スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生のまとめ&2016年度の展望(4)中央大学

4年
徳永照
箱根16年2区16位(4位)・15年7区8位(18位)・14年7区7位(3区6位、189位)・13年7区14位(4区4位)
全日本15年(4組9位)・14年(3組31位)・13年(4組29位)・12年5区8位
関カレ15年5000M14位10000M11位・14年5000M16位10000M14位・13年ハーフ28位

三宅一輝
箱根14年4区13位(67位)
全日本15年(3組39位)・14年(2組9位)・13年(4組39位)
関カレ15年1500M8位5000M7位・14年1500M7位5000M11位・13年1500M3位5000M16位・12年1500M予選

小谷政宏
箱根16年5区14位(212位)・15年5区7位(81位)・14年5区13位
全日本15年(1組26位)
関カレ15年ハーフ30位

藤井寛之
箱根16年7区6位・15年3区15位・14年補欠・13年補欠(2区4位)
全日本12年補欠
関カレ15年10000MDNF

松原啓介
箱根16年10区13位(94位)・15年9区18位(32位)・14年(6区9位,220位)
全日本12年補欠
関カレ14年ハーフ38位

吉田匡佑
箱根14年(補欠)
全日本13年(2組30位)
関カレ15年1500M予選・13年1500M予選・12年1500M11位
入学してきた時はどの選手も少なからず実績があって結構期待されていたんですよね。多くの選手が力をつけたものの、チームも個人も苦労した4年間だったと思います。4年間軸となったのは徳永。高校時代から駅伝で安定感があり、大学1年でも三大駅伝全てに出走するなど堅実な走りを見せていました。2年以降やや波があったものの、それでも着実に成長。4年では日本インカレ10000Mや箱根予選会日本人トップでチームに大きく貢献しました。その次に主力となったのは三宅でしょう。1年の千葉国際クロカン4kmで鎧坂らに20秒近い差をつけ、優勝したところから頭角を表し、関カレ1500M3位、長い距離も短い距離ほどではないもののまずまずの走りを見せていました。ただ、3年以降は夏や秋に故障。関カレでは活躍した一方で、ロードではチームに貢献できませんでした。小谷は2年で箱根5区を登りましたが、あまり実績がない中で粘って驚きました。3年は記録会などはよくなかったものの、箱根予選会・箱根と大事なところで力を発揮しましたね。最終学年は記録会で好走した反面、大事なところでは展開が良くない時もあり、3年ほどチームに貢献することができませんでした。藤井・松原は1年から出雲に出走したり全日本にエントリーされたりしたものの、長い距離になかなか苦戦しているなという印象でした。ただ、3年秋になって松原が箱根予選会、藤井が上尾ハーフと距離対応した姿をみせました。3年の箱根はどちらも主要区間で苦戦し4年の前半戦もよくなかったものの、秋以降は松原が箱根予選会・箱根ともに安定した走りを披露、藤井は箱根7区で好走しました。徳永と近いレベルで期待された吉田は出雲エントリーに入ったり、昨年の学生ハーフ64分半で走ったりしたものの、最終学年はうまくいかず、全体的に走りではあまりチームに貢献できませんでした。

3年
町澤大雅
箱根16年1区4位(15位)・15年1区10位・14年3区16位(1区8位、270位)
全日本15年(4組40位)・14年(3組18位)
関カレ15年10000M3位・14年5000M17位・13年5000M17位

鈴木修平
箱根16年4区17位(71位)・15年4区13位(54位)・14年補欠(4区9位)
全日本15年(3組37位)・14年(2組13位)
関カレ15年ハーフ35位・14年ハーフ35位

谷本拓巳
箱根16年6区7位・15年6区6位(159位)・14年補欠(2区12位)

市田拓海
箱根16年3区16位(192位)・15年補欠(121位)・14年8区16位(161位)
全日本15年(2組18位)・13年(3組18位)
関カレ15年1500M10位・14年1500M予選

相馬一生
箱根16年9区19位(44位)・15年補欠(120位)

新垣魁都
箱根16年補欠(88位)・14年補欠
全日本15年(2組15位)
関カレ15年ハーフ19位

渥美良明
箱根16年補欠(130位)・15年補欠(67位)・14年補欠(141位)
関カレ14年ハーフ21位

小池竣也
全日本15年(1組27位)

谷星輝
箱根16年(232位)・15年補欠

岸本圭一郎
箱根14年(5区13位)

町澤は今まで駅伝以外の成績が目立っていませんでしたが、4月に28分43秒の自己ベストを出すと関カレ好走するなどトラックでも実力があるところを見せてくれました。ただ、他の選手の安定感が足りないです。本来続いて欲しかった鈴木は5000Mや10000Mの自己ベストは更新したものの、全日本予選会や箱根撃沈。市田は全日本予選会まとめたり上尾ハーフ踏ん張ったものの箱根予選会は200位近く、とても安心できる成績とは言えません。谷本は山下りは安心して任せられるものの故障のために平地の実績が少なく、過度の期待はできません。昨年度の箱根予選会稼ぎに行った渥美も箱根予選会130位でしかも箱根予選会以降レースに出ていません。変わりに今年度伸びたのは相馬と新垣。相馬は前半戦よくなかったものの、箱根予選会好走して通過に貢献しトラックで自己ベスト、新垣は関カレハーフ、全日本予選会、箱根予選会と安定して結果を残し続けました。2人とも状態を崩し箱根は悔しい結果に終わりましたが、彼らがいないと始まらないと思います。小池は秋以降もトラックは悪くなかったですし、ロードはともかく全日本予選会は今年くらい走ってくれるかもしれません。谷は15分台を出すなど低調でした。

2年
竹内大地
箱根16年(187位)
全日本14年(1組37位)
関カレ15年3000SC8位

蛭田雄大
箱根16年補欠

江連崇裕
箱根16年補欠

細川隆太
関カレ15年3000SC予選
リクルートに失敗したこの学年は在籍している選手は成長した一方で、トータルで4人まで減ってしまいました。竹内は関カレ3000SC入賞。箱根予選会失速、10000Mも30分28秒とスタミナはまだ課題ですが、5000M14分9秒と少しずつ成長しています。蛭田・江連
はハーフ66分台に加えて10000M30分20秒前後まで成長して箱根エントリー入り。更なる成長を期待する一方で、成長が見られないのに大舞台で出走することになればチーム状況良くないかなと思います。

1年
苗村隆広
箱根16年8区17位

堀尾謙介
箱根16年補欠(127位)
関カレ15年5000M31位

神崎裕
箱根16年補欠

北村祥
関カレ15年3000SC予選
チーム状況からするともっとのびて欲しい気もしますが、わるくはない1年だったと思います。堀尾・苗村は春に30分20秒前後で走ると、秋以降30分前後、箱根予選会や箱根でも実力をある程度出すことができました。岡本も秋以降徐々に調子を上げ、学生ハーフ66分台。他には神崎が30分半くらいハーフ66分台で走り、箱根エントリーに入りました。

新入生情報
冨原拓 尽誠学園(香川)14'18"77
13年都大路2区19位・14年都道府県1区35位・14年都大路1区34位・15年都道府県1区19位・15年IH1500M9位・15年都大路1区22位・16年都道府県1区12位
舟津彰馬 福大大濠(福岡)14'27"78
14年IH1500M14位・15年IH1500M12位・16年都道府県5区10位
二井康介 藤沢翔陵(神奈川)14'31"11
14年都大路1区31位・15年都道府県5区23位・16年都道府県5区12位
飯島康介 愛知学院愛知(愛知)14'19"71
14年都大路7区5位・15年都大路7区22位
安田一平 西脇工業(兵庫)14'25"41
15年都大路3区21位
安永直斗 世羅(広島)14'23"63
小林蒼 島田(静岡)14'36"10
田母神一喜 学法石川(福島)14'29"21
14年都大路5区4位・15年IH800M3位1500M1位・15年都大路2区16位
以前と比べてそこまで良いリクルートではありませんが、昨年の箱根で健闘した影響か苦戦しているチーム状況を考えれば良いリクルートができたというのが正直な印象。ネームバリューが最もあるのはIH1500Mで優勝している田母神。ただ、800Mもしており、都大路も2区だったことを考えると走っても出雲くらいまでかなと思います。ドラ1は富原でしょう。5000Mの自己ベストが最も良くIH1500M9位のスピードタイプですが、ハイペースの都大路もある程度走るなど長い距離もそこまで問題なさそう。舟津は長い距離どうかなと思っていましたが展開が良かったとはいえ都道府県区間10位、二井は5000Mの自己ベスト14分30秒台ながらロードで好走しており(最も早くロードに適応できそうかも)、この3人までは順調にいけば堀尾・苗村くらいまでは少なくとも育ってくれると思います。他、最後の都大路うまくいかなかったものの、14分10秒台の自己ベストを持ち、2年時チームの入賞に大きく貢献した飯島までが1年の間でも戦力になりうるかなという気がします。安田・安永も5000M14分30秒は切っているので、2年以降エントリーに絡んできてほしいですね。

箱根予選会
59分半以内…町澤
60分半以内…相馬
61分以内…鈴木・新垣
61分半以内…渥美・堀尾・苗村
62分以内…市田・谷本・富原・舟津・二井
62分半以内…竹内・(谷)
63分以内…その他の選手

まとめ
藤原正和監督の就任、リクルートも層が厚くとることができ、長期的にはかなりプラスな方向に転じた気がします。ただ、1,2年に主力がおらずスーパールーキーの加入もない中で、4年生が卒業ということで今年の箱根予選会はかなり厳しい印象。結構高めに予想したつもりですが、10時間12分半くらいかなという気がします。箱根予選会通過には62分以内に書いてある、実力はあるものの箱根予選会を非常に苦手としている市田、平地は不安の残る谷本、新入生の富原・舟津・二井がどれだけ上げられるかがポイント。もし箱根予選会落ちたとしても我慢して藤原監督を起用し続けてほしいです。

現時点の箱根予想オーダー
堀尾2ー町澤4ー市田4ー鈴木4ー苗村2
谷本4ー相馬4ー二井1ー渥美4ー新垣4
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新2・3年があまりに出てこない状況が続くと、来年はともかく
再来年の箱根路に中大の姿が見れないのでは、と思ってしまいます。
今年どれだけ伸びるかによって中大の今後が決まるように感じています。

Re: No title

新4年生に戦力が固まっていますからね。
全日本予選会通過やトラックの自己ベスト連発など何らかの期待感が持てるような結果をこの1年間残して欲しいですね。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。