スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前半戦のまとめ 早稲田大学

4月
武田凛太郎(1年)29分04秒20・平和真(1年)29分32秒14・田口大貴(3年)29分14秒42・田中鴻佑(4年)29分28秒2・臼田稔宏(3年)29分42秒0・中村信一郎(2年)29分56秒1・中村駿介(2年)14分35秒0・大迫傑(4年)27分38秒31
5月
中村信一郎(2年)14分27秒29・高橋広夢(3年)14分28秒11・山田侑矢(3年)14分37秒38
6月
武田凛太郎(1年)13分58秒83・田口大貴(3年)14分01秒24・柳利幸(2年)14分02秒13・高田康暉(2年)14分18秒28・藤岡孝彰(2年)14分29秒66・三井泰樹(2年)14分35秒37
7月
柳利幸(早大2)29分02秒86・大迫傑(早大4)13分27秒54

主要区間を担うべき選手
エースの大迫は5000M,10000Mの自己ベスト、世界陸上に出たということで充実したシーズンを送れたと思います。ただ、準エースの山本は関カレも入賞できず、「あと少し」という結果が多かったです(※日本インカレでダブル入賞で問題なさそう)。1年生は明暗分かれましたね。武田は5000M,10000Mで好タイムをだし順調ですが、平は春先も本来の実力からすると微妙な結果が多かったですし、関カレで転倒して以降はレース出走はありません(※日本インカレもエントリーされていませんし、箱根に間に合うかどうかくらいでしょうか)。

箱根駅伝を走るべき選手
学生ハーフで新しく63分台に入った4人の中で、高田・田口はずっと好調でしたね。田口は関カレ撃沈したものの、記録会はずっと良かったですし、高田は自己ベストは1度だけでしたが、上位が多かったです。柳は故障があったらしく春先は出られませんでしたが、復帰後は両方でベストをだすなど絶好調。三浦は練習は詰めている雰囲気ですが、結果は残せませんでした。田中は春先良かったですね。6月に大きく調子を落としましたが、おそらく教育実習でしょうから、夏の間に十分戻せそう。志方は精彩を欠いたレースが多く、夏の間に少しでも調子を戻せるでしょうか。

前半戦伸びた選手やあともう少しで主力になれる選手
相原・臼田稔は伸びている感じはありませんでしたが、そこそこ走れていたという感じでした。浅川は1500Mに多く出ていましたが、まだ少し適応に戸惑っているでしょうか。臼田康は精彩を欠いていましたね。前半戦好調だったのは中村・高橋・藤岡です。中村は高校時代の実績がありますし、高橋は学生ハーフ64分台で走っていますからエントリーに絡んでくると思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。