スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前半戦のまとめ 東洋大学

4月
渡邊一磨(2年)14分13秒87、29分31秒01・上村和生(2年)14分14秒17、29分06秒54・淀川弦太(3年)14分16秒32、29分05秒94・口町亮(1年)14分20秒99、)29分45秒45・湯田晟旭(2年)14分21秒19・橋本澪(1年)14分32秒50・長谷川直輝(2年)14分33秒62、29分36秒33・大津顕杜(4年)28分39秒54・高久龍(3年)28分58秒09・郷裕貴(4年)29分52秒11・五郎谷俊(3年)29分57秒52
5月
設楽啓太(4年)27分51秒54・設楽悠太(4年)27分54秒82・大室尚喜(3年)29分58秒87・成瀬雅俊(1年)30分58秒06・橋本澪(1年)30分13秒77・高橋尚弥(2年)30分32秒71
6月
吉田翔也(2年)30分39秒00・齋藤真也(3年)14分13秒78・田口雅也(3年)28分37秒37
7月
服部勇馬(2年)28分22秒43・服部弾馬(1年)30分08秒60

主要区間を担うべき選手
エースの設楽兄弟ですが、2人とも最大の目標である27分台は達成しましたね。春先から好調でした。ただ、設楽悠の方は関カレ後に少し故障があったようなので、夏の間にじっくりと直したいところ。田口・服部勇は出走するレースは少なかったですが、2人とも10000Mで自己ベストを大きく更新してきました。服部弾は1500Mなど短い距離をベースに好調だったと思います。ただ、まだ10000M以上の実績はないので夏の間に適応させることが必要でしょう。

箱根駅伝を走るべき選手
大津・高久はやはり力がありますね。2人とも28分台を出しました。高久は関カレ欠場以降、試合に出ていませんでしたが、8月に元気なところをみせてくれました。今井は記録会にはどんどん出てきていましたが、エントリーに絡んでくるレベルの選手とあまり差はなかったですね。服部弾の次に期待していた山本は6月末に初レースでしたね。

前半戦伸びた選手やあともう少しで主力になれる選手
他に3大駅伝に出た中で1番良かったのは定方でしょうか。仙台ハーフで63分台。日本学生個人選手権5000Mで優勝など結果を残しました。淀川は自己ベストを出し、延藤は自己ベストをだしませんでしたが、2人とも記録会で上位で走っていることが多かったです。佐久間は全く出てきませんでした。短い距離で関カレ決勝に残った4人は好調でしたね。小池はしっかりと2位に入っていましたが、それ以外でも昨年ポイントを取った長浜は日本学生個人選手権の方で優勝。斎藤・渡辺の方は5000Mや10000Mでも自己ベスト更新につながってました。渡辺は6月以降姿を見せていませんが。エントリーに入ってくる日下は記録会で上位でした。1年生はトラックは口町が好調で、橋本が一気に伸びてきました。成瀬・植田はトラックは良くなかったですが、男鹿駅伝では走れていましたね。牧浦は7月末にレース復帰です。あと、春先に上村・湯田・長谷川が大きく成長しました。上村や湯田は高校時代の実績もありますし、エントリーに絡んできそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。