スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会(7)帝京大学

4年
山川雄大
箱根12年8区5位・11年補欠
全日本12年(2組11位)
関カレ12年ハーフ7位
箱根で好走、日本学生ハーフで2位など冬は好調だったが、今春はそこまで良くなかった。

三輪龍之介
箱根12年7区13位(109位)
全日本12年(1組8位)・11年補欠10年補欠
関カレ12年ハーフ24位
前回の箱根予選に箱根、今年の全日本予選会など安定している印象。

3年
蛯名聡勝
箱根12年補欠(8位)11年8区9位
全日本12年(4組6位)・11年2区9位(4組7位)・10年(OP5位)
関カレ12年10000M5位・11年5000M25位・10年5000M22位
今年の箱根に出場できなかった鬱憤をはらすかのように日本学生ハーフ、関カレ、全日本予選会と活躍し続けた

難波幸貴
箱根12年4区15位(19位)11年3区18位(60位)
全日本12年(3組10位)・11年1区20位(3組18位)・10年3区9位(OP31位)
関カレ12年1500M予選5000M18位・11年5000M17位
スピードランナー。全日本予選会では自己ベストの走りでチームに貢献した。

小山司
箱根12年5区12位(79位)
全日本12年(4組17位)・11年5区8位(2組4位)
関カレ12年10000M12位・11年ハーフ21位
今年になって自己ベストを出すなど飛躍した印象。関カレ、全日本予選会ともにレベルの高い戦いで粘走できた。

千葉一慶
関カレ12年3000SC予選・11年3000SC予選・10年3000SC予選
3000SCを主戦場とする選手。それ以外ではあまり実績はない。

2年
早川昇平
箱根12年補欠(125位)
全日本12年(1組3位)・11年3区10位(1組5位)
関カレ12年5000M8位
成長したところを見せ、関カレでは寺田に先着し入賞。全日本予選会では2年連続好スタートを演出した。

熊崎健人
全日本12年(2組24位)
関カレ12年1500M9位5000M20位
日本学生ハーフで63分台、関カレで決勝進出など躍進していたが、全日本予選会では思った通りの成績は残せなかった

三田和矢
全日本12年(OP9位)・11年6区9位
全日本に出走した後は故障など苦しんでいたが、今年の全日本予選会で悪くない走りを見せた。

柳原貴大
全日本12年(3組23位)
関カレ12年ハーフ44位
昨夏に秘密兵器と言われていたが、故障。日本学生ハーフで63分台を出し、全日本予選会では悪くない走りを見せた

嶺井由宇
箱根12年(158位)
全日本11年補欠
前回の箱根予選会に出場した。

1年
阿南賢也
関カレ12年10000M27位
10000Mでいきなり29分台で走った後、関カレ後に脚を痛めたが夏にようやくきちんと練習がこなせるようになったらしい。

竹本紘希
高校時代の実績が豊富な選手。

高橋裕太
5月の山中湖ロードレースでは千葉や高橋勝よりも良く帝京大で出場した中では1番だった。

主なエントリー漏れ
大迫聖晃(4年)・・3000SCが得意で、日本インカレでは3位に入った。中野監督から駅伝でもカギと言われている
後藤郁晃(4年)・・チームにしばしば貢献しており、ハーフも苦手ではないが箱根関係では1度もエントリーされたことがない
田中健人(3年)・・トラックでは蛯名と並ぶ力を持つ。前半戦は姿を見せなかったが、練習を開始したらしい。

前半戦は昨年と同じように好調に過ごした帝京大学。エントリーも多少「この選手が入るのか?」と疑問符のつく選手もいますが、基本的には順当に入りました。大迫が外れたのは少し意外でしたが・・。
予選は通過するでしょうが、上位通過のカギとなるのは下級生のできでしょう。1年生がきちんと距離対応できているかどうか。そして、三田がどれだけ復調しているかや嶺井が1年でどれだけ成長できているかがカギになると思います。因みに、本戦で戦うためには熊崎や早川といった往路を担ってほしい選手がどれくらいでこれるのかが重要です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。