スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(9)大東文化大学

4年
北村一摩
箱根17年(113位)・16年10区19位(1区14位)・15年7区17位・14年補欠(160位)
全日本16年補欠(3組26位)・15年2区17位(3組4位)・14年3区10位・13年5区13位(1組18位)
関カレ16年10000M30位・15年5000M14位
トラックの方が得意な選手。11月に28分58秒の自己ベスト。上尾ハーフ64分37秒。

鵜沢駿介
箱根17年(61位)・16年6区8位
全日本16年補欠・15年5区9位・14年補欠
昨秋に伸びた選手。29分44秒の自己ベストをだし、箱根予選会好走して以降レースに出ていない。

下尾一真
箱根17年(20位)・16年3区15位
全日本16年3区8位(2組22位)・15年3区16位・13年補欠
関カレ16年10000M31位
主将。昨年12月にブレイクした。秋以降記録会では29分30秒台、ロードでも安定している。

鈴木太基
箱根17年(56位)・16年補欠
全日本16年7区4位(1組8位)
今年度安定して力を伸ばしてきている。11月に29分33秒の自己ベスト。

石橋優哉
箱根15年補欠
全日本14年補欠
10月に29分28秒の自己ベスト、上尾ハーフ63分46秒と好調。

3年
原法利
箱根17年(9位)・16年9区10位(3区9位)・15年4区16位
全日本16年1区18位(4組22位)・15年1区27位(4組35位)・14年補欠(1組7位)
関カレ16年ハーフ4位・15年ハーフ33位
エース。全日本では2年連続撃沈したが、その後29分8秒の自己ベスト。

山本翔馬
箱根17年(55位)・16年補欠(補欠)・15年補欠
全日本16年6区14位(1組13位)・15年8区17位(1組12位)・14年補欠
関カレ16年ハーフ17位・15年3000SC8位・14年3000SC予選
全日本では昨年に続いて結果が残せなかったが、その後29分28秒としっかり走った。

前田将太
箱根16年(2区11位)
全日本15年補欠(1組11位)
関カレ15年5000M22位
11月に13分55秒、28分59秒の自己ベストと絶好調。20kmの実績はない。

林日高
箱根17年(70位)・16年5区19位・15年補欠
全日本16年補欠・15年補欠
昨年の11月、12月で伸びた選手。今年も上尾ハーフで62分54秒と成長を見せた。

牧田侑大
箱根予選会にエントリーされていた。10月に29分52秒の自己ベスト。上尾ハーフは64分37秒だった。

2年
新井康平
箱根17年(68位)・16年1区19位(補欠)
全日本16年5区20位
関カレ15年1500M予選
今年の箱根64分11秒と粘った。全日本撃沈、その翌週の記録会は14分29秒だった。

中神文弘
箱根16年4区19位
上尾ハーフ63分31秒と好走。10000Mは2回とも30分少しだった。

谷川貴俊
箱根17年(32位)・16年補欠
全日本16年8区11位(2組5位)
関カレ16年ハーフ26位・15年5000M48位
箱根予選会好走、全日本も60分台、記録会で29分20秒の自己ベストと安定している。

斎藤諒
箱根17年(126位)・16年(補欠)
全日本16年補欠(3組16位)
関カレ16年10000M17位
今年伸びた選手。箱根予選会は良くなかったが、11月に29分9秒の自己ベスト、上尾ハーフ63分52秒。

1年
奈良凌介
箱根17年(73位)
全日本16年2区16位(4組34位)
奈良監督の息子。全日本は予想外の位置でうまくいかなかったが、その後29分12秒の自己ベスト。

川澄克弥
箱根17年(39位)
全日本16年4区20位
高3でグンと伸びた選手。全日本ではやや洗礼を浴びたが、その後29分11秒の自己ベスト。

予想オーダー
前田3―原3―下尾4―谷川2―奈良1
鴇澤4―川澄1―林3―鈴木4―山本3
箱根に出走する可能性がありそうな選手は全員入り、非常に順調なエントリーができたと思います。チームにとって誰を起用するのか最大のカギになりそうなのが1区。前田や北村のようにトラック28分台の自己ベストを持つもののロード未知数であったりやや弱かったりする選手を起用するのか、下尾のように安定している選手を起用するかどうかがカギを握りそうです。いずれにせよ区間一桁はかなり厳しいと思うので、原が悪い流れに引きずられずに2区走りきれるかがポイント。ここまでで15位以内ならだいぶチャンスはあると思います。下尾・谷川は今年の箱根や全日本で悪い流れの中ある程度走れていたので、問題はないと思います。5区は前回大久保が走る予定だったので、今度は奈良かなという安直な予想。ただ、山は比較的苦手としていない大学なのである程度走ってくれると思います。6区は鴇澤がいるので安心。鴇澤より良いと判断した選手が出てくるかもしれませんが、いずれにせよ60分半以内は十分出せると思います。9区は鈴木で(4区と9区逆かもしれませんが)、期待のルーキーの川澄と上尾ハーフ62分台だった林は繋ぎ区間に入ると思います。残りの1人は北村・新井・斉藤・石橋など誰が走ってもおかしくないですが、全日本以外は結果を残せている山本と予想しました。全体的には層は厚く、復路順位は一桁が十分狙えると思います。ただ、序盤区間を乗り切れるスピードとスタミナを兼ね備えているのが原以外見当たらない点は気になります。序盤さえ乗り切れれば終盤までシード権争いできるでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。