スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(18)日本体育大学

1区小町昌矢区間11位(10位と+19秒差)
2区奥野翔弥(11→12)区間12位(+36秒差)
3区小松巧弥(12→9)区間8位(11位に-11秒差)
4区城越勇星(9→8)区間8位(-21秒差)
5区室伏穂高(8→13)区間17位(10位と+30秒差)
6区秋山清仁(13→7)区間新(11位に-1分23秒差)
7区勝亦祐太(7→7)区間11位(-1分7秒差)
8区吉田亮壱(7→5)区間5位(-2分32秒差)
9区周防俊也(5→7)区間9位(-4分26秒差)
10区小野木俊(7→7)区間7位(-5分18秒差)
総合順位7位(往路13位・復路4位)
【MIP】秋山清仁…本人すら驚きのタイムで区間新の走りを見せ、チームの順位を6つ上げる。
予想14位(往路16位)区間は2区6区が的中
1区6区という両日のスターターが予想以上に頑張ってくれました。区間は小町5区情報に騙された(笑)。5区室伏惑わされたのは仕方ないにしても、7区勝亦は当てたかったです。小町は中盤まで良くても終盤我那覇のように失速してしまうかなと思いましたが、最後まで粘り62分台と好走してくれました。奥野は塩尻・工藤に引っ張られるように前半突っ込みましたね。さすがに終盤は昨年と比べて遅くなりましたが、それでも粘って69分台。我慢となる1,2区で36秒しかシードから離れなかったのは良かったと思います。小松・城越は安定したペースで走ってくれました。小松は期待はずれだった坂口・松枝・木津をしっかりと交わし、城越は栃木・永山にはついていけなかったものの、繋ぎ区間だった山本・瀬戸口は交わして順位を上げました。室伏は15kmきつくなるかなとおもっていましたが、登りに入って一旦切り替えたもののそれが長続きしませんでした。それでも、終盤何とか粘って他大学も良くなかったこともありシード権から30秒差に収めました。往路は最後10位以内から落ちたものの、富安が使えず吉田も復路に回した中で30秒差というのは上出来だったと思います。1,2区しっかりと耐えて、大きく誤算となる区間もありませんでした。
秋山は58分台でシード圏内は考えていましたが、まさか千葉の記録を上回ってくるとは思いませんでした。全ての部分が昨年よりよく、最初15分台で入ったものの、後半千葉の記録に30秒くらいしかつめられませんでした。勝亦はムラのある選手なので不安でしたが、どの部分も11位と安定して走ってくれました。吉田は終盤まで単独走でしたが、昨年のように中だるみすることなくしっかりと安定して走ってくれました。もともと稼ぐ区間でしたが、順位を二つ上げしっかりと役割を果たしてくれました。周防は秋以降20kmでの結果が残せていなかったので、何とか区間15位くらいで走ってくれないかなとおもっていましたが区間一桁は驚きました。序盤突っ込んで中盤粘っただけで十分満足だったのですが、終盤もう一度切り替えてくれました。小野木は前半ハイペースで入って、後半疲れたものの粘ってくれました。順位は良くも悪くも想定通りといった感じでしたが、積極的な走りをして順位もキープできたのは良かったと思います。復路は秋山が区間新まで出して11位と1分以上の差をつけたのでまだ楽になりましたね。波のある勝亦がしっかりと粘ると、8区以降安定した走りだけでなく、序盤や終盤きっちりと攻めることができました。秋山が目立ったものの全体的には難区間に挑んだ室伏以外全員区間12位以上と各選手の安定した走りのおかげでシード権を獲得することができました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。