スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝関東予選結果&前半戦まとめ(1)東京農業大学

全日本大学駅伝関東予選の結果と今年度前半のまとめを夏休み中にやっていきたいと思っています。時間がなくなっても、全日本の予選がなかったチームの前半戦のまとめはします。

全日本大学駅伝関東予選
11位東京農業大学
1組 4位浅岡満憲 30:10.69  31位遠藤凌平 31:10.94 組11位(7位から+38.53)
2組 5位竹内竜真 30:04.94  35位大橋真弥 31:21.47 組13位・通算14位(+82.04)
3組 8位山本和樹 29:37.96  11位戸田雅稀 29:48.34 組4位・通算11位(+23.35)
4組 12位三輪晋太郎 29:26.23 34位佐藤達也 30:35.98 組14位・通算11位(+69.86)
OP 17位土井久理夫 30:51.10
予想8位 (14→10→6→8)
予想は少しずれましたが、佐野が走れなくて1分ぐらいずれたので納得しています。細かい予想との差異は、1組が浅岡と遠藤の走りが逆、2組は佐野が走り20位前後、3組は戸田が5位以内、山本が20位前後、4組は佐藤が20台後半という感じでした。
予選に通過はできませんでしたが、昨年の惨状から比べるとだいぶ良かったのではないでしょうか。出た選手はある程度走れていた選手が多かったです。浅岡・竹内はだいぶ余裕を持った組でしたが、上位できてくれて安心しました。今回最大の反省点は遠藤でしょう。関カレ良かったですし、不安視していなかったのですが・・・。最終的に順大からは70秒離されましたが、そのうち遠藤が40秒~50秒くらいかなと思います。大橋は正直言って順当
でしょう。ただ、今春結果を残していた土井を起用すべきでは?とは思いましたが、あまり差はなかったですかね。3組の山本が最大の収穫点です。安定感ありましたし、中位ぐらいでまとめてくれそうだと思っていましたが、1ケタ順位取るとは思いませんでした。戸田は個人的にラストのスピードでトップ争いできると思っていたのですが、ちょっとそこまで余裕はなかったでしょうか。ただ、悪くはない走りだったと思います。三輪は予想よりさらに少し上をいきました。実力と勢い両方ありましたし、良い走りをしてくれました。佐藤は撃沈したというほどではありませんでしたが、もう20秒~30秒くらい粘ってほしかったかな。

今年度前半の自己ベスト
4月
佐藤達也(4年)29分26秒46・佐野雅治(2年)29分39秒97・土井久理夫(3年)30分12秒84・丸山翔太郎(2年)31分13秒30・戸田雅稀(2年)13分58秒36・佐藤一(3年)30分13秒51・藤井拓也(3年)14分38秒63

5月
三輪晋大朗(4年)29分11秒35・大澤拳(2年)30分26秒41・柏木宏亮(3年)30分12秒96

7月
岩渕慎矢(3年)14分29秒79・小澤洸太(2年)14分38秒97・大澤拳(2年)14分42秒69・大河原謙人(4年)14分43秒83・村山佳悟(4年)14分46秒86・丸山翔太郎(2年)14分59秒80・山口美樹(2年)14分54秒65

主要区間を担うべき選手
今年の前半戦で1番特筆すべきことは三輪が大きく伸びたことでしょう。10000Mの自己ベストを大きく更新し、関カレ1500Mは4位。全日本予選会でも健闘しました。スピードスターの戸田も関カレ1500Mを制覇。全日本予選会も含め前半戦で大きなミスはありませんでした。竹内・浅岡の2人は5月ぐらいまで非常に良くなかったのですが、全日本予選会、7月の記録会と徐々に調子を上げてきており、ある程度のコンディションで夏合宿には望めそうです。

箱根駅伝や予選会を走るべき選手
山本は全日本予選会で好走。前半戦大きく崩れた試合もなく、安心して任せられると思います。佐藤・遠藤は春先は良かったですが、全日本予選会は上手くいきませんでした。ただ、コンスタントにレースには出ている印象で状態自体は悪くないと思います。また、前半戦姿を見せていなかった岩渕ですが、7月に自己ベストでレース復帰して非常にほっとしますね。気になるのは佐野と津野。どちらも春先は良かったのですが、全日本予選会は欠場。レースに出ていないところをみると、故障かなという気がします。

前半戦成長した選手やあともう一歩で主力に入ってくる選手
とりあえず、土井ではないでしょうか。春は30分少しで何回か10000Mを走り、士別ハーフも65分台で走りました。昨春調子の良かった大河原が久しぶりに7月に自己ベストをだしましたね。あと、今年ドラ1の矢口が士別で初のハーフを67分台で走りました。島田が状態を戻してくれると嬉しいのですが・・・。ここまでで1段落だと思います。大澤は速くはないですが、春に何回も自己ベストをだしましたね。小澤はスピード面は良いところも少なくなかったですが、長い距離はまだ厳しいでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。