スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(7)駒沢大学

1区中村匠吾区間2位(1位と11秒差)
2区村山謙太(2→1)区間2位(2位と26秒差)
3区油布郁人(1→2)区間3位(1位と55秒差)
4区中谷圭佑(2→2)区間1位(21秒差)
5区馬場翔太(2→2)区間3位(59秒差)
6区西沢佳洋(2→2)区間5位(1分17秒差)
7区西山雄介(2→2)区間3位(1分54秒差)
8区大塚祥平(2→2)区間位(3分40秒差)
9区窪田忍(2→2)区間2位(3分12秒差)
10区其田健也(2→2)区間2位(4分34秒差)
総合順位2位(往路2位・復路2位)
【MIP】馬場翔太・・前半突っ込んだものの79分台。復路に希望を残す走り
【敢闘賞】中谷圭佑・・区間新まであと少しの激走で30秒くらい詰める
【残念で賞】村山謙太・・理想を求め過ぎて後半失速し差を広げられず。
予想2位(往路3位)区間は4区5区7区9区が的中
馬場が予想以上に好走したこともあり、展開は少し違いましたが、総合2位はあたりましたね。区間は往路序盤外したせいで伸びませんでした。ただ、馬場・西山あたりは当てられて満足。
中村は状態が万全でない中、苦しい感じながらも良く粘ったと思います。ただ、大八木監督に声をかけられてついスパートをかけてしまったのは勿体なかったです。村山は前半飛ばして中盤以降失速するという走りで見た時は何をしているんだろうと思いました。ただ、丸亀ハーフを見ていると、ああいう走りをしたかったのだと思いました。ただ、本人も自覚していますが、優勝を逃した最大の敗因はやはり村山の走りかなと。油布は設楽悠には抜かれましたが、2年前と違って自分の走りはできたと思います。中谷は序盤から結構飛ばしましたが、終盤も1番速くやはり大舞台に強いですね。馬場は半年くらい前から5区に向いていると思っていましたが、79分台で走るとは思いませんでした。平地から速く、後半疲れましたが粘って30秒くらいしか開かせませんでした。往路は2区で誤算でしたが、5区で取り返しました。ただ、中村・村山・馬場あたりが意気込みすぎな感じが見えたのは少し不安要素でしたね。
西沢は差は離れてチームとしては苦しくなりましたが、個人としては良い走りができたと思います。登りは1番速かったのですが、力んで走っているように見えたので差が終盤大きく開くだろうと思いましたが、粘りました。西山は徐々に上げていき長い距離に強いところは見せられました。ただ、離されて優勝は相当厳しくなりました。大塚は良くも悪くも記録会と同じく安定しています。後半粘ったものの序盤力んだ感じなので、展開によっては区間5位くらいはいけたかもしれませんね。窪田は個人として期待していたのですが、貰った位置が良くなかったこともあり、67分台はでず、二年前とほぼ同じくらいしか走れませんでした。其田は前半飛ばしましたね。ただ、後半も粘り区間二位でした。6区8区9区と復路も前半突っ込んでしまう選手が目立ちました。あと、皆言っていますが、層の薄さですね。前回復路で逆転しあときは深津など復路の面子で明らかに勝っていました。しかし、今回は窪田を抜けば面子的に負けていましたから、追う側としては苦しかったです。全体としては下級生は奮闘していた一方で、上級生は気負ったのかなという気もします。
馬場の5区は1年夏から候補に上げていましたし、総合2位もそこそこ自信もって当てていたので、今回の駒沢の箱根にいたってはなかなか予想できていたかなと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。