スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(17)明治大学

【ポテンシャルをしっかり発揮し、エースに頼らず3位に】
1区大六野秀畝区間6位(3位と19秒差)
2区菊地賢人(6→6)区間5位(37秒差)
3区石間涼(6→8)区間13位(37秒差)
4区八木沢元樹(8→3)区間2位(4位と1秒差)
5区大江啓貴(3→3)区間2位(1分22秒差)
6区廣瀬大貴(3→2)区間8位(42秒差)
7区北魁道(2→3)区間4位(0秒差)
8区有村優樹(3→3)区間3位(13秒差)
9区細川勇介(3→4)区間8位(3位と1分13秒差)
10区鎧坂哲哉(4→3)区間4位(4位と20秒差)
総合順位3位(往路3位・復路3位)
【MIP】菊地賢人・・代役の2区で区間5位
【新人賞】八木沢元樹・・圧倒的なスピードでごぼう抜き
【技能賞】大江啓貴・・しっかりと昨年のタイムを縮める

予想4位(往路5位・復路4位)区間は1・4・5・6・7・8・9区が的中
補欠・・細川雅・田中・高城・文元・前野・後藤
順位は八木沢の好走が予想外でした。区間は鎧坂の調子さえ良ければ全部当たったのですが、やはり世の中上手くいきませんねぇ。
大六野はやはり良い位置できてくれましたね。ただ、全日本駅伝のインパクトが強く、個人的には村山あたりの位置で来てくれるのかなと期待していました。
菊地は予想以上に良かったです。何とか耐えてほしいと思っていたのですが、中盤にペースを上げて前の集団に追いつきました。
石間は粘り強い走りをしてくれました。終盤は遅れてしまいましたが、基本的には集団に食らいついてくれました。
八木沢はポテンシャルの高さを見せてくれました。初めは集団にいましたが、中盤以降圧倒的な速さで駆け抜けました。
大江は30秒速くするのは厳しいと思っていましたが、しっかりとタイムを縮めてきました。ペース配分を考えたのか、中盤までは昨年より遅かったですが、後半のペースが良かったです。

廣瀬は昨年より地力が上がったのをしっかりと活かしました。周りが突っ込む中で自分も20秒以上昨年より速かったですが、下りの中盤でペースを上げました。下りの終盤に血豆をつぶしてペースを落としましたが、平地をしっかりとまとめました。
北は駒大や早大が競り合うという状況で力が発揮しやすかったと思います。2人とも後ろから来たので、その時点で自分よりも力を使っていましたし。
有村は高瀬に引っ張られて走りやすかったでしょう。ただ、ラストを引き離すあたり力があるのでしょう。
細川はタイムこそ下がりましたが、後半気温が上がっただけで区間順位も上がりました。むしろ、下りを突っ込んだ中で、後半崩れなかったのは良かったです。
鎧坂は慎重に1km3分ペースで入ったものの、やはり地力があり、落ちてきた選手が出てくる中で区間上位でした。出走に賛否両論あるでしょうが、とりあえず本人に悔いが残らなかった点では良かったのかなと。
復路は8区までが競り合う中でポテンシャルをしっかり発揮することができ、9区10区がしっかりと自分の走りができたことで、3位になれたと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。