スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果2013(17)法政大学

1区西池和人区間3位(11位と57秒差)
2区篠原義裕(3→16)区間17位(10位と54秒差)
3区田井慎一郎(16→16)区間13位(58秒差)
4区黒山和嵩(16→13)区間3位(20秒差)
5区関口頌悟(13→5)区間2位(11位と2分30秒差)
6区品田潤之(5→5)区間8位(4分23秒差)
7区大森一輝(5→7)区間15位(3分57秒差)
8区藤井孝之(7→7)区間12位(4分8秒差)
9区松田憲彦(7→9)区間14位(3分6秒差)
10区高梨寛隆(9→9)区間16位(1分44秒差)
総合順位9位(往路5位・復路15位)
【MIP】関口頌悟・・独特な走りでチームを一気に浮上させる
【敢闘賞】黒山和嵩・・自分でペースを作り山を前に上位との差を縮める
【殊勲賞】西池和人・・予想通りの走りで好スタートを切る
【技能賞】品田潤之・・復路の出だしで後ろを大きく引き離す好走
予想20位(往路16位・復路20位)区間は1区2区3区5区が的中。
補欠・・大久保・佐野・森永・中村・佐藤和・有井
往路は4区5区が完全に予想外でした。個人的には4区で2つくらい順位を落として5区で元に戻すくらいでイメージしてました。復路は6区の品田が予想外の好走だったのと、全体的に高い位置で走れたということがあると思います。区間は往路が◎で、復路が全然でしたね。まぁ、1区2区は情報がありましたし、3区も鉄板中の鉄板なので。
西池は想定通りの走りができたと思います。油布が零れ落ちた中区間賞を取ることはできませんでしたが、サバイバルレースになってチームは大きく得をしましたね。篠原は厳しい条件の中、くずれませんでした。窪田の集団についていかなかったあたりは冷静でしたね。田井は最後少し疲れましたが、全体的に悪くない走りはしてくれたと思います。黒山は個人的にはかなり厳しいと思っていたのですが、素晴らしかったですね。他の区間上位者が田中について体力を温存した選手だったのに対し、山口を引き連れながら自分でハイペースで走りました。関口は個人的に区間8位くらいでは来てもおかしくないかもしれないぐらいには思っていましたが、まさか区間2位の好走をするとは思いませんでした。登りに適性があったみたいで、平地はふつうのペースだったのですが、登りになってぐんとペースが上がりましたね。
品田はスタミナ型の印象があり不安でしたが、後半一気にペースを上げて最後の平地もその勢いで良いペースで走れましたね。復路のメンバーが他のチームに比べて相当見劣りする中で、シードラインから2分差をつけたのは非常に大きかったです。大森はやはりといった感じで終始良くないペースでしたね。藤井は1年生らしく元気よく入って終盤疲れながらもきちんとまとめましたね。松田は実力的に厳しいながら、粘ったと思います。中盤松村についていって後半苦しくなりましたが、ラスト3kmで切り替えることができました。高梨は少し慎重に入りすぎたかなと。シード権を安全に取るために守りに入ったのは分かりますが、区間16位は低すぎるかなと。復路は佐野が外れたのを見て厳しいかなと思いましたが、6区で稼いで8・9区も頑張ったのでシードを獲得することができました。全体的にみると、6区までが予想以上になったのが大きかったと思います。後の区間はその前の貯金を使いながら何とかシード権を獲得することができました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。