スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生のまとめ&2016年度の展望(9)専修大学

4年
上手慶
箱根16年(166位)・13年(204位)
全日本15年(4組16位)・ 14年(4組22位)・13年(2組24位)
関カレ15年5000M11位10000M32位・14年5000M28位

加藤平
箱根15年(199位)・14年補欠
関カレ15年10000M23位

阿部良平
箱根16年(177位)・15年(217位)
全日本14年(3組32位)
関カレ15年ハーフ35位

森夏樹
全日本14年(1組27位)
関カレ14年10000M31位・13年5000M21位

迫田和也
箱根16年(247位)
関カレ15年3000SC予選・14年3000SC予選

野崎健人
関カレ12年3000SC予選
トラックで活躍した選手はいたものの、長い距離ではなかなかチームに貢献できなかった学年でした。1年から29分40秒前後を出し目立ったのは上手と森。上手は長い距離では結果を残せなかったものの、3,4年で全日本予選会最終組しっかりと走るなどトラックでエースとして活躍しました。森は2年時に29分15秒まで自己ベストを伸ばしたものの、上級生になってから目立った結果を残せませんでした。2年の箱根予選会以降出てきたのが加藤。29分42秒、学生ハーフ64分台で走ると3年もまずまず走りました。4年の春先に14分19秒、29分25秒の自己ベストを出して稼ぐ役割が期待されたのですが、関カレ以降レースにはでられませんでした。阿部は3年の全日本予選会で3組に抜擢されると、3年冬に29分45秒、箱根予選会も2度出走しました。他、3年に29分台を出し、最後の箱根予選会出走した迫田もいます。

3年
丸山竜也
箱根16年2区9位(23位)・14年(97位)
関カレ15年5000M37位・14年10000M24位

濱野優太
箱根16年(56位)・14年1区20位(47位)
全日本15年(2組2位)・13年(OP5位)

小沢勇斗
箱根16年(80位)・15年(208位)
全日本14年(1組8位)
関カレ15年5000M39位

渡辺瑠偉
箱根16年(205位)・15年(135位)・14年補欠
全日本15年(4組34位)・14年(2組32位)
関カレ15年ハーフ51位

山崎泰弘
箱根15年(289位)

秋山隼人
全日本15年(1組19位)
関カレ15年1500M予選

坂本竜平
箱根14年(196位)
関カレ14年ハーフ58位

柗山航平
全日本15年(2組32位)
エースは丸山でしょう。箱根予選会チームトップ箱根2区好走し、箱根予選会以降13分58秒、28分46秒の自己ベスト、丸亀ハーフ62分台と短い距離も長い距離も対応できています。その脇を固めるのは濱野と小澤。濱野は1年以上レースに出ていなかったものの、4月に復帰。自己ベストは14分16秒、29分20秒ですが、箱根予選会2回とも60分台でまとめるなど長い距離の安定感があります。小澤は4月に4月に14分11秒、29分4秒の自己ベストを出すと、12月に14分8秒、28分51秒の自己ベスト。長い距離はやや不安ですが、それでも箱根予選会2桁で走っています。その3人に混じって欲しいのが渡辺。丸亀ハーフ63分4秒の自己ベスト。ただ、29分5秒の自己ベストを持ちながら関カレ・全日本予選会・箱根予選会全て撃沈するなど長い距離の安定感がほしいです。他、山崎は14分36秒、30分18秒とジワリと成長していると思っていましたが、12月にいきなり29分39秒の自己ベスト。秋山が全日本予選会まとめ7月に29分43秒の自己ベストを出すと、箱根予選会欠場以降レースにでていなかったものの、4月に1500M3分53秒で復帰しています。他、全日本予選会出走した柗山が箱根予選会後14分19秒の自己ベスト、12月に槻舘が14分18秒、30分1秒の自己ベスト、淺田が29分41秒の自己ベストと記録は着々と伸ばせています。


2年
風岡永吉
全日本14年(3組19位)
関カレ15年10000M36位

宮尾佳輔
箱根16年(173位)・15年(212位)

吉田裕晟
箱根16年(233位)
全日本15年(3組34位)

岩田拓海
箱根15年(179位)

櫻木健次朗
関カレ14年3000SC予選

近藤勇
関カレ15年3000SC予選・14年3000SC予選
この学年も力はあるんですよね。とくに力のあるのが風岡と吉田。風岡は11月に29分30秒の自己ベスト、丸亀ハーフ63分台。吉田は箱根予選会以降5000M,10000Mともに自己ベストを複数回更新し、10000Mは29分9秒まで記録を伸ばしました。ただ、風岡は全日本予選会・箱根予選会ともに出走できず、吉田は箱根予選会撃沈というように重要なところで力を発揮できるようにしてほしいです。宮尾は前半戦はあまり目立っていませんでしたが、箱根予選会以降10000M29分40秒の自己ベストを出すとこの春先も早速風岡・吉田とともに5000Mで自己ベストを出しています。岩田は11月半ばに15分24秒で走ったくらいで、ほぼレースに出られませんでした。

1年
川平浩之
箱根16年(98位)
全日本15年(1組20位)

藤井健吾
箱根16年(158位)
全日本15年(3組33位)

佐藤雄基
箱根16年(176位)
最も良かったのは川平でしょう。全日本予選会まとめると、箱根予選会二桁。また、ドラ1の藤井も全日本予選会3組で30分20秒で走ると、箱根予選会チーム5番手と合格点とはいえないものの、戦力にはなったと思います。ただ、2人とも箱根予選会以降レース出走がなく(川平は学生ハーフで復帰)、下半期はうまくいきませんでした。箱根予選会抜擢されてチーム8番手だった佐藤もそれ以降レース出走がなかったものの、瀬谷が6月に30分18秒、和田が12月に30分15秒、島田が12月に14分14秒の自己ベスト、宮下もコンスタントにレースにはでており、力はつけてきていると思います。

新入生情報
山下智也 米子松蔭(鳥取)14:42:83
13年都大路2区46位・16年都道府県5区26位
宮下晴貴 東海大三(長野)14:45:33
14年都大路3区41位
小林彬寛 専大松戸(千葉)14:37:10
塚原淳之 那須拓陽(栃木)14:42:22
15年都大路6区22位
長谷川柊 八海(新潟)14:41:30
横山絢史 滝川西(北海道)14:47:75
田淵智也 広島国際学院14:55:71
14年都大路4区53位
渡瀬薫 滋賀学園14:58:48
14年都大路2区32位・15年都大路3区53位
佐々木涼雅 東海大四(北海道)14:53:24
高橋将也 東海大四(北海道)15:16:94
豊作の年でしたが、この2年の箱根予選会惨敗具合を見ると昨年よりリクルートが落ちてしまったのは仕方ないと思います。ドラ1は都道府県5区26位の山下。タイムを伸ばしやすいチームですし、できれば川平くらい、少なくとも藤井くらいの役割はになってほしいところ。他、2年都大路3区41位の宮下、14分30秒台の自己ベストを持つ小林、都大路6区22位の塚原あたりは和田・島田のように初年度冬の記録会で結果を出して2年以降エントリーに絡んでくれれば。

箱根予選会
60分以内…丸山
60分半以内…濱野
61分以内…小澤・風岡
61分半以内…川平・渡辺
62分以内…吉田・宮尾・藤井・山下
62分半以内…29分台+佐藤など

新入生は例年より厳しいものの、卒業生の穴が少なくエースの丸山、28分台の小澤、安定している濱野などが最終学年を迎え勝負の年になります。箱根予選会出走するチームの中で10000Mの上位10人平均は最も良いものの、箱根予選会は全く安心できないですね。というのも、淺田・柗山のように29分40秒台を出しながら学生ハーフ68分台で走ってくる選手もいながら佐藤のようにいきなり好走してくる選手もいるんですよね。おそらく箱根予選会までハーフの出走はほぼないでしょうが、箱根予選会までどれだけ距離対応できるか次第だと思います。一方で、昨年惨敗も考えられながら思ったより健闘した全日本予選会が楽しみですね。メンバーを考えても、最終組は28分台の小澤&丸山、3組に安定感のある風岡&濱野、他にも全日本予選会経験者の渡辺、吉田、秋山、箱根予選会以降伸びた宮尾、淺田、和田など面白い選手がたくさんいます。個人的に予選のカギになると思っているのが渡辺、吉田、風岡。10000M,ハーフともにチームトップ3位以内の記録を持ちながら安定感に課題のある渡辺、力をつけてからまだ大舞台の出走がない吉田、安定感はあるもののなかなか予選会に出走できない風岡の3人ともがしっかり走れれば箱根予選会通過が濃厚だと思います(全日本予選会は2人が好走、1人が欠場以上)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

予選突破の力は十二分にあると思いますし、
エース力はあるので本選でも「うまくいけば」シード争いに絡むことが出来ると思います。
しかし、予選で「うまくいった」ということが少ないので、
正直どこまで予選および本選へ調整していけるかに尽きると思います。

Re: No title

山次第ではシード争いに絡めるだけに、「故障なくメンバーを揃えられるか」「走る選手がきっちりと実力を出しきれるか」という2つの意味で調整をきちんとできるかがカギを握っているでしょう。
個人的に全日本予選会のエントリー一番注目している大学です。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。