スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生&2013年度の展望(21)日本体育大学

やっと終わった~

4年
福士優太朗
箱根13年補欠(14位)・12年6区20位(2区4位)・11年6区4位(2区1位)・10年補欠(238位)
全日本12年3区5位(OP1位)・11年3区8位(3組31位)・10年3区4位(OP3位)
関カレ12年1500M6位5000M15位・11年5000M12位10000M23位・10年10000M15位

谷永雄一
箱根13年10区2位(53位)・12年4区14位(補欠)11年10区8位
全日本11年(1組4位)・10年補欠(1組17位)
関カレ12年ハーフ19位

高田翔二
箱根13年7区2位・12年補欠(4区3位)11年5区18位
全日本11年8区12位
関カレ11年ハーフ30位・10年3000SC9位

高柳祐也
箱根13年8区2位(30位)・12年補欠(5区4位)
全日本12年7区3位(OP17位)・11年5区16位(2組16位)
関カレ12年ハーフ30位・11年ハーフ27位

早川智浩
箱根13年補欠・11年補欠(5区3位)・10年7区17位(119位)
全日本11年(3組6位)・10年6区4位(1組5位)
関カレ11年10000M13位

大田侑典
箱根13年(202位)・12年7区19位
全日本12年補欠
関カレ12年ハーフ10位

沼井俊輔
関カレ12年3000SC予選・10年3000SC3位

牧野圭祐
箱根12年補欠
全日本11年補欠
関カレ12年1500M予選・11年1500M予選・10年1500M予選

岩間一輝
箱根13年補欠・11年補欠・10年補欠(201位)
全日本11年補欠
関カレ10年ハーフ35位

押尾和也
関カレ11年1500M予選

町田勇樹
関カレ12年1500M予選
この学年で1番活躍している福士は箱根こそ出られなかったものの、昨年まで見せていた波がある面が今年は出ず、安定して結果を残していたと思います。同じく波がある高柳も秋になってから安定してチームに貢献してくれました。谷永が今年も安定した結果を残しましたし、高田や早川といった故障で戦列を離れていたメンバーも最後戻してきて、高田は箱根で走ることができました。あと、大田は秋になってから上手くいかなかったものの、前半戦驚くべき成長を見せました。


3年
服部翔大
箱根13年5区1位(35位)・12年1区2位(6区9位)11年3区2位(1区4位)
全日本12年4区1位(4組7位)・11年2区11位(4組20位)・10年8区7位(4組11位)
関カレ12年5000M3位10000M17位・11年5000M22位

本田匠
箱根13年2区4位(5位)・12年2区8位(3区3位)11年4区6位(補欠)
全日本12年2区9位(4組9位)・11年4区15位(4組8位)・10年補欠(3組29位)
関カレ12年5000M16位10000M9位・11年5000M17位10000M12位・10年5000M9位

矢野圭吾
箱根13年9区2位(6位)・12年3区13位(1区11位)11年7区14位
全日本12年8区3位(3組3位)・11年1区16位(2組19位)・10年5区10位
関カレ12年10000M8位・11年ハーフ16位

鈴木悠介
箱根13年6区7位(60位)・12年補欠
全日本12年補欠(2組13位)・11年(1組33位)・10年(OP15位)

吉村喜一
箱根12年9区19位
全日本12年(2組2位)・11年7区8位・10年補欠

甲斐翔太
箱根13年補欠(32位)・12年補欠(補欠)
全日本12年6区7位(1組5位)

石若大武
箱根11年(補欠)
関カレ10年1500M予選
服部は2012年度も良く、箱根の山登りでは大きく他チームとの差をつける走りを見せました。本田も昨年と同じく
安定していましたね。ただ、今年1年で1番伸びたのは矢野でしょう。2年の時に大きく記録を伸ばしたものの、大舞台では結果を残していませんでしたが、今年は全ての大会で素晴らしい結果を残して記録だけでなく実績でも3本柱になりました。鈴木や甲斐も今年急に成長しましたね。特に、鈴木は箱根の好走をきっかけとしてさらに冬の間に記録を伸ばしました。ただ、吉村は前半戦は良かったのですが、秋になって以降は姿を見せませんでした。

2年
木村勇貴
箱根13年4区5位
全日本12年補欠

児玉瑞樹
全日本11年(OP5位)

富田祥平
全日本11年補欠
関カレ12年1500M予選

加藤光
全日本11年補欠

オセイ・ダニエル
関カレ11年1500M予選
この学年は今年も出番がないかなとも思っていたのですが、木村が大きく記録を伸ばし福士の代わりに箱根を走ってチームに貢献することができました。そのほかの選手では加藤が日本学生ハーフで64分台を出しましたね。

1年
勝亦祐太
箱根13年1区7位(19位)
全日本12年1区7位(3組21位)

山中秀仁
箱根13年3区6位(33位)
全日本12年5区2位(1組7位)

小泉雄輝
箱根13年補欠(87位)
全日本12年補欠

奥野翔弥
箱根13年補欠
全日本12年補欠

新入生情報
坂本新 九州学院(熊本)14,31,59
12年都大路3区16位
中岡昇平 伊賀白鳳(三重)14,31,86
11年都大路6区7位
小松巧弥 倉敷南(岡山)14,32,59
12年IH3000SC10位
山本航平 八幡浜(愛媛)14,35,02
12年都大路1区36位・13年都道府県1区36位
大手敬史 熊本千原台 14,35,33
12年IH3000SC14位
小南祐介 西脇工(兵庫)14,37,68
秋山清仁 順天(東京)14,41,16
松元悠太郎 諫早(長崎)14,52,92
10都大路7区46位・11年都大路2区44位
芳之内良太 松山工(愛媛)15,05,04
11年都大路2区44位
日体大はスカウトに波があるのですが、昨年の箱根が良くなかったからか今年は低調な方に行きましたね。新3年みたいに出てくるまでに時間がかかると思います。その中で、期待できそうなのは全国駅伝で走ったことのある坂本・中岡・山本あたりでしょうか。あと、3000SCが得意な選手がいないので小松や大手あたりが伸びてくれると関カレでより点数が稼げると思います。

まとめ
新入生に即戦力はおらず、卒業生はエース級はいなかったものの中堅どころが多かったので、層がだいぶ薄くなったかなというのが正直な印象。2012年度までは9人目~17人目くらいがほぼ並んでいましたが、このまま行けば箱根などでエントリーに入ること自体はだいぶ楽になったかなと思います。ただ、昨年のようにしっかりと調整力を発揮していけば優勝争いに絡んでいけると思います。

予想オーダー
勝亦2ー本田4ー山中2ー木村3ー服部4
鈴木4ー奥野2ー小泉2ー矢野4ー甲斐4
今年の箱根で上手くいきましたし、アクシデントが起こらなければあまり変える必要はないと思います。強いていうなら木村は復路においてよりスピード型の選手を4区に置いてもいいかもぐらいでしょうか。残りの3人ですが、今の状態でいけばこの3人だと思います。吉村が復調していれば、吉村8区、小泉か奥野のどちらかを外すという感じでしょうが。

全日本駅伝関東予選(今のところの)展望
通過有力・・帝京・法政・中学・山学・大東
ボーダー・・順大・青学・國學院
厳しい?・・神大・東農・上武・城西・中大・東海
エントリーが発表される前に手軽に展望を(もちろんエントリー解析はします)。基本的に状態がよさそうなところを通過候補に挙げておきました。ボーダーは青学は様々な意味で若いチームなのでトップ通過するか撃沈するかどちらかかなと。順大は中堅どころが関カレの雪辱を果たせるかどうかといったところだと思います。國學院は個人的には大下や吾妻が復調していれば通りやすいと思うのですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。