スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果2013(12)國學院大學

1区沖守怜区間19位(10位と2分2秒差)
2区寺田夏生(19→17)区間15位(3分3秒差)
3区柿沼昴太(17→17)区間14位(3分10秒差)
4区廣川倖暉(17→17)区間14位(4分38秒差)
5区大下稔樹(17→14)区間11位(5分11秒差)
6区上野智幸(14→14)区間5位(4分47秒差)
7区中山翔平(14→14)区間17位(4分50秒差)
8区吾妻佑起(14→14)区間6位(3分19秒差)
9区鮫島紋二郎(14→14)区間15位(5分00秒差)
10区岡本昴之(14→14)区間11位(5分54秒差)
総合順位14位(往路14位・復路12位)
【MIP】上野智幸・・攻めの走りでレベルの高かった6区で区間5位
【技能賞】大下稔樹・・崩れる選手も多かった5区で代走ながらまとめる
【敢闘賞】吾妻佑起・・長い距離にも適応し区間6位
予想12位(往路17位・復路9位)区間は6区のみ的中。
補欠・・端坂・木村・牛山・小原・黒子・中瀬
往路は沖守は思ったより苦しかったですが、大下が思ったよりだいぶ速かったのでずれました。復路は粘りのあるチームなのでついつい高くしてしまったのですが、もともと國學院は往路良くて復路粘るチームだったと思い込みに関して猛省してます。区間は寺田の平地変更などずたずたでしたね。ただ、9区10区が逆になったのは納得していますが、1区3区を逆にしたのは悔しいです。
沖守は状態が良くない中、無理に走っただけあって苦しかったですね。序盤に遅れ始め、最後上武大だけはかわしましたが、基本的にずんずん引き離される走りでした。寺田は向かい風の中で単独でペースをあげることは厳しく、中盤まで上武の佐藤と2人であまり良くないペースで走らざるを得ませんでした。終盤一気にペースアップできる余裕があっただけに、平賀か窪田の集団で走らせたかったです。3区からは実力が上の中大の選手とともに走ることになって走りやすかったとは思います。柿沼は最初ペースは良くなかったですが、須河と一緒になってから悪くないペースで走れましたね。浅岡のように離されなかったことや終盤ペースをあげられた点が良かったです。廣川は前半はペースが良くなかったですが、徐々にペースを上げ、結果的に悪くない感じでまとめることができました。大下は個人的には失速すると思っていたのですが、代わりに走ることになって走ったのに過酷な条件の中で悪くない区間順位で走ってくれました。前半から並みのペースで刻んで、登り一辺倒を終えてから相対的にペースを上げることができたと思います。往路は2区以降頑張っただけに、よけい体調不良で走らざるをえなかった1区がもったいなかったですね。
上野は昨年と違って積極的な走りでしたね。前半かなり良いペースで入って後半疲れてきたもののまとめて素晴らしい走りでした。中山は状態が良くないだけあって苦しかったですね。前半全くペースが上がらず、大西に追いつかれると必死にくらいついていきましたが、離された終盤はぐっとペースが落ちましたね。吾妻はスピード型なので8区はどうかなと思ったのですが、終始悪くないペースを刻んで、安定感のある良い走りだったと思います。鮫島は稲田とほぼ同じ走りであまり良くありませんでしたが、もともと実績などがほぼなく、仕方なかったと思います。岡本はラスト5キロは良かったので、そこまでをもう少しペースを上げられればと思いました。復路は耐える区間も多かったですが、状態が良くなかった中山を除いて、往路でリードしたときように粘れる走りはできていたと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。