スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(3)中央学院大学

1区潰滝大記区間6位(11位と-42秒差)
2区大森澪(6→9)区間10位(-20秒差)
3区塩谷桂大(9→5)区間4位(-1分35秒差)
4区新井翔理(5→5)区間13位(-48秒差)
5区山本拓巳(5→14)区間18位(10位から+37秒差)
6区樋口陸(14→10)区間3位(11位と-38秒差)
7区海老沢太(10→9)区間7位(-52秒差)
8区細谷恭平(9→6)区間3位(-2分26秒差)
9区海老沢剛(6→6)区間6位(-4分56秒差)
10区小川貴弘(6→9)区間16位(-3分19秒差)
総合順位9位(往路14位・復路7位)
【MIP】細谷恭平…中盤以降素晴らしい走りで優勝候補の主力と遜色ない走り
予想9位(往路9位)区間は1・2・3・6・7・8区が的中
上位校もミスがあったので5位以内も序盤は狙えていましたが、5区を中心にミスがいくつか出てしまいましたね。区間は直前で村上が欠場ということで7,9,10区の変更があったようですが、むしろ7区が当たりました。潰滝は区間6位でしたが、ずっと引っ張っていましたし実力は出し切れたと思います。優勝争いという点ではここで青学が東洋や駒澤に大きな差をつけたので、今回のキーパーソンでしたね。大森は前半スローペースになったとはいえ、他の有力選手が失速していく中、後半もしっかりと走ってくれました。塩谷はしっかりと順位を上げてくれましたが、前回の好走を見ているともう少し走って欲しかったなというのが正直な印象。前半は悪くなかったのですが、昨年と違って後半も良いペースを保てませんでした。新井は区間一桁では走ってくれると思っていたのですが、緊張でガチガチだったようで…。前半は悪くなかったものの、後半ペースを上げるどころか落ちてしまいました。山本は序盤かなり早く入ったのでむしろ不安なくらいだったのですが、その不安が現実のものとなってしまいましたね。登りはまだギリギリなんとかなっていたものの、頂上付近以降は大きく崩れてしまいました。
樋口は58分台を期待していましたが、期待通り走ってくれました。安定した走りでシード圏内にもってきました。海老澤太は昨年と同じく序盤は余裕をもって入り、後半になってペースを上げましたね。当初と違う区間だったようですが、経験を活かしてくれました。細谷は序盤緊張していたこともあってあまりよくなかったものの、中盤以降素晴らしい走りでした。海老澤剛は終盤苦しい姿が映りましたが、全体的にみれば悪くなかったと思います。最後の3kmも12番目のペースでまとめていますが、本来の実力からすれば来年は往路の主要区間もしやにいれてほしいです。小川は9区アクシデントがあったため慎重に走ったのだと思いますが、全体的によくなかったですね。序盤小野木についていかなかったのはまだしも、金子が来た時点である程度切り替えて欲しかったです。全体的にはミスもあった中でしっかりとシード権を取れたのは一安心だと思います。ただ、大きなミスを1つ減らせば6位だっただけにもったいなさも感じるレースでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。