スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前半戦のまとめ 日本体育大学

4月
山中秀仁(2年)13分58秒88・鈴木悠介(4年)14分16秒81、29分01秒80・小泉雄輝(2年)14分22秒54、29分35秒59・服部翔大(4年)13分37秒64、28分22秒79
6月
坂本新(1年)14分24秒14・山中秀仁(日体2)28分26秒03・勝亦祐太(2年)29分08秒01
7月
矢野圭吾(4年)28分47秒79・孕石健太(3年)14分45秒41・滝沢優也(3年)14分45秒73・野末隼佑(2年)14分57秒22・周防俊也(2年)14分24秒55

主要区間を担うべき選手
4年生3本柱の中で、服部が好調でしたね。両方で自己ベスト、ユニバ代表、関カレダブル入賞など外したレースもありませんでした。矢野は14分0、29分0ぐらいで安定していました。本田は記録会では思ったような結果が残せず、状態はそこまで良くない感じでしょうが、関カレハーフ勝ち切ったのは良かったです。2年生の方では、山中が良かったです。記録会では13分台、28分台を連発。関カレで力を出し切れなかった以外は完ぺきだと思います。勝亦のほうは出遅れていましたが、徐々に調子をあげて6月末には自己ベストをだhしました。

箱根駅伝を走るべき選手
鈴木は学生ハーフ63分台出した後、好調で4月に自己ベストを更新しました。ただ、5月以降は関カレハーフで入賞したのみ。わざとか、故障か、教育実習か?甲斐は地元レースに多く出ていましたが、焼津ハーフ・関カレハーフで好走していたので問題ないでしょう。2年生2人はイマイチでしたか。奥野は四大対抗で好走した以外は、15分前後、30分半オーバーに加えてハーフ2つも結果残せませんでした。小泉は春先好調で自己ベストを更新していましたが、6月以降レースに出ていないので状態が心配です。木村は14分30秒前後、29分5ぐらいなど、悪くないのですが、昨年末の勢いはない印象です。他で印象に残ったのは加藤でしょう。学生ハーフで64分台を出すと、1500Mで3分50秒切、関カレも決勝で1人オムワンバに食らいつくなど、好調でした。ただ、関カレ以降レースにでていません。

前半戦伸びた選手やあともう少しで主力になれる選手
富田、高校時代に実績のある周防・坂本が6月以降好調でした。一昨年の全日本好走した吉村は7月に今年度初レースでしたが、15分半以上かかってました。

これにて終了です。今年も箱根予選会の方をプレビューしようと思ったのですが、有力校はほぼ通過しそうなので、出雲駅伝の方にします。ただし、ボーダーの国士舘大学、前半戦ボロボロだった中央大学の2校は出雲後にプレビューする予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。