スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(10)法政大学

4年
足羽純実
箱根17年(12位)・16年1区20位(12位)・15年(139位)・14年補欠(5区5位)
全日本16年(4組38位)・15年(4組33位)・14年(3組2位)・13年5区5位(3組27位)
関カレ16年10000M36位・15年10000M26位・14年10000M34位・13年5000M23位
主将。力はあるがややムラがある印象。11月には14分19秒、29分15秒で走った。

坂田昌駿
箱根17年(46位)・16年7区16位(54位)・15年(100位)・14年補欠
全日本16年(3組4位)・13年補欠(OP13位)
関カレ16年5000M22位
箱根予選会は3年連続で好走している。11月は14分28秒、29分56秒で走っている。

城越洸星
箱根17年(101位)・16年10区9位(91位)
全日本15年(2組23位)
関カレ16年10000M35位
箱根予選会はあまり良くなかったが、11月に29分14秒の自己ベスト。

生澤佑樹
今年の全日本予選会にもエントリーされていた。10月に31分13秒で走って以降出ていない。

3年
細川翔太郎
箱根17年(44位)・16年5区13位
全日本15年(4組15位)・14年(1組26位)
関カレ15年ハーフ20位
2年にブレイクした選手。箱根予選会以降レースに出ていない。

鹿島隆裕
全日本16年(1組27位)
1年時に29分55秒で走っている。今年復調して上尾ハーフは64分0秒と好走。

阿部泰久
箱根17年(78位)・16年補欠
関カレ16年3000SC予選・15年3000SC予選
ハーフでは安定している選手。箱根予選会以降レースに出ていない。

2年
土井大輔
箱根17年(41位)・16年8区18位(123位)
全日本15年(2組30位)
11月に14分19秒、29分6秒の自己ベストなど夏を経て伸びてきた。

本多寛幸
箱根17年(95位)・16年9区20位(89位)
関カレ16年ハーフ32位
箱根予選会2年連続しっかり走っている。11月の記録会は30分32秒と良くなかった。

坂東悠汰
箱根17年(23位)・16年4区15位
全日本16年(4組19位)
関カレ16年5000M10位・15年1500M予選
11月に14分11秒で走ると、その後28分56秒の自己ベストを出した。

矢嶋謙悟
箱根17年(104位)
全日本16年(1組16位)
関カレ15年5000M28位
11月に14分20秒、29分16秒の自己ベストと好調。

東福龍太郎
箱根17年(60位)
全日本16年(2組24位)
今年大きく伸びた選手。11月に14分40秒、29分31秒の自己ベストと好調。

鈴木亮平
10月に29分48秒、上尾ハーフ64分58秒の自己ベストと夏を経て伸びてきた。

1年
坪井慧
関カレ16年1500M予選
今年のドラ1。10月に14分12秒、29分48秒の自己ベストと好走した。

青木涼真
全日本16年(3組22位)
関カレ16年3000SC6位
10月に29分44秒で走ると、11月末も29分50秒でまとめている。

佐藤敏也
全日本16年(2組27位)
箱根予選会もエントリーされていた。秋以降は11月半ばに14分40秒で走ったくらいか。

予想オーダー
坂東2―足羽4―矢嶋2―土井2―細川3
阿部3―東福2―青木1―坂田4―城越4
29分台を出した狩野・田上が外れるほどチームとしては上り調子ですね。1区坂東はスピードもありますし、区間一桁で走ってほしい。足羽は区間15位くらいまでは許容範囲内。ややムラがある選手なだけに、とにかくレースを壊さないで襷を渡してほしいです。3区はスピードがいる区間だと思っているので、29分14秒を出した矢嶋。箱根予選会からスタミナがついていれば64分半くらいを期待、65分前後では走ってほしいです。選手の希望に近い3区坂田4区矢嶋9区土井も考えましたが、土井を準エース区間になると思われる4区にしました。細川は今年は良くない位置でもらったこともあり微妙でしたが、距離短くなって力のある選手が減りますし区間一桁では走ってほしい。阿部も箱根予選会終わってから準備しているでしょうし、走力もありますから区間一桁を狙ってほしいです。7区と9区にはスタミナがあると思っている東福と坂田。箱根予選会良かった坂田を9区に置きましたが、記録挑戦会から坂田の状態が戻っていないなら逆もあると思います。鹿嶋、前回5区候補だった本多、アンケートに5区と回答している青木のうち誰が10人目だとしても8区が良いかなと思いました。20kmに対応できているならば全日本予選会3組で健闘して記録会含め安定している青木が良いと思います。アンカーの城越は自己ベスト出しましたし、今年以上の走りを期待したいです。全体的にはかなり厳しいという訳ではありませんが、逆に大きく武器になりそうな区間も見当たらない印象。シード争いまでは可能でしょうが、シード権を取るには複数の大学のミスが必要になってくると思います。カギは当然2区。一番厳しい戦いとなる区間で、ムラのあるエース足羽がどこまで粘れるかがチームの結果に大きく繋がってくるでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。