スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生のまとめ&2016年度の展望(12)順天堂大学

4年
松枝博輝
箱根16年3区14位(18位)・15年5区16位(153位)・14年8区11位(1区11位)・13年3区16位(5区10位)
全日本15年1区12位(4組3位)・14年補欠(4組19位)・13年2区8位(4組27位)
関カレ15年5000M3位10000M5位・14年5000M32位・13年1500M2位5000M31位

田中孝貴
箱根16年5区8位(67位)・15年2区12位(24位)・14年9区5位
全日本15年3区9位・14年1区14位(3組5位)・13年8区9位(1組26位)
関カレ14年ハーフ16位

稲田翔威
箱根16年7区5位(34位)・15年4区6位(35位)・14年3区15位(補欠)・13年補欠
全日本15年5区5位(3組23位)・14年4区11位(2組8位)・13年5区7位(2組10位)・12年(1組29位)
関カレ15年ハーフ11位・13年ハーフ27位

小盛玄佑
箱根13年(補欠)

相浦亮
関カレ14年3000SC予選・13年3000SC予選
チームの主力として下級生から活躍したのが松枝・田中・稲田でしたね。松枝はもともと中距離の選手でしたが、1年目の春先から大きく5000Mの自己ベストを伸ばし、10000M29分24秒を出し箱根も粘走。2・3年時は故障もあったものの、トラックでは関カレ1500M2位、5000M13分40秒台まで伸ばすと、4年生になってから故障がなくなって関カレ5000M日本人トップと個人の成績も上げるとともに、主将としてチームの成績も引き上げました。全日本予選会で3年連続最終組を走るなどトラックでエースとして活躍したのが松枝ならロードでエースクラスとして活躍したのが田中。1年春先に30分20秒で走ったものの目立っていませんでしたが、2年全日本予選会に出走し秋以降飛躍して箱根9区5位と好走。3年は箱根2区、4年も前半戦は故障だったものの、箱根5区と最難関区間で粘り強く走ってくれました。都道府県5区7位の稲田は1年から29分台を出すと、2年以降チームに貢献。壽屋に就職したり小盛に給水をお願いしたりと細かいところではかなり存在感があった一方で、松枝や田中ほど走りではインパクトは与えられませんでしたものの、故障がなく安定して結果を残し続けました。2015年以降は繋ぎ区間でポイントゲッターとなってくれました。他、社会人から箱根を目指し1年出雲エントリーに入った小盛、2年全日本予選会選ばれると思われた斎藤など下級生調子良かった選手がいたものの、上級生になってそこから伸びることができませんでした。

3年
西沢卓弥
箱根16年1区12位(82位)・15年7区4位(117位)・14年4区19位(補欠)
全日本15年7区8位・14年3区14位・13年補欠

聞谷賢人
箱根16年9区12位(49位)・15年10区9位(69位)・14年10区8位
全日本15年4区13位(3組13位)・14年6区11位(1組11位)・13年6区13位
関カレ15年ハーフ7位・14年10000M19位

作田直也
箱根16年10区2位・15年補欠(98位)
全日本14年補欠

森湧暉
箱根16年6区14位(85位)・15年6区11位・14年補欠(4区6位)
全日本15年6区6位(2組28位)・14年補欠(3組8位)・13年3区10位
関カレ15年10000M21位

甲斐智樹
箱根16年8区13位(110位)

甲斐大貴
箱根16年補欠

安斎宰
関カレ15年1500M予選・14年1500M5位5000MDNF・ 13年1500M10位5000MDSQ

山下智貴
関カレ15年3000SC予選
この学年で一番期待しているのは西沢です。前半戦は7月に14分14秒の自己ベストを出したものの故障で出遅れました。秋以降繋ぎ区間ではまずまずかなというくらいにはなりましたが、記録挑戦会29分17秒箱根1区好走と11月以降ここまで飛躍するとは思いませんでしたね。2014年度の箱根のあとも成長していますし、栃木と並び準エース区間を期待しています。また、聞谷も自己ベストは記録挑戦会の29分22秒だけでしたが、関カレ・全日本予選会・箱根予選会と全て成績を上げました。主要区間ではまだまだ勝負とは言えませんが、しっかりと粘れていますし貴重な戦力だと思います。西沢と同じく最後ググッと伸びたのが作田。前半戦は15分前後、箱根予選会エントリーに入ったものの出走せず10月までは全然でしたが、上尾ハーフ64分10秒、記録挑戦会29分49秒の自己ベストを出すと箱根10区驚きの好走。今春も14分12秒、29分45秒の自己ベストを出すなど一気に主力にまで成長してしまいました。森は4月に29分10秒の自己ベストを出したものの、関カレ・全日本予選会とうまくいかず。箱根予選会・全日本はまずまず走りましたが、状態が良くなかったとはいえ箱根粘れずとこの1年うまくいきませんでした。他、甲斐智は全く目立っていませんでしたが、箱根予選会好走すると箱根でもしっかりと走りました。ただ、箱根6区区間エントリー入った甲斐大にも言えることですが、2016年度下級生の力があるだけに更に力をつけないと4年生で箱根走れない可能性が高いです。安斎は関カレ結果残せませんでしたが、日本選手権決勝に進出しています。

2年
栃木渡
箱根16年4区3位(55位)・15年8区15位(53位)
全日本15年8区11位(2組14位)・14年5区14位(1組20位)
関カレ15年ハーフ9位

花沢賢人
箱根15年補欠(105位)
全日本15年(4組10位)・14年2区14位(2組3位)
関カレ15年5000M22位10000M9位・14年5000M22位

中村陵介
箱根16年補欠(220位)
全日本15年補欠

村島匠
全日本14年補欠
関カレ15年3000SC予選・14年1500M予選3000SC1位

城西廉
箱根16年補欠・15年補欠
関カレ15年1500M予選

新涼太
箱根15年補欠
栃木は2年の間に14分11秒、29分2秒、63分0秒まで伸ばし、全日本アンカー、箱根4区3位と良いスピードで成長していると思います。西沢とともに塩尻に次ぐ選手として活躍してほしいところ。本来塩尻に次ぐ準エースとなる花澤は前半戦13分57秒、28分49秒の自己ベストを出し、関カレ・全日本予選会と活躍したものの、強直性脊椎炎を発症。3月末に復帰してgwに14分台、関カレ5000Mにもエントリーされていますが、秋以降万全の状態で復帰できるようにじっくりと戻してほしいです。村島は関カレ800Mにもエントリーされるなど完全に中距離にシフトしました。良いと思いますが、2年時はそれまでの記録は悪くなかったものの、関カレ予選落ちしただけにしっかりとポイントをとって欲しいです。城西・中村は記録挑戦会30分半で走って箱根エントリーに加わりましたが、今年は29分台か64分台を出さないと10人の争いに入ってくるのは厳しいです。

1年
塩尻和也
箱根16年2区5位(8位)
全日本15年2区4位(1組3位)

江口智耶
箱根16年補欠(140位)
全日本15年補欠

金原弘直
箱根16年補欠(190位)
全日本15年補欠(1組25位)

續木悠也
関カレ15年3000SC6位

吉岡幸輝
全日本15年補欠

馬場スタン恵
箱根16年補欠
全日本15年補欠

山田航
関カレ15年1500M予選
なんといっても塩尻でしょう。春先は自転車に乗ったときに怪我をして出遅れましたが、全日本予選会で復帰し、ホクレン29分12秒。秋以降箱根予選会59分台、10000M28分台を出すなど1年目からエースとして活躍してくれました。それに続いたのが江口と金原。江口は思ったほど目立てなかったものの5000Mを中心に安定した走りをし、箱根予選会チーム10番手。金原は5月に29分台を出すと、全日本予選会・箱根予選会を経験。2年になってからも14分18秒、29分52秒の自己ベストを出しています。全日本予選会・全日本・箱根とエントリーには入りましたが、成績にムラがあり、良いときでも10000M30分半くらいとあまりよくありませんでしたね。むしろエントリーにははいりませんでしたが、小林が14分28秒、30分半、上尾ハーフ65分20秒とまずまず。吉岡は10月に14分37秒、2年になってから14分32秒の自己ベストを出しています。他、山田攻が記録挑戦会30分48秒の自己ベストを出し、2年の日本平桜マラソンで山本修(東洋)に20秒差と健闘しました。

新入生情報(3月30日の順大記録会以降の自己ベストは入れていません)
難波皓平 専修大松戸(千葉)13.59.33
14年IH5000M12位・15年都道府県1区10位・16年都道府県4区13位
野田一輝 西京(山口)14.19.49
14年都大路6区5位・15年都道府県4区27位・15年IH3000SC6位・15年都大路3区5位・16年都道府県5区14位
橋本龍一 法政二(神奈川)14.21.06
15年都道府県1区38位・15年都大路1区33位・16年都道府県1区15位
藤曲寛人 加藤学園(静岡)14.25.05
13年都大路2区22位・14年都大路3区25位・15年都道府県5区25位・15年都大路1区27位
香月翔太 瓊浦(長崎)14.31.20
15年都大路1区44位・16年都道府県4区17位
森優太 東海大山形 14.27.56
14年都大路1区48位・15年都道府県4区35位・15年都大路1区48位・16年都道府県4区27位
小畠隆太郎 鎮西学院(長崎)14.29.66
平川貴稀 小林(宮崎)14.34.74
大場遼 前橋育英(群馬)14.35.09
14年都大路5区16位
高林遼哉 浜松日体(静岡)14.43.62
鈴木雄人 浜松日体(静岡)14.46.31
黒柳宏暢 高崎(群馬)14.49.32
小林哲平 田村(福島)14.53.40
小坂竜也 鳥取中央 14.57.66
昨年ほどではないものの、良いリクルートができたと思います。現時点で1年目から即戦力になりそうなのが難波・野田・橋本の3人。2年時一番活躍したのが難波でIH5000M決勝進出、都道府県1区好走。3年時は大舞台では2年ほど結果を残せていないものの、12月に13分台を出すと大学に入って初10000Mで29分台出しています。野田は都大路3区で遠藤に次ぐ日本人2位の好走。3年の都大路・都道府県ともに下位で受け取りながらしっかり走っていますし、GWの記録会悪条件ながら30分10秒の自己ベストとどんな展開でもしっかりと走ってくれそう。大学に入って勢いに乗っているのが橋本。もともと都大路初出場の立役者、都道府県1区で好走していましたが、3月末に14分14秒、14分8秒と立て続けに自己ベスト、関カレ5000Mどれくらい走るか楽しみです。藤曲も高校の実績十分な選手。3月末に14分22秒の自己ベストを出していますし、1年目から全日本か箱根のエントリーには入ってくることを期待しています。都道府県4区17位の香月、都大路2年連続1区走った森、14分30秒前後の自己ベストを持つ小畠、平川、大場からも伸びてきて一つ上の学年とともに層の厚いチームにしてもらいたいところ。他、鈴木が3月末に14分36秒の自己ベストを出しています。

まとめ
1年生は思ったより伸びなかったものの西沢・甲斐・作田といった3年生が伸びて層の問題が改善され、全日本シード権争い、箱根6位と結果を残した1年となりました。主力が3人抜けるのは痛いですが良いリクルートができましたし、短期的には少し戦力ダウンするものの、より強いチームを作れると思います。松枝主将が変えた雰囲気をしっかりと引き継いで数年前の青学・明治、今の早稲田・東海あたりのように安定して上位に入れるチームを作りたいところです。

現時点の箱根予想オーダー
西沢4ー塩尻2ー橋本1ー栃木3ー野田1
森4ー花澤3ー難波1ー作田4ー聞谷4
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。