スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(12)國學院大學

1区柿沼昴太区間18位(10位と1分8秒差)
2区寺田夏生(18→14)区間7位(38秒差)
3区沖守怜(14→16)区間21位(3分差)
4区牛山雄平(16→16)区間17位(3分12秒差)
5区大下稔樹(16→18)区間16位(5分24秒差)
6区湯川智史(18→15)区間9位(5分25秒差)
7区廣川倖暉(15→15)区間6位(3分47秒差)
8区蜂須賀源(15→15)区間13位(4分20秒差)
9区吾妻佑起(15→17)区間20位(7分2秒差)
10区塚本一政(17→17)区間9位(4分20秒差)
総合順位17位(往路18位・復路15位)
【MIP】寺田夏生・・昨年ほどの勢いはなかったが、箱根ではしっかりと成長を見せ区間一桁でシード付近へ
【残念で賞】沖守怜・・2年連続撃沈で、2区までの良い流れを切ってしまった。
予想12位(往路17位)区間は2区5区6区9区が的中
順位は2区寺田が思ったよりも良かったですが、沖守や大下といった3年生が良くなかったです。復路は9区吾妻の突っ込みは予想できなかったです。区間は6区湯川を当てられたのは良かったですが、7区廣川8区蜂須賀あたりは迷ったので当てておきたかったです。個人的には4区牛山は意外でした。
柿沼は想定通りの走りだったと思います。スピードがない分早めに離されましたが、終盤6kmは一桁の速さで前にランナーが見える良い位置で渡せました。寺田は昨年と違って前半から普通に入ると、昨年と同じく後半も粘れました。今年はあまり好調には見えなかったのですが、しっかりと箱根は昨年以上の結果を残しました。良い流れできていたのですが、沖守が撃沈してしまいました。塩谷・難波についていけないどころか良くなかった黒山にも離されてしまいました。牛山は三宅に追いつかれてからは良かったのですが、単独走の時にスローペースすぎたと思います。大下は昨年良かった登り終えたあとは今年も良かったのですが、昨年悪くなかった登りの部分で18番くらいのペースとよくありませんでした。往路は1区・2区と計画通りできていましたが、昨年と同じく沖守のところで沈んでしまいました。
湯川は下り始め一旦沈みましたが、日向野らと競り合うことによって浮上しました。廣川は後ろから蛯名が来るという展開にも恵まれましたが、しっかりとついていきました。終盤切り替える余裕はなかったですが、区間6位で6区7区で良い流れを作れました。蜂須賀は悪くない感じで、終盤の登りで苦しくなりましたが、浅岡に食らいついてもう一度ペースが上がりました。吾妻はいちかばちかで突っ込んだので中盤から失速してしまったのは仕方ないと思います。個人的には竹内に追いつこうとハイペースで入ったものの、竹内もハイペースで割をくらったのかなと思ったりもします。塚本は上野と2人序盤から元気よく、終盤集団から数人ぬけだして区間一桁でした。
復路は9区で撃沈しましたがそれは仕方ないものですし、9区のあと10区で立て直せたことや6区~8区悪くなかったので全体的に良かったと思います。
往路・復路合わせてみると3区で歯車が狂ってそこから往路がズルズルいってしまったかなと。総合力でギリギリのチームは序盤の1つのミスが致命的になりうると改めて感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。