スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝関東予選(15)国士舘大学

1組
餅崎巧実(1年)
高校時代の自己ベストは14分59秒だったが、自己ベストを繰り返し間近の記録会では14分38秒まで出した。6月初めの記録会は30分34秒。

池上聖史(4年)
箱根13年(82位)・12年補欠(134位)11年(233位)
全日本12年(1組22位)・10年補欠(OP13位)
関カレ13年3000SC8位・12年3000SC10位・11年3000SC9位・10年3000SC予選
3000SCで結果を残している選手。今年は1500Mも走った。昨年は同じ1組で悪くない成績。

2組
櫻井亮太(3年)
箱根13年(135位)
全日本12年(OP2位)
関カレ13年ハーフ35位・12年3000SC予選
昨年のOPで29分台を出した選手。今年度は30分13秒で走るなど徐々に調子を上げてきていたが、関カレで撃沈。

工藤超(3年)
箱根13年(226位)
全日本12年(2組32位)
今年度14分23秒の自己ベストをだした。6月初めの記録会も30分33秒だったが、組トップだった。

3組
武藤健太(2年)
関カレ13年1500M予選5000M13位・12年1500M予選
29分38秒の自己ベストを持つ選手。関カレは5000Mで自己ベストで13位に入った。

堀合修平(2年)
関カレ13年5000M32位
29分35秒の自己ベストを持つ選手。今年度は調子が上がっておらず、関カレも15分台で撃沈した。

4組
菊地貴文(4年)
箱根13年9区10位(31位)・12年4区16位(81位)
全日本12年(4組29位)・11年(2組21位)
関カレ13年10000M32位ハーフ18位・12年5000M31位
昨年の箱根予選会チームトップの選手。関カレは10000Mで撃沈したが、ハーフでは悪くなかった。

中山祐介(4年)
箱根13年(145位)・12年補欠(74位)11年(170位)
全日本11年(1組38位)・10年7区12位(2組19位)
関カレ13年10000M28位・11年ハーフ14位
今年度は10000Mで29分台、5000Mで14分29秒とあまりわるくなかったが、関カレは良くなかった。

補欠
田中雅人(2年)
昨秋に30分14秒で走った選手。今年は4月末に5000Mで14分48秒で走ったぐらい。

杉沢諒(4年)
全日本12年(OP30位)
5月半ばは31分21秒かかったが、6月初めには30分33秒と上げてきた。エントリー後の記録会は14分41秒。

主なエントリー漏れ
浪岡健吾(3年)・・トラックで自己ベストがチーム1の選手。4月に14分34秒で走って以後レースに出ていない。
岡崎友哉(4年)・・昨秋の箱根予選会で結果を残した選手。関カレは10000Mは悪くなかったが、ハーフは撃沈。

変更予想 なし
もともとチーム層が厚くなかった上に、浪岡や岡崎が外れて通過が絶望的になったと思います。変更は個人的になしとしました。あるとしたら、餅崎が補欠の誰かと変わる可能性はありますが、それ以外はおそらくないでしょう。カギというか個人的に期待したいのは3組の2年生コンビ。関カレ以外で初の大舞台となるのでどれくらい結果を残せるか気になっています。特に、武藤は今シーズン好調なので、上位で来てほしいですね。そのほかにも、1年生で記録をぐんぐん伸ばしている餅崎は良い経験にしてほしいところ。工藤はそろそろ大舞台でも結果を残してほしいですが、どうでしょうか。そのほかの選手は中山を除いて力不足ではない組に入りましたから、最低でも中位ぐらいでまとめてほしいです。個人的に1番良いイメージを思い浮かべても、2組まで頑張って堀合と中山が沈むといった感じですが、昨年の法政大学のように全日本予選会の健闘がロードシーズンにつながることも多々あります。チームに自信をつけるためにも健闘したいところですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。