スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝関東予選(1)山梨学院大学

エントリーが出たので早速。

1組
上村純也(1年)
関カレ13年1500M予選5000M18位
春は自己ベストこそ出してないものの、状態が良い。10kmは都大路1区で経験、区間20位だった。

田代一馬(2年)
箱根13年(補欠)
全日本12年5区14位
関カレ13年5000M27位
4月半ばに初10000Mで29分22秒で走った。1500Mでも良い記録を出したが、関カレはイマイチだった。

2組
前田拓哉(2年)
箱根13年8区13位
全日本12年補欠
関カレ13年ハーフ17位
4月末に29分43秒の自己ベスト。関カレハーフでも17位と悪くない成績。

兼子侑大(3年)
全日本12年補欠(2組19位)
関カレ13年3000SC予選
昨年の全日本予選会で悪くない走りをした。今年の学生ハーフで63分台。春先は3000SCに取り組んだが、あまり結果を残せなかった。

3組
佐藤孝哉(1年)
関カレ13年10000M18位
高校時代から非常に安定感のある選手。4月半ばに29分09秒で走り、関カレでも粘った。

森井勇磨(4年)
箱根12年補欠(131位)
全日本12年8区8位
関カレ13年ハーフ10位
昨秋に急成長した選手。箱根に出るため留年した。今年は4月末に29分38秒でレース復帰し、関カレハーフ10位。

4組
エノック オムワンバ(2年)
箱根13年2区2位(6区1位)
全日本12年2区1位(4組1位)
関カレ13年1500M1位・5000M1位・10000M1位・12年5000M2位10000M1位
今もっとも強い留学生。関カレでは3冠を達成した。今のところ大きな失敗レースもない。

井上大仁(3年)
箱根13年3区7位(1区5位)・12年1区10位(45位)
全日本12年1区2位(4組5位)・11年(OP11位)
関カレ13年10000M9位ハーフ5位・12年10000M11位ハーフ2位
いつも高いレベルで安定している日本人エース。今春ついに28分台を出した。

補欠
阿部竜巳(3年)
箱根13年7区13位(5区7位)
全日本12年4区8位(1組14位)
昨年の出雲や全日本で結果を残した選手。今年は4月初めに14分55秒で走ってから姿を見せていないが。

松山雄太郎(4年)
箱根13年補欠(4区6位)12年(153位)
全日本12年3区10位(OP4位)11年(3組29位)
関カレ10年1500M予選
2010年入学の中では一番チームに貢献している選手。今年は徐々に上げてきて5月半ばに14分29秒で走った。


主なエントリー漏れ
福沢潤一(3年)・・4月半ばに29分43秒の自己ベストを出したが、その後レースに出ていない。
小櫃裕太(3年)・・昨年の全日本予選会で好走。能力は高いが、故障が多い印象。

変更予想 なし

大きなエントリー漏れや状態が悪そうな選手もおらず、極めて順当にエントリーができた印象です。エントリー変更は基本的にこのままでしょう。強いて言うならば、兼子がどちらかと変わるかもしれませんが。さて、3組は非常に安定感のある選手がおり、4組は大きく稼げる選手はいるので後半は大きく稼げると思います。強いて課題をいうなら前半の組でしょうか。前田拓は安定して結果を残しており上村も今春好調でしたが、田代は関カレで撃沈、兼子は春に3000SCで結果を残せませんでした。7~8人目は少し迷ったと思います。ただ、2人とも期待できる要素はありますし、この程度の不安はどこの大学も抱えているでしょう。しかも、前半で多少出遅れても後半の組で十分取り返すことができます。ですから、エントリーを見た段階では通過は有力ではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。