スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生&来期への展望(10)東京農業大学

4年

木下潤哉
箱根12年2区20位(39位)・11年2区8位(3区4位)・10年10区4位(18位)・09年6区11位(52位)
全日本11年(OP22位)・10年(4組15位)・09年3区5位・08年補欠(2組16位)
関カレ10年10000M13位ハーフ2位・09年ハーフ2位

松原健太
箱根12年7区5位(85位)11年1区14位(1区9位)・10年3区5位(10位)・09年1区14位(216位)
全日本11年(4組37位)・10年(4組20位)・09年1区14位・08年3区8位(1組2位)
関カレ11年5000M28位10000M19位・10年5000M6位10000M11位・09年1500M2位5000M1位・08年1500M4位5000M11位

瀬山直人
箱根11年7区15位(補欠)・10年7区8位・09年4区22位(32位)
全日本10年(2組13位)・09年4区9位・08年補欠

大工谷秀平
箱根12年補欠(176位)11年8区20位
関カレ11年3000SC8位・10年3000SC7位

藤代晃司
箱根12年補欠・11年補欠
全日本09年5区16位
関カレ11年3000SC予選

大貫秀水
箱根12年補欠

この学年は周知の通り、スタミナエースの木下とスピードエースの松原がチームを引っ張っていました。関カレで2年連続ハーフ2位になった木下は3年連続で箱根で好走するなど割とずっとチームに貢献していましたが、特に外丸が抜けた直後の3年が凄かったように思います。松原は安定感がない代わりに爆発力がありました。2年が特に良く、関カレでは2部5000Mで優勝も果たしましたね。あと、瀬山が2人と同じように1年から活躍しました。3年まではチームに貢献していましたが、4年がなかなか復調できなかったのが残念でした。他には、大工谷は20キロは苦手でしたが、関カレでは2年連続で入賞しました。

3年

木村翔太
箱根12年9区17位(11位)・11年10区10位(6区9位)・10年補欠(161位)
全日本11年(3組2位)・10年(3組20位)
関カレ11年ハーフ17位・10年ハーフ6位

花田昌之
箱根12年10区18位(17位)・11年補欠(補欠)
全日本10年(OP26位)
関カレ10年ハーフ9位

内藤寛人
箱根12年4区19位(33位)11年補欠(5区7位)
全日本11年(2組13位)
関カレ09年3000SC予選

青木優
箱根12年1区16位・11年補欠
全日本11年(4組10位)
関カレ11年ハーフ5位

古屋広樹
関カレ11年1500M9位

高瀬昌俊
関カレ11年1500M予選・10年1500予選

秋谷吉彦
関カレ10年1500予選
この学年の主役は木村でしょう。2年からチームに貢献していましたが、今年の全日本以降成長し、浅岡とともにチームを引っ張っています。ただ、単純に今年の成長幅で言ったら1番は青木でしょう。もともとはレギュラー候補でもなかったのですが、故障もあったこの1年で一気に主力となりました。花田と内藤は箱根では失敗しましたが、箱根予選会での好走はチームにとって大きなプラスだと思います。今までは花田は関カレハーフ、内藤は全日本予選会ぐらいだったので、今後にとっても楽しみですね。他には関カレで9位だった古谷に1500Mでは期待しましょう。

2年

佐藤達也
箱根12年6区2位(261位)・11年補欠(補欠)
全日本11年(1組17位)・10年(1組10位)
関カレ11年10000M9位・10年5000M18位

津野浩大
箱根12年5区20位(144位)・11年5区17位(補欠)
全日本11年(OP10位)
関カレ11年ハーフ31位

三輪晋太郎
箱根12年補欠(69位)

山本和樹
箱根12年補欠
全日本11年(1組25位)・10年(OP4位)
この学年を引っ張っている佐藤に対して個人的になぜか不安定な印象があったのですが、実際は結構安定していますね。ただ、今年は全日本予選会・箱根予選会とアクシデントが多い印象です。今回はアクシデントだった津野ですが、全体的にまだ結果が出せていないかなという印象です。箱根予選会で出てきた三輪や全日本予選会以外に出ていない山本とともにもう1伸びしてくれるとうれしいですね。

1年

浅岡満憲
箱根12年3区7位(29位)
全日本11年(3組3位)
関カレ11年1500M4位5000M3位

竹内竜真
箱根12年8区11位(71位)
全日本11年(2組7位)
関カレ11年10000M15位

岩渕慎矢
箱根12年補欠(83位)

島田直輝
関カレ11年5000M21位
浅岡は関カレ表彰台などいつもチームを引っ張りました。故障明けの箱根予選会や苦しい状況だった箱根でも奮闘していて1年生ながらエースの走りでしたね。竹内は浅岡ほどのインパクトはありませんでしたが、いつも結果を残していて信頼感があります。ただ、島田は関カレ以降あまりだったので、箱根予選会で結果を残した岩渕とともにクインテット呼ばれるほどに成長してほしいです。

新入生情報
戸田 雅稀 東農大二(群馬)14’15”
10年都大路3区3位・11年都道府県1区21位・11年IH1500M1位・11年都大路1区19位・12年都道府県1区14位
佐野 雅治 東農大二(群馬)14’24”
10年都大路6区8位・11年IH3000SC4位・11年都大路3区6位・12年都道府県5区31位
遠藤 凌平 一関学院(岩手)14’37”
10年都大路6区11位・11年都道府県4区19位・11年都大路3区12位・12年都道府県1区33位
山浦 大輔 佐久長聖(長野)14’31”
10年都大路7区9位・11年都大路7区4位
伊花 駿 村上桜ヶ丘(新潟)14’37”
10年都大路3区44位
藤原 友章 伊賀白鳳(三重)14’53”
11年都大路7区26位
小澤 洸太 浜松日体(静岡)14’41”
11年都大路5区22位
新入生ではやはり付属からの戸田と佐野に注目です。1500MでIH優勝したドラ1の戸田は2年の都大路3区で結果を残し、3年では両方の1区で悪くはない結果を残しました。3000SCで実力のある佐野は華の区間は厳しいものの、準エース区間では結果を残しています。その2人に次ぐのは遠藤と山浦です。山浦は都大路7区しか走っていませんが、どちらも結果を残したのでどれくらい走れるか注目です。大舞台を多く経験している遠藤はエースがいない区間だったらそこそこ走れているので、2・3年になると主力級になってくれるかなと思っています。

まとめ
木下や松原の両エースの穴が大きくなりそうな感じでしたが、瀬山を含めた3人がほぼずっと機能しませんでした。あと、3年生が成長しましたし、付属から実力者が入ってきたので、順調に行けば少なくとも今ぐらいには来年できていると思います。ただ、問題は調整力ですね。日体大や東農大は最近それを課題にしている印象があるので、大舞台でも実力を出せるようになって欲しいです。

予想オーダー
戸田1ー木村4ー浅岡2ー佐野1ー津野3
佐藤3ー内藤4ー花田4ー青木4ー竹内2
スタミナのある木村を2区にして、1区で悩みました。青木も考えましたが、将来の経験も含め1区戸田で。5区はわからないのでとりあえず津野にして、4・7・8区も感覚的に入れてみました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。