スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝2013(2)明治大学

1区文元慧区間2位(1位と14秒差)
2区大六野秀畝(2→6)区間12位(1分29秒差)
3区菊地賢人(6→6)区間5位(3分19秒差)
4区八木沢元樹(6→4)区間7位(2分26秒差)
5区大江啓貴(4→4)区間7位(4分22秒差)
6区廣瀬大貴(4→3)区間2位(3分8秒差)
7区有村優樹(3→3)区間3位(3分16秒差)
8区横手健(3→3)区間9位(3分51秒差)
9区松井智靖(3→6)区間18位(8分56秒差)
10区北魁道(6→7)区間17位(11分48秒差)
総合順位7位(往路4位・復路13位)
【MIP】廣瀬大貴・・区間記録まであと少しの激走
【技能賞】文元慧・・安定した走りで若いチームを安心させる。
【残念で賞】北魁道・・熱くなりすぎたか終盤失速
予想4位(往路2位・復路5位)区間は1区5区6区が的中。
補欠・・田中・石間・木村・江頭・牟田・山田凌
順位は往路は思ったよりも大江が伸びなかくて、復路は9区10区の失速が予想外でした。区間は鉄板以外は1区しか当てることができませんでした。7区有村は完全に予想外でしたね。ただ、9区は松井は細川勇と同じような匂いがしますので、迷うぐらいはしておきたかったです。
文元は本当に安定感がありますね。サバイバルレースの中、しっかりと粘って区間2位でまとめました。区間賞は取れませんでしたが、区間上位で安定してくるタイプなので構わないでしょう。大六野は悪くはなかったのですが、決して良いとはいえない走りでしたね。中盤までは良い展開だったのですが、終盤に本田までとはいわないでももう少しペースアップしてほしかったです。菊地は下りを突っ込んで走って後半粘るという前々回とほぼ同じ走りでしたね。前半利用されるような展開になってしまいましたが、主将として意気込みもあったし仕方ないでしょう。八木沢はエントリー変更で入った時に相当期待したのですが、十分悪くない走りでしたが個人的には期待していたほどの走りではなかったかなと。昨年は中盤からぐんと出てきたのですが、今年は向かい風の影響もあったからか伸びてきたのは終盤でしたね。大江は振り返ると82分台の走りはしてほしかったのですが、ここ2年ほどは輝けませんでした。平地は良かったのですが、登りに入ってからがあまり良くなかったですね。昨年あまりタイムが良くなかった登り中盤は良かったのですが、それ以外が昨年より下がっていました。ただ、個人的に職人タイプの印象がするのでプレッシャー・意気込みともに少し大きすぎたかなと思います。往路は全員悪くはなかったのですが、決め手に欠けた印象がしました。特に、4区5区が昨年ほどは上手くいかなかったので総合優勝が厳しくなりましたね。
廣瀬は区間記録まであと少しの走りで前との差を詰めましたね。登りからずっと区間上位のペースであんていしていました。有村は85点ぐらいの走りができていたと思います。前半ハイペースで後半少しつかれましたが、全体としては良い走りでしたね。横手は中盤までは良かったですが、終盤の登りで失速してしまいましたね。ただ、大津と競い合う見応えのある展開で光るところは見せてくれたと思います。松井は襷をつなげたのは良かったですが、終盤アクシデントで沈んでしまいました。ただ、耐える区間だと思っていたので中盤までは流石に早すぎた気がします。北は終盤大きく失速してしまいました。取り返したい気持ちはわかりますが、次期主将ですし、もう少し冷静に走って欲しかったです。もし12月に体調を崩した影響があるなら、石間や木村はいたわけですからそれは西監督の判断ミスかなと。復路は後半の区間で突っ込んで後半失速するという若さが出てしまいましたね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。