スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝結果(2)早稲田大学

1区中村信一郎区間5位(3位と10秒差)
2区高田康暉(5→14)区間17位(3分1秒差)
3区武田凛太郎(14→11)区間5位(2分59秒差)
4区永山博基(11→7)区間4位(2分49秒差)
5区安井雄一(7→5)区間5位(3分2秒差)
6区佐藤淳(5→4)区間6位(2分41秒差)
7区光延誠(4→4)区間14位(4分33秒差)
8区柳利幸(4→4)区間3位(4分40秒差)
9区井戸浩貴(4→4)区間賞(4分38秒差)
10区藤原滋記(4→4)区間6位(3分54秒差)
総合順位4位(往路5位・復路5位)
【技能賞】井戸浩貴・・実力を発揮してしっかりと区間賞を獲得
【残念で賞】高田康暉・・まさかの失速でチームはシード圏外へ
予想4位(往路4位)区間は1,2,3,5,10区が的中
順位は駒澤にミスがあっただけに3位もと思いましたが、2区高田の走りや三浦の欠場で厳しかったですね。それでも、しっかりと4位を確保したのは評価できると思います。区間は直前で三浦に脚の痛みが出て変更がありましたが、変更なくても8区が当たったくらいです。中村はハイペースになった分全日本のように120点の走りはできませんでしたが、金森や町沢と10秒差の好走。実力は出し切れたと思います。ただ、高田でここまで順位を落とすとは思っていませんでした。序盤は体が動かないなりになんとか粘ったものの、中盤引き離されると終盤は急失速してしまいました。武田は序盤の5km少しゆったり入ったものの、その後ペースを上げてしっかりと立て直しましたね。2年前とタイムはほぼ変わりませんが、今年そこまで条件良かった訳ではないですし、よくない展開の中しっかりと走ってくれました。永山は序盤目立たなかったものの、後半学連選抜の村瀬に次ぐ2番目の速さで走る区間もあるなど好走。2区崩れたものの、3,4区焦らず冷静な走りで順位を立て直してくれました。安井は安定した走りで81分少しとまとめてくれました。風の強い終盤ペースが良かったですし、悪条件になればもっと期待できるかもしれません。
もともと控えだった石田が12月に体調を崩し、前日に三浦が脚に痛みを訴えて急遽走ることになった佐藤は満点の走りだったと思います。もともと登りの控えでしたが、序盤慎重に入ると、下りに入ってしっかりと切り替えてくれました。ただ、6区で駒澤との差を詰めただけに光延の走りは痛かったですね。前半は悪くなかったのですが、後半ペースがガクッと落ちてしまいました。柳・井戸は他のチームよりかなり豪華なメンバーで、しっかりと走ってくれました。特に井戸は青学が勢いのまま9区も走らなければ区間賞筆頭候補だと思っていましたが、しっかりと区間賞取ったのは評価していいでしょう。藤原は悪くなかったですが、5kmから少しペースが落ちたのでそこは次回への課題でしょう。全体的には高田が失速、三浦が欠場と区間賞経験者がうまくいかなかった中でしっかりと4位を確保したということで悪くない箱根駅伝だったと思います。ただ、優勝するためには後半の繋ぎ区間で優勢に立つためにも他大のエースと対等に戦える選手がほしいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。