スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(6)順天堂大学

4年
西沢卓弥
箱根17年(1区8位)・16年1区12位(82位)・15年7区4位(117位)・14年4区19位(補欠)
全日本16年(1組24位)・15年7区8位・14年3区14位・13年補欠
関カレ16年10000M12位
高島平59分48秒、11月に29分8秒の自己ベストと好調。甲佐10マイルは47分49秒だった。

聞谷賢人
箱根16年9区12位(49位)・15年10区9位(69位)・14年10区8位
全日本15年4区13位(3組13位)・14年6区11位(1組11位)・13年6区13位
関カレ16年ハーフ34位・15年ハーフ7位・14年10000M19位
主将。出雲前に復帰すると11月に28分51秒の自己ベストを出した。

作田直也
箱根17年(6区7位)・16年10区2位・15年補欠(98位)
全日本14年補欠
関カレ16年ハーフ28位
15分47秒で入学し、伸びた選手。高島平60分20秒、11月に29分26秒の自己ベスト。

森湧暉
箱根17年(補欠)・16年6区14位(85位)・15年6区11位・14年補欠(4区6位)
全日本16年(3組38位)・15年6区6位(2組28位)・14年補欠(3組8位)・13年3区10位
関カレ16年10000M20位・15年10000M21位
今年は結果を残せておらず、10月14分42秒、11月も30分30秒だった。

甲斐智樹
箱根16年8区13位(110位)
昨年の箱根予選会ででてきた選手。高島平61分42秒で走って以降レースに出ていないか。

3年
栃木渡
箱根17年(2区7位)・16年4区3位(55位)・15年8区15位(53位)
全日本16年(4組16位)・15年8区11位(2組14位)・14年5区14位(1組20位)
関カレ16年ハーフ39位・15年ハーフ9位
11月に28分44秒の自己ベストを出すと、甲佐10マイルも47分19秒と順調。

花沢賢人
箱根17年(補欠)・15年補欠(105位)
全日本15年(4組10位)・14年2区14位(2組3位)
関カレ16年5000M30位・15年5000M22位10000M9位・14年5000M22位
強直性脊椎炎と折り合いをつけながら走っている。高島平60分50秒と好走。

中村陵介
箱根16年補欠(220位)
全日本15年補欠
高島平62分21秒、翌週30分22秒、11月は30分51秒と秋になってあまり良くない。

2年
塩尻和也
箱根17年(3区2位)・16年2区5位(8位)
全日本16年(4組14位)・15年2区4位(1組3位)
関カレ16年3000SC1位10000M3位
3000SCでオリンピック出場。11月に28分42秒、甲佐10マイル46分55秒と好調。

金原弘直
箱根17年(4区10位)・16年補欠(190位)
全日本16年(2組20位)・15年補欠(1組25位)
大学に入って伸びた選手。高島平61分7秒、11月に29分42秒の自己ベスト。

吉岡幸輝
全日本15年補欠
高島平63分25秒も翌週29分41秒の自己ベスト。ただ、11月は31分0秒だった。

馬場スタン恵
箱根17年(補欠)・16年補欠
全日本15年補欠
出雲記録会で14分16秒の自己ベストを出すと11月に29分48秒と調子を取り戻してきた。

山田攻
4月の日本平桜マラソンで山本修(東洋)と20秒差の好走。高島平は62分42秒も、翌週30分23秒の自己ベスト。

1年
橋本龍一
全日本16年(2組21位)
関カレ16年5000M26位
6月に29分台を出している選手。秋は10月に14分35秒で走っただけで、記録挑戦会も欠場。

野田一輝
箱根17年(5区6位)
全日本16年(1組17位)
関カレ16年3000SC8位
高島平は腹痛で63分34秒も11月の記録会で29分0秒の自己ベスト。

難波皓平
全日本16年(3組28位)
高2でIH5000M決勝に残った選手。11月に29分22秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
江口智耶(2年)…高校時実績があり、大学でもそこそこ走れている。11月の記録会では3000M×3本走った。

予想オーダー
西澤4―塩尻2―野田1―栃木3―甲斐4
橋本1―花澤3―金原2―聞谷4―作田4
山下りでレースに出ていないのかなと思っていた江口がエントリー漏れは残念ですが、主力にエントリー漏れはありません。6区候補で記録挑戦会29分台出した甲斐大が外れたのはやや意外でしたが、まずまず順当なエントリーができたと思います。甲佐10マイル栃木の方が良かったですが重要度増した4区にして、箱根・出雲とスターターを経験している西澤を1区と予想。区間上位はやや厳しいかなと思いますが、クレバーな走りで区間中位ではまとめてくれるでしょう。塩尻は67分台十分狙えると思いますし、2区終了時点で6強と競るぐらいの展開にもっていきたいところ。野田は20kmがやや未知数ですが、高校のころから駅伝できちんと走れており、10000M29分0秒まで伸ばしたので3区。やや苦手としている区間ですが、何とか64分台でカバーしたい。3区で苦戦した分4区で巻き返す意味を込めて栃木。区間5位くらいで来られると良い流れで山に持っていけると思います。5区は山田と甲斐智が準備をしていると思うので、甲斐智にしておきました。ただ、区間5位にはやや走力が足りない気もしますし、平地は1枚余っているので聞谷を持ってきても良いと個人的には思っています。甲斐大が外れたということで森の他に候補が入っているだろうと思い、試合出走が少なくアンケートに6区と回答している橋本を6区と予想。力はある程度あると思いますが、1年ですし60分台で走ってくれれば嬉しいくらいで背負いすぎず走ってほしいです。花澤は状態がよければ攻められる区間、最悪欠場して11,12番目の選手が走っても粘れる区間として7区と予想。ひとまず出走して区間一桁で走ってほしいです。10人目は金原か難波で迷いましたが、20kmでも成績を残している金原にしました。9,10区は復帰してからほぼ区間一桁と選手を残す傾向にあると思うので、聞谷と作田。2人とも区間5位以内に入っても驚かないです。全体的には5,6区さえしっかりと走れればシード権は十分取れると思います。ただ、6強にくい込むには3,7,8区あたりの力不足が気になるかなという印象です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。