スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生のまとめ&2016年度の展望(11)上武大学

4年
山岸塁
箱根16年3区19位(42位)・15年9区13位(46位)
全日本15年(1組28位)・14年4区14位(2組2位)
関カレ15年ハーフ52位

田林希望
箱根16年2区19位・15年8区10位(60位)
全日本15年(4組22位)・14年7区11位(1組9位)
関カレ12年3000SC予選

石黒大介
箱根16年補欠(172位)・15年補欠・14年補欠(252位)・13年補欠(170位)
全日本14年補欠

三好慎平
箱根15年7区15位(155位)・14年6区17位
全日本14年補欠(1組4位)・13年(OP15位)
関カレ15年10000M29位・14年10000M17位・13年10000M38位

池崎元気
関カレ14年ハーフ13位

東森拓
箱根16年1区20位(13位)・14年4区18位
全日本15年(4組27位)・12年補欠
東は残るので3年の欄に回すとして、もともと最も期待されていたのは10000M29分台を持つ田林でした。2年途中までは良くなかったものの、秋以降まずまず走れるようになると3年全日本予選会以降完全に主力に。ただ、4年になってからは全日本予選会最終組で自己ベストを出したものの、夏に故障して箱根にはギリギリ間に合わせました。この学年で一番伸びたのは山岸でしょう。下級生のころからじわりと伸びてきていたものの、もともと実力がなかったので目立っていませんでした。しかし、3年の全日本予選会で好走するとややムラもあったものの、3年の箱根予選会と箱根、4年の箱根予選会と好走してチームに貢献しました。また、三好も長い距離には対応できませんでしたが、2年秋に29分台を出し箱根6区上武大記録まであと3秒、3年の全日本予選会好走してもう一度箱根出走できました。石黒は1年から箱根予選会に出走したんですよね。ただ、ハーフ66分前後、10000M30分台後半からなかなか成長できず。3年時に30分11秒、64分半を出したものの、最終学年は見せ場を作れませんでした。他、都大路2区14位の実績を持って入学した池崎は3年関カレハーフ健闘しました。

3年
森田清貴
箱根16年5区9位(33位)・15年5区15位(61位)・14年補欠(191位)
全日本15年(2組13位)・14年6区10位
関カレ15年3000SC予選・14年3000SC6位・13年3000SC予選

志塚亮介
箱根16年9区18位(189位)・15年補欠(51位)・14年補欠(159位)
全日本14年補欠・13年(OP27位)
関カレ14年ハーフ18位

上田隼平
箱根16年8区15位(117位)・15年補欠(77位)
全日本14年5区15位

河崎裕史
箱根16年補欠・15年10区17位
全日本15年(3組21位)
関カレ15年ハーフ9位

馬本匠
箱根16年6区20位
全日本15年(1組30位)
関カレ15年5000M33位・14年1500M予選

佐藤史弥
箱根16年補欠(179位)

宮本和基
関カレ15年ハーフ38位

岡添大樹
全日本13年(1組38位)
2015年度も4年生でしたが、1年休学していたため最終学年となる東がチームの中心でしょう。今年度は全日本予選会最終組29分51秒の自己ベスト、9月末に29分24秒の自己ベストを出すと箱根予選会59分台の快走を見せました。走れれば安定感があるだけに、故障にだけは気をつけてもらいたい。純粋な3年生では主将の森田がチームの主軸。春先は良くなかったものの全日本予選会まとめると秋以降安定しており箱根予選会・箱根と好走。10000Mの自己ベストは29分40秒台ですが、長い距離で力を発揮しています。その他で良かったのは上田。前半戦は良くなかったものの、秋に調子を戻して箱根予選会粘ると箱根も厳しい展開の中踏ん張りました。今春29分51秒の自己ベストを出していますし、箱根予選会では少しでも稼いでほしいところ。河崎は関カレまずまず、全日本予選会自己ベストと前半戦良かったものの、夏に故障すると学生ハーフ66分3秒、今春も5000M15分半かかるなどまだまだ本調子ではない模様。志塚は箱根前に調子を戻して箱根は実力を出せたものの、年間で見ると低調で最終学年は2年時くらい走ってほしいですが…。馬本は上尾ハーフ・学生ハーフともに66分前後、箱根6区撃沈していましたが、今春30分6秒の自己ベスト。佐藤は30分台後半で安定しておりまだまだ力が足りないなとおもっていましたが、今春30分26秒の自己ベスト。というように、新体制でジワリと成長しています。

2年
坂本佳太
箱根16年10区20位(26位)・15年3区16位(65位)
全日本15年(3組32位)・14年2区20位(4組33位)
関カレ15年5000M18位・14年5000M29位

井上弘也
箱根16年4区20位(68位)・15年1区19位(288位)
全日本15年(2組3位)・14年3区8位(2組16位)
関カレ15年1500M1位5000M6位

松村修平
箱根16年補欠(188位)
関カレ14年3000SC予選

山岸広海
箱根16年(178位)

小林淳輝
関カレ15年1500M予選

塩川香弥
関カレ15年3000SC予選
森田・東とともに主軸となっているのが坂本と井上。坂本は箱根予選会60分20秒、井上は関カレ大会記録で優勝と成長は見せました。ただ、坂本は前半戦調子を落としていた時期があったので、2016年度は春先の勢いのまま好走したい。また、井上はチーム状況を考えれば箱根予選会60分半切れるぐらいまで対応してほしいです。ただ、それに続く選手を作れませんでしたね。山岸広が30分50秒、また松村も30分50秒上尾ハーフ65分少しで走り、2人とも箱根予選会も大崩れこそしなかったもののまだまだ実力は物足りない。秋に14分33秒の自己ベストを出し上尾ハーフ65分台今春に29分台を出した小林淳、秋に30分14秒を出している佐藤駿あたりもより伸びてきてほしいです。

1年
田中佑弥
箱根16年7区20位

太田黒卓
箱根16年(138位)

熊倉優介
関カレ15年1500M9位

大森樹
関カレ15年3000SC予選
思ったより1年で伸びた選手が多かったというのが正直な印象。最も良かったのは田中。11月に14分19秒の自己ベストを出すと、上尾ハーフ64分台を出しました。思ったよりも距離対応が早かったのが太田黒で箱根予選会チーム6番手で通過に貢献。その後ムラがあるものの、学生ハーフ65分台今春14分39秒の自己ベストを出しています。また、大森は箱根予選会にエントリーされると、その後きっちりと練習が積め学生ハーフ65分半、今春30分11秒の自己ベスト。ドラ1の熊倉は関カレ1500M決勝に進出すると10000M30分42秒、ハーフ66分台と下地は作れたでしょうか。他、淵が30分40秒台、ハーフ66分台出しています。

新入生情報
橋立旋 中越(新潟)14.43.04
13年都大路3区33位・15年都大路3区39位
佐々木守 山形中央 14.48
15年IH3000SC7位・16年都道府県5区41位
川原巧 北海道栄 14.40.33
14年都大路5区53位・15年都大路3区42位
熊井現 徳島科学技術 14.52
14年都大路4区37位・15年都道府県4区38位・15年都大路7区31位
熊井康 徳島科学技術 14.42
14年都道府県1区45位・14年都大路6区53位・15年都大路6区36位
上前法誠 遊学館(石川)
15年都大路4区47位・16年都道府県4区47位
北脇庄之佑 滋賀学園 15.09
15年都大路2区32位
武田貫誠 滝川西(北海道)14.54.34
庄拓実 花咲徳栄(埼玉)14.54
安達奨真 村上桜ヶ丘(新潟)14.55.55
島津達洋 仙台育英14.57
石井智大 田村(福島)14.58.57
野上蓮 水城(茨城)15.03.71
岡山翼 水戸工業(茨城)15.05 30.38.98(10000M)
隅川洋輔 熊本国府 15.08
斎藤優 足利工業(栃木)3.55.36(1500M)
どんどんリクルートが悪くなっているのかなという気もします。例年なら都大路1区30位台の選手や繋ぎ区間10位台の選手もいますし…。ただ、箱根予選会61分台走れる選手を2人くらい育てたいところ。都大路3区走っている橋立や川原、IH3000SC入賞している佐々木、都道府県経験している熊井・上前あたりにとくに期待したいです。

箱根予選会
60分以内…東
60分半以内…坂本・森田
61分以内…井上
61分半以内…上田・志塚・河崎
62分以内…太田黒・大森・田中
62分半以内…馬本・佐藤史・松村・山岸・小林淳
10時間12分半以内

まとめ
卒業生の穴は他大に比べて大きくないものの、もともと安心して任せられる選手が少なかった上にリクルートも良くなかったため、かなり戦力ダウンした気がしていました。ただ、予選会を各選手ごとに予想してみると、ボーダーちょい下くらいでは留まっていますね。花田監督からかわりましたが、今まで花田監督の育成でチームを支えてきた反面、近年1ランク上のチームになろうともがき苦しんでいた気がしますし、監督が代わる前からこれからチームがどうなっていくか未知数だなと思っていました。全日本予選会は得意としているチームですし、後半の組は走れる選手が揃っているので、今春伸びてきている選手がしっかり走れればサプライズ通過もあると思います。箱根予選会は4番手以下の選手は実績や勢いなど30秒は十分上げられるだけに、4番手以下の選手がここからどれだけ上げていけるかがカギになるでしょう。逆に、志塚・河崎が本調子に戻らないとかなり厳しいと思います。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。