スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会展望(8)大東文化大学

4年
北村一摩
箱根16年10区19位(1区14位)・15年7区17位・14年補欠(160位)
全日本16年(3組26位)・15年2区17位(3組4位)・14年3区10位・13年5区13位(1組18位)
関カレ16年10000M30位・15年5000M14位
トラックは得意だが、ロードはかなり苦手としている。間近の記録会29分20秒。

鵜沢駿介
箱根16年6区8位
全日本15年5区9位・14年補欠
昨秋にブレイクした選手。間近の記録会29分44秒の自己ベスト。

下尾一真
箱根16年3区15位
全日本16年(2組22位)・15年3区16位・13年補欠
関カレ16年10000M31位
主将。昨年12月にブレイクした。間近の記録会29分37秒。

鈴木太基
箱根16年補欠
全日本16年(1組8位)
前半戦安定しており全日本予選会も好走。間近の記録会29分58秒の自己ベスト。

3年
原法利
箱根16年9区10位(3区9位)・15年4区16位
全日本16年(4組22位)・15年1区27位(4組35位)・14年補欠(1組7位)
関カレ16年ハーフ4位・15年ハーフ33位
ロードではエースとして期待される選手。間近の記録会29分25秒の自己ベストと好調。

山本翔馬
箱根16年補欠(補欠)・15年補欠
全日本16年(1組13位)・15年8区17位(1組12位)・14年補欠
関カレ16年ハーフ17位・15年3000SC8位・14年3000SC予選
やや波があったが、比較的安定してきた印象。間近の記録会29分29秒の自己ベスト。

林日高
箱根16年5区19位・15年補欠
全日本15年補欠
昨年の上尾ハーフからググッと伸びてきた選手。間近の記録会29分51秒と順調。

牧田侑大
間近の記録会30分11秒の自己ベスト。

2年
新井康平
箱根16年1区19位(補欠)
関カレ15年1500M予選
今年の箱根では64分11秒と非常に粘った。日本インカレ14分19秒、間近の記録会30分10秒。

谷川貴俊
箱根16年補欠
全日本16年(2組5位)
関カレ16年ハーフ26位・15年5000M48位
前半戦10000Mの自己ベストを出すなど好調だった。間近の記録会29分32秒の自己ベスト。

斎藤諒
箱根16年(補欠)
全日本16年(3組16位)
関カレ16年10000M17位
前半戦大きく伸びて主力となった選手。間近の記録会は30分3秒だった。

立石悠
間近の記録会30分46秒の自己ベスト。

1年
奈良凌介
全日本16年(4組34位)
奈良監督の息子。間近の記録会29分36秒の自己ベスト。高校のロードは非常に安定していた。

川澄克弥
都道府県5区4位と高3でぐんと伸びた選手。間近の記録会29分57秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
大久保陸人(2年)…元祖山の神を父に持つ。昨年の全日本以降レースに出ていない。

60分半以内…原
61分以内…下尾・新井・鴇沢・山本・斉藤・谷川
61分半以内…鈴木・北村・林・奈良
62分以内…川澄・牧田
63分以内…立石

全日本予選会のエントリーとは変わってガラッと選手を揃えてきました。10時間11分以内ですが、少し甘めに見たタイムです。ただ、このチームの良いところは11,12番手まである程度期待できる選手を用意できていること。主力が一人くらい撃沈してもだいたいカバーできると思います。大きな作戦ミスなどなければ比較的通過できると思いますが、上位通過するほど抜けた選手がいないので中位から下位通過が基本となりそう。全日本・箱根に向けては下級生がしっかりと20kmまで距離対応できているところを結果として見せてくれれば更に期待が上がりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。