スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根予選会結果&全日本大学駅伝予想(2)日本大学

5km(順位5位)
キトニー1447
荻野1456
竹ノ内1456
林1457
石川1457
森谷1511
村越1511
日向野1513
大門1513
内田1513
高松1516
田村1517
荻野・竹ノ内・林・石川は先頭集団に。他の選手は集団走らしきものをしているか。田村は最初から動きがよくなかったですね。高松は例年通り1人でゆっくりと入っています。

10km(順位2位・通算順位1位)
キトニー1430(2917)
林1501(2958)
荻野1502(2968)
竹ノ内1502(2958)
石川1510(3007)
日向野1516(3029)
高松1517(3033)
森谷1518(3029)
大門1519(3032)
村越1519(3030)
田村1532(3049)
内田1545(3058)
ここで通算トップに立ちました。ただ、内実はそんなに良くないですね。上位4人は良い感じですが、石川はかなりペースを落とし、内田はここからすでにズルズルいっています。

15km(順位7位・通算順位4位)
キトニー1409(4326)
竹ノ内1500(4458)
荻野1501(4459)
森谷1515(4544)
林1519(4517)
日向野1522(4551)
大門1522(4554)
高松1532(4605)
石川1539(4546)
田村1545(4634)
村越1558(4628)
内田1605(4703)
林はここで1度ペースを下げていますね。上位7・8人までは良いのですが、石川・村越が急激にペースが落ちたために順位を落としています。

20km(順位12位・通算順位8位)
2位キトニー1434(5800)
45位林1521(6038)
30位荻野1527(6026)
35位竹ノ内1532(6030)
109位日向野1542(6133)
102位森谷1543(6127)
126位高松1548(6153)
179位田村1601(6235)
217位内田1611(6314)
157位石川1626(6212)
170位大門1631(6225)
261位村越1738(6406)
キトニーは最後まで危なげなく走破しましたが、そのほかのメンバーは一気にペースが落ちました。全体的に当然ですがラスト5km粘れた選手がまだ順位上に来ていますね。結局、5人も16分以上かかっており、村越に至っては
17分半超えてます。だいたい前兆があった選手ばかりでしたが、大門が一気に落ちたのは意外でしたね。

全日本大学駅伝エントリー
4年
田村優宝
箱根14年(179位)・13年9区11位(89位)・12年1区9位(7位)・11年5区19位(13位)
全日本12年1区9位・11年1区1位・10年1区4位
関カレ12年10000M10位ハーフ5位・11年10000M4位ハーフ1位・10年1500M6位
1年から活躍している選手。3年からは故障に苦しんでおり、箱根予選会では最初からイマイチだった。

森谷修平
箱根14年(102位)・13年補欠・11年3区20位(204位、補欠)
全日本10年5区5位
主将。ポテンシャルは高いが、故障が非常に多い選手。9月末の記録会で自己ベスト、箱根予選会はチーム5番手。

日向野清隆
箱根14年(109位)・13年6区15位(138位)・11年補欠
全日本12年補欠
関カレ13年ハーフ16位
前半戦好調で、9月末の記録会で自己ベストをだすと、箱根予選会はチーム6番手だった。

3年
林慎吾
箱根14年(45位)・13年8区5位(77位)
全日本12年4区10位
関カレ13年10000M21位
入学時から期待されていた選手。1年は故障が多かったが、2年時からは主力としてチームに貢献している。

竹ノ内佳樹
箱根14年(35位)・13年10区10位(115位)・12年(165位)
全日本12年7区7位・11年7区6位
関カレ13年ハーフ7位
1年から全日本大学駅伝では好走してきた選手。今年の箱根からグングン成長し、今や主力の1員に。

高松峻平
箱根14年(126位)・13年7区18位(107位)・12年(140位)
全日本12年5区9位・11年3区13位
関カレ13年ハーフ22位・12年ハーフ17位
スタミナ型の選手。まだ、全日本や箱根では結果が残せていない。箱根予選会はチーム7番手だった。

村越直希
箱根14年(261位)・13年補欠(132位)・12年(201位)
全日本12年補欠・11年補欠
3年連続箱根予選会に出走している。今年は前半戦から不調で、箱根予選会では後半急失速した。

渡部良太
箱根12年(220位)
関カレ13年1500M予選・11年1500予選
1年時箱根予選会に出走した選手。9月末の記録会で14分22秒で高校時代の自己ベストを更新した。

内田和祈
箱根14年(217位)
9月末の記録会で14分31秒と自己ベスト付近で走ったが、箱根予選会はチーム11番手に終わった。

大門友也
箱根14年(170位)
関カレ12年3000SC予選
昨秋に急成長した選手。今年は7月に3000SCで健闘した。箱根予選会では15kmまで良かったが、最後に沈んだ。

2年
ダニエル・ムイバ・キトニー
箱根14年(2位)・13年補欠
全日本12年補欠
関カレ13年5000M3位10000M2位・12年1500M2位5000M5位
留学生。1年時から長いロードには適応できており、箱根予選会では2位と好走した。今年非常に安定している。

荻野眞之介
箱根14年(30位)・13年1区13位(91位)
全日本12年3区9位
関カレ13年5000M14位10000M16位
9月末の記録会で13分54秒の自己ベスト、箱根予選会ではチーム日本人トップと今日本人で1番頼れる存在か。

1年
石川颯真
箱根14年(157位)
関カレ13年5000M26位
13分台の自己ベストを持って入学した即戦力ルーキー。箱根予選会では前半積極的な走りをしたが、失速した。

主なエントリー漏れ
小島秀斗(3年)・・1500mで関カレ入賞したこともあるスピードランナー。間近の記録会では14分50秒かかった。

予想オーダー
荻野2ー林3ー石川1ー竹ノ内3ー森谷4ー日向野4ー高松3ーキトニー2
田村は無理でも、石川が1区を走ってくれればと思っていたのですが、それも不安ということで結構苦しいオーダーになりました。キトニーは昨年までのベンジャミンと同じ役割をしてもらうとして、前半の主要区間は当然、荻野・林・竹ノ内。そうなると、こうなるかなと。1区は荻野。箱根でスターターやっていますし、1区という展開で走るにはその3人だと荻野しかないと思います。2区は林。前半の順位浮動の激しい区間には慣れていないと思いますが、やってもらうしかない。ここで上手くいけば箱根での戦略の幅が広がるとポジティブに考えましょう。区間1ケタならば上出来という意識を持って、自分の走りをしてほしいです。3区は石川。2区までで少し出遅れているでしょうから、ここで巻き返してほしい。高校時、29分23秒で走っていますし、10kmなら問題ないでしょう。4区は竹ノ内。いつも後半の区間を担当していますし、初めての主要区間ならここが良いと思います。5区6区には期待の4年生。森谷は1年時のように好走してほしい。日向野も今年好調な選手。この2人でシードとの差を詰めてほしいと思います。7区は大門か高松かで迷いました。大門を1度3大駅伝で試してみたいのですが、箱根予選会の結果や今までの使われ方から高松でしょう。7区はあまりレベルが高くない区間なので区間1ケタでまとめてほしいです。前述のように1区石川が上手くいければ、荻野はエース区間で試せて、林・竹ノ内は昨年走ったコースに回せるのですが。例年は主要区間で差をつけつなぎ区間で粘る感じですが、今年は前半出遅れながら、後半のつなぎ区間で巻き返してシードを狙うといった感じだと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。