スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝結果(10)青山学院大学

1区一色恭志区間6位(7位と14秒差)
2区神野大地(6→4)区間6位(58秒差)
3区石田駿介(4→3)区間3位(1分26秒差)
4区小椋裕介(3→4)区間7位(58秒差)
5区茂木亮太(4→6)区間12位(43秒差)
6区橋本峻(6→6)区間5位(56秒差)
7区山村隼(6→6)区間10位(24秒差)
8区高橋宗司(6→6)区間10位(11秒差)
総合順位6位(予想11位)区間は5区・6区のみ的中
序盤区間がここまで好走するとは全く想像していませんでした。区間は1区一色8区高橋は全くイメージしていませんでした。エース抜きでシードを獲得しましたが、その最大の立役者は序盤の3人でしょう。序盤の2区間は注目でしたが、本当に良い走りでした。
1区一色は序盤から動くレース展開の中で区間6位の好走。43分台までは他の選手は全員28分台。岡本・勝亦など上手くいかなかった選手もいますから価値があると思います。続く神野も区間6位で、服部・大迫・山中など他チームのエースとそん色ない走りをしました。最後、市田宏に競り負けましたが、もともと前にいた選手なので仕方ないでしょう。そして、その勢いにのるように石田も好走して、3位に浮上しました。短い距離は厳しいのではと思いましたが、横手・鈴木といった他大の主力よりも速い区間3位というのは驚きでした。小椋はそこそこだったでしょうか。ただ、単独走の中である程度成績を残せたのは良かったです。ただ、後半の区間がもたつきました。茂木は単独走でしたが、区間12位に沈み、順位を2つ落としてしまいました。橋本は区間5位と良かったです。やはり今まで何度もオーダーに入るか入らないかまで行っただけあって準備ができていましたね。山村は区間10位とシード圏外に近づいてしまいましたが、初駅伝としてはそこそこでしょうか。アンカーの高橋はシード圏は確保しましたが、区間10位。大東が近づいてからは必死になりましたが、もう少し削り出す姿勢がその前からほしかった気もします。何かあればシード権が取れるという位置をキープしたことで、シード権が降ってきました。

現時点の箱根オーダー
一色1ー久保田2ー神野2ー藤川拓3ー秋山1
竹内4ー橋本2ー高橋3ー小椋2ー石田4
久保田が全日本にエントリーされていたので復帰は近いと予想。出雲・全日本と主要区間で走れている一色・小椋・神野を主要区間に配置してみました。全日本1区で良かった一色をそのまま1区に。神野は序盤も後半区間もいけるので、小椋が3区と9区どちらが走りやすいかという感じだと思います。5区は高島平・世田谷ハーフと長い距離で結果を出している秋山。「できれば箱根5区」と本人も言っていましたし。高橋などのつなぎ区間はこれから2か月で変わっていくでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。