スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(11)大東文化大学

1区新井康平区間19位(20位に-1分9秒差)
2区森橋完介(19→18)区間18位(-2分5秒差)
3区下尾一真(18→18)区間15位(-2分34秒差)
4区中神文弘(18→18)区間19位(-1分39秒差)
5区林日高(18→20)区間19位(19位から+2分54秒差)
6区鴇沢駿介(20→20)区間8位(+32秒差)
7区大隅裕介(20→18)区間10位(20位に-2分33秒差)
8区立花克広(18→18)区間7位(-3分26秒差)
9区原法利(18→18)区間10位(-6分6秒差)
10区北村一摩(18→18)区間19位(-8分1秒差)
総合順位18位(往路20位・復路13位)
【敢闘賞】立花克広…やや予想外の出走も後半ペースアップしてチーム最上位の好走
予想13位(往路11位)区間は6区が的中
順位は新井が予想以上に頑張ったものの、林が思った以上に苦しみました。区間は北村や大隅、大久保の状態がわからなかったので個人的には仕方ないと思っています。
新井は予想以上のハイペースで芝山(中学)のようになってしまうかと不安でした。しかし、64分少しと長い距離の実績がない中よく頑張ったと思います。ただ、全体的にみれば1区で出遅れてしまったので、森橋は何とか田林は交わしたものの、その流れに引きずられてしまいました。下尾は長い距離の実績がないので不安でしたが、踏ん張ったと思います。ややムラもありましたが、中盤ペースを上げて区間15位と粘りました。中神はうまくいきませんでしたね。仕方なかったですが、新井・下尾が頑張ったことを考えるともう少し踏ん張ってほしかったです。林は急遽走ることになったこともあり、ボロボロでした。下りに入ってペースが上がるなど適性面も問題だったでしょうか。往路は1,3区に20kmの実績があまりない選手をおいた割に4区まで何とか耐えたというのが正直な気がしました。鴇沢は60分台で期待していた通り良いスタートをきってくれました。登りはゆったり入ったものの、徐々にペースを上げて終盤はかなりはやかったです。大隅は稲田・牟田・川端らとともに序盤良いペースで入りました。後半そのペースを保つことはできなかったものの、万全でない中大崩れしませんでした。立花は中盤までは目立っていませんでしたが、登りに入ってからペースアップ。走ると思っていなかったのですが、区間一桁の素晴らしい走りでした。原は序盤かなりハイペースで入りました。その後、一旦ペースがおちたもののきちんと立て直しました。北村は序盤何とかなったものの、そこから崩れてしまいました。復路は大隅・原といった主力は序盤から速いペースで走るという気概を見せ、初めて箱根を走る立花・鴇沢は徐々にペースアップできました。北村がうまくいかず順位はよくなかったですが、良い位置でレースをすすめ駅伝はできていたと思います。全体的に半数以上の選手は力を出し切り、収穫も多かったです。ただ、主力の選手の多くが復路を走るなど準備がうまくいきませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。