スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根予選会結果&全日本大学駅伝予想(1)山梨学院大学

5km(順位11位)
オムワンバ1447
井上1455
佐藤1507
兼子1507
森井1508
田代1513
伊藤1513
磯野1517
有泉1517
前田拓1517
前田直1517
山本1517
5km時点では11位だったんですね。留学生の集団がゆっくり、森井・佐藤がゆったりと入ったこと、集団走のペースがゆったりだったことでこの時点では低かったです。伊藤が集団走に入っていないのが意外ですね。

10km(順位3位・通算順位7位)
オムワンバ1430(2917)
井上1503(2958)
森井1511(3019)
兼子1512(3019)
佐藤1513(3020)
田代1520(3033)
有泉1520(3037)
前田拓1521(3038)
前田直1521(3038)
磯野1522(3039)
山本1523(3040)
伊藤1527(3040)
この5kmで留学生の集団が一気にペースアップしました。森井・佐藤・兼子は無理ないペースで走り続けていますね。集団の方は問題なし。ただ、伊藤が急落しています。

15km(順位1位・通算順位3位)
オムワンバ1409(4326)
井上1453(4451)
田代1508(4541)
佐藤1512(4532)
有泉1512(4549)
兼子1513(4532)
森井1514(4533)
磯野1514(4553)
前田直1515(4553)
前田拓1516(4554)
伊藤1523(4603)
山本1540(4620)
オムワンバはこの5kmを14分9秒と信じられないタイムで通過。集団のペースが上がったこともあって、この5kmのタイムはトップでした。田代もここでギアチェンジしましたね。

20km(順位3位・通算順位2位)
1位オムワンバ1431(5757)
5位井上1434(5925)
49位田代1500(6041)
41位森井1502(6035)
83位伊藤1508(6111)
50位佐藤1510(6042)
59位兼子1519(6051)
86位磯野1521(6114)
105位前田拓1536(6130)
101位有泉1538(6127)
119位前田直1557(6150)
156位山本1551(6211)
オムワンバはトップ、井上は日本人2位と安定していました。中堅どころも森井・佐藤はあまり変わらないペースで、兼子も最後少しだけ疲れたものの良い走りでしたね。そして、伊藤が最後5kmすさまじい追い上げを見せました。中盤10kmここまで落ちながら最後ここまで上げてきますか。後ろの方は、前田拓・有泉・前田直など最後疲れてタイムを落とした選手が目立ちましたね。

全日本大学駅伝エントリー
4年
森井勇磨
箱根14年(41位)・12年補欠(131位)
全日本13年(3組9位)・12年8区8位
関カレ13年ハーフ10位
箱根駅伝に出るために留年した選手。今年は関カレハーフ10位、箱根予選会41位など安定して力を発揮している

3年
井上大仁
箱根14年(5位)・13年3区7位(1区5位)・12年1区10位(45位)
全日本13年(4組3位)・12年1区2位(4組5位)・11年(OP11位)
関カレ13年10000M9位ハーフ5位・12年10000M11位ハーフ2位
日本人エース。各大会で安定している。9月末に28分39秒の自己ベストをだした。箱根予選会では日本人2位。

阿部竜巳
箱根13年7区13位(5区7位)
全日本13年(1組1位)・12年4区8位(1組14位)
全日本予選会では転倒しながら組トップ。秋は姿を見せておらず、箱根予選会にもエントリーされていない。

兼子侑大
箱根14年(59位)
全日本13年(2組8位)・12年補欠(2組19位)
関カレ13年3000SC予選
春先は良くなかったが、その後好調で、9月末の記録会で29分24秒の自己ベスト、箱根予選会も59位。

2年
エノック オムワンバ
箱根14年(1位)・13年2区2位(6区1位)
全日本13年(4組1位)・12年2区1位(4組1位)
関カレ13年1500M1位・5000M1位・10000M1位・12年5000M2位10000M1位
今年の関カレで3冠を果たした。元は中距離の選手だったらしいが、1年から長い距離に適応している。

前田拓哉
箱根14年(105位)・13年8区13位
全日本13年(2組21位)・12年補欠
関カレ13年ハーフ17位
9月末の記録会29分41秒の自己ベスト。各大会で安定していたが、最近はあまり良くはないか。

田代一馬
箱根14年(49位)・13年(補欠)
全日本13年(OP1位)・12年5区14位
関カレ13年5000M27位
大舞台に弱い印象があったが、全日本予選会・箱根予選会と克服しているか。

前田直人
箱根14年(119位)
全日本12年(OP15位)
9月末の記録会で30分05秒、箱根予選会はチーム11番手と微妙な結果。

山本新
箱根14年(156位)
9月末の記録会では30分05秒の自己ベストをだしたが、箱根予選会では後半崩れてチーム内最下位だった。

上田竜平
附属高校出身の選手。都大路1区の経験がある。9月末、間近の記録会ともに30分少しでまとめている。

1年
佐藤孝哉
箱根14年(50位)
全日本13年(3組10位)
関カレ13年10000M18位
安定感抜群の選手。今年度は前半戦から好調で、箱根予選会でも50位と長い距離にも適応している。

上村純也
全日本13年(1組3位)
関カレ13年1500M予選5000M18位
スピードランナー。箱根予選会エントリーされなかったが、間近の記録会で29分49秒の自己ベスト。

伊藤淑記
箱根14年(83位)
この半年で自己ベストを30秒近く更新している選手。箱根予選会もペース配分はボロボロだったが、2ケタ。

主なエントリー漏れ
福沢潤一(3年)・・箱根10区5位。ただ、今年は5月以降姿を見せていない。
磯野裕矢(2年)・・9月末の記録会で30分47秒の自己ベストから箱根予選会エントリーだったが、2ケタで走った。

予想オーダー
佐藤1ーオムワンバ2ー上村1ー森井4ー伊藤1ー兼子3ー田代2ー井上3
1区・3区・4区はわりかしすんなりと決まりました。1区は佐藤。高校時からスターターとして結果を残していますし、実力的にもチーム3・4番手。2区と8区にオムワンバと井上を置くでしょうが、どっちもありだと思います。オムワンバ2区なら流れを失わないこと、8区なら日大のように逆転でシード獲得が狙いです。3区は上村。箱根予選会にエントリーされなかったのはやはり1番スタミナに不安があるからだと思います。10000Mまでなら十分対応できていますから3区。4区は森井。昨年は井上・オムワンバの片方では序盤区間耐えられるかどうかということがあったかもしれませんが、今回は2人使わずに序盤区間はこなせそう。そうであれば、もう片方をアンカーにして、森井は主要区間で個人的に1番影響の少ないと思っている4区かなと。5区には伊藤。1年生ですし、1番走りやすそうな区間を走らせたいかなと。箱根予選会も不安定なペースだったのにあれだけの結果を残したので、10kmちょいでどれくらい走れるか楽しみです。6区・7区は兼子と田代。直前の5区で失速しても上級生の兼子の方がまだ冷静に走れるかなと。来年は楽しみな新入生が入ってくるのでゆっくり強化するためにも、今年はシードを取って下地を作りたいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。