スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果2013(15)日本大学

1区荻野眞之介区間13位(10位と32秒差)
2区ベンジャミン(13→1)区間賞(11位と2分31秒差)
3区佐藤佑輔(1→10)区間20位(10秒差)
4区寺田裕成(10→16)区間18位(10位と2分19秒差)
5区吉田貴大(16→15)区間17位(6分39秒差)
6区日向野清隆(15→15)区間15位(7分36秒差)
7区高松峻平(15→15)区間18位(7分47秒差)
8区林慎吾(15→15)区間5位(6分12秒差)
9区田村優宝(15→15)区間11位(6分56秒差)
10区竹ノ内佳樹(15→15)区間10位(7分49秒差)
総合順位15位(往路15位・復路14位)
【MIP】ベンジャミン・・2年前から成長を見せ、区間賞で首位奪取
【敢闘賞】林慎吾・・難しい状況の中、安定した走りで好走。
【残念で賞】高松峻平・・難しい条件で区間最下位に沈み、更に状況を難しくしかけた。
予想15位(往路10位・復路17位)区間は2区5区のみ的中。
補欠・・森谷・小島・村越直・原・柴田・キトニー

順位は往路は佐藤の失速が予想外でしたえ。復路はメンバーが結構残っていたのでもう少しあげておくべきだったと反省しています。区間は寺田が4区、7区高松、8区林など頭になく、事前のコメントとも少し違ったのでぐちゃぐちゃになりましたね。
荻野は想定通りの走りができたと思います。離された後、だいぶ苦しくなりましたが崩れませんでした。ベンジャミンは素晴らしい走りでした。2年前は終盤ペースを上げようということで中盤一旦ペースが落ちてしまったのですが、今回は中盤から圧倒的なペースアップを見せました。佐藤は序盤にハイペースな設楽悠についていって引き離されると、その後はどんどん落ちてしまいました。もともと調子があまり良い感じではなかったですし、主将だったので自分で何とかしようという気持ちが強すぎたのだと思います。寺田は個人的にはこんなものかなと。もう少し力のある選手にした方がよかったのではないかなと個人的には思いました。吉田は後半に少しペースアップをしましたが、前半が遅すぎましたね。実力が他の選手ほどではなく、アクシデントがなかった選手では一番遅かったです。往路は佐藤の失速で完全に計算が狂ったと思います。ただ、4区5区の感じを見ていると佐藤が上手くいっても厳しかったかもしれません。
日向野は個人的にいは思った通りの走りだったと思います。良い経験にはなりましたが、まわりに引き離されてしまいましたね。高松はまわりがいなくて走りにくかったとはいえ、区間最下位はまずかったかなと。あと、徐々にペースを上げていましたし、スタミナが必要な区間の方が良かったと覆います。林は流石の走りでしたね。走りにくい中、きちんとビルドアップして、特に遊行寺の坂を終えてからのペースが良かったですね。田村は状態が良くなかったのでこんな感じでしょうか。最後疲れましたが、アクシデントにはならずに走り切れましたね。竹ノ内は序盤かなりスローだったので大丈夫かなと思ったのですが、徐々にペースアップしましたね。復路は林・田村・竹ノ内といった力ある選手がきちんと成績を残しましたね。全体的にいうと、佐藤の失速はもちろん痛かったですが、中学などはミスを他の選手たちがとりかえしています。そういったトータルのチーム力でまだ及ばないところにもシード獲得できなかった原因があったのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。