
8区井上尚樹(6→6)区間10位(3分53秒差)
9区藤川拓也(6→6)区間3位(6分40秒差)
10区竹内一輝(6→5)区間17位(6分40秒差)
総合順位5位(往路5位・復路6位)
【MIP】小椋裕介・・昨年のリベンジを果たし区間2位で一気にシードラインから3分離す。
【敢闘賞】一色恭志・・一時先頭に立つなど積極的な走りで終盤も大迫とほぼ同タイムと粘った
【残念で賞】村井駿・・登りと切り換えが遅く、危うくシード争いに。
予想5位(往路6位)区間は2区3区4区6区9区が的中
順位は一色が思ったより良かったということはありましたが、他はだいたい想定通りでした。区間は3区石田、9区藤川拓を当てたのが大満足。ただ、三野や橋本は個人的に出走するかなとおもっていたのですが。
一色は全日本の結果から期待していましたが、今回は先頭に出るという見せ場を作る(押し出された感もありましたが)と終盤も粘って大迫とほぼ同時に襷を繋ぎました。個人的には白吉くらいかなと思っていたので良かったです。神野は単独走となりましたが、しっかりとビルドアップしていきました。石田は単独走で個人的にはよかったと思いますが、しっかりと中位で安定していました。個人的には復路向きの選手だと思うので、全日本・箱根とスピード区間を任されたのは難しかったと思いますが、きっちりこなしたと思います。山村は全日本の時単独走で撃沈したので、今回も苦しいかと思ったのですが、前も後ろも見えない中しっかりと走ってくれました。高橋も登りで耐えると下りになって一気にペースが上がりましたね。横手が失速したこともあって順位キープしました。往路は久保田・秋山といった選手を欠きましたが、全員が期待通りの走りをしてくれたことで5位という結果で折り返せました。
村井は登りの時は相当やばいと思いましたが、下りの半ばからペースが上がりました。ただ、登りが苦しかったのは仕方ないですが、下り初めが相当遅かったのでそこが非常に勿体無かったと思います。小椋は自他ともに苦手と感じていた単独走で区間2位。あと、8区井上は稼ぐタイプではないですし、竹内が故障明けだったのでここでシード争いから離れられたのは良かったと思います。井上は強いて言うなら区間一桁で走って欲しかったですが、まあこれくらいでしょう。2年前より平地早かった分、終盤伸びきれませんでした。藤川はさすが希望している区間なだけありますね。確かに長いですが、下り基調なコースはスピード型にとって悪くないですし、単独走で他人のペースに惑わされないので力は出しやすいかもしれません。竹内はもっと走って欲しかった気もしますが、故障明けで途中で足もつった中、よく明大を抜いたと思います。復路も小椋や藤川など光るところはありましたが、全体的にはチグハグな感じもしました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。