スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会展望(10)上武大学

4年
東森拓
箱根16年1区20位(13位)・14年4区18位
全日本15年(4組27位)・12年補欠
実力はあるが故障が多い。日本インカレ5000Mは良くなかった。間近の記録会はペースメーカー。

森田清貴
箱根16年5区9位(33位)・15年5区15位(61位)・14年補欠(191位)
全日本15年(2組13位)・14年6区10位
関カレ16年ハーフ5位・15年3000SC予選・14年3000SC6位・13年3000SC予選
主将。今年の箱根は孤軍奮闘だった。間近の記録会29分40秒の自己ベスト。

佐藤史弥
箱根16年補欠(179位)
昨秋以降エントリーに絡んできている。間近の記録会は30分36秒。

馬本匠
箱根16年6区20位
全日本16年(4組37位)・15年(1組30位)
関カレ15年5000M33位・14年1500M予選
春先は好調だったが、間近の記録会は30分24秒。

上田隼平
箱根16年8区15位(117位)・15年補欠(77位)
全日本16年(1組26位)・14年5区15位
関カレ16年ハーフ9位
2年からチームに貢献している。今年は好調で間近の記録会も29分47秒の自己ベスト。

3年
坂本佳太
箱根16年10区20位(26位)・15年3区16位(65位)
全日本16年(4組21位)・15年(3組32位)・14年2区20位(4組33位)
関カレ15年5000M18位・14年5000M29位
力はあるがやや波もある選手。昨年の箱根予選会は終盤で少し失速した。

佐藤駿也
昨秋に30分14秒48の自己ベストを出すと間近の記録会は30分14秒08の自己ベスト。

2年
太田黒卓
箱根16年(138位)
全日本16年(3組21位)
IH800M8位のスピードランナー。前半戦大きく成長して間近の記録会は30分27秒の自己ベスト。

大森樹
全日本16年(2組19位)
関カレ16年ハーフ16位・15年3000SC予選
学生ハーフ65分半、4月末に30分11秒の自己ベストなど前半戦大きく成長した選手。

石井僚
高校時都大路6区13位で走っている。間近の記録会30分57秒の自己ベスト。

松下恭一郎
高校時都大路4区出走している。間近の記録会31分15秒だった。

淵喜輝
間近の記録会30分9秒の自己ベスト。

関佑斗
間近の記録会30分32秒の自己ベスト。

1年
橋立旋
都大路3区33位の実績がある。間近の記録会30分23秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
志塚亮介(4年)…2年からチームに貢献している選手。箱根予選会60分台の経験有り。
井上弘也(3年)…1500M3分44秒で走るスピードランナー。昨年は60分台で走ってくれた。

60分以内…東・坂本
60分半以内…森田
61分以内…上田
61分半以内…太田黒・大森・馬本
62分以内…佐藤史・佐藤駿・淵
62分半以内…橋立・関
63分以内…石井・松下

これで10時間12分以内ですか…。各選手出せないタイムではないですが、自分の実力を出し切ってやっと昨年と同じタイムくらいになると思います。卒業生の穴がもともと若干あった上に、志塚・井上・河崎・田中と万全ならば60分台も期待できる選手が4人も外れたのは正直痛い。2年連続やばい状況で危機感に慣れつつないかもポイント。太田黒・大森などの前半戦伸びた2年生がどれだけ走れるかが一番期待しています。ただ、ボーダーよりは下の位置にいると思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。