スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生のまとめ&2016年度の展望(1)東洋大学

4年
五郎谷俊
箱根16年5区3位・15年5区11位

服部勇馬
箱根16年2区1位(2区3位)・15年2区1位・14年2区3位(5区1位)・13年9区3位(3区2位)
全日本15年1区1位・14年2区1位・13年2区4位・12年8区6位
関カレ15年5000M4位・14年5000M7位10000M6位・13年10000M10位・12年5000M11位

上村和生
箱根16年1区7位・15年3区6位・14年9区3位・13年(補欠)
全日本15年9区4位

高橋尚弥
箱根16年9区5位(1区12位)・15年6区8位
全日本15年5区2位
関カレ15年ハーフ3位

寺内將人
箱根16年補欠(補欠)・15年9区9位・14年補欠
全日本15年補欠・13年補欠
関カレ15年ハーフ5位

渡邊一磨
箱根16年10区3位・15年補欠
全日本14年5区5位
関カレ15年3000SC2位・13年3000SC11位

湯田晟旭
箱根16年補欠
関カレ14年3000SC予選・13年3000SC予選

長谷川直輝
箱根16年補欠・15年補欠

高倉祐樹
関カレ14年1500M予選・12年1500M予選
留年して箱根5区もう1回走った五郎谷はあそこまで走れるとは思わず、驚きでした。この学年は下級生の頃は伸び悩んでいた印象でしたが、服部・上村・寺内・渡辺と入学時の持ちタイム上位4人が箱根を走るなど結局うまくいき、また箱根に縁深かったです。スーパールーキーとして入学してきた服部は1年から主力として活躍すると、2年で設楽兄弟と並ぶエースに成長。最終学年は夏に故障があったものの、箱根で67分で走るなど三大駅伝で力を発揮しました。高3時ロードに強い姿を見せていた上村は2年の箱根前に28分台を出すと優勝に貢献。不思議と出雲や全日本にあまり縁はありませんでしたが、今年は全日本で優勝テープを切ると、箱根でもサバイバルな1区で粘りました。大学に入って大きく伸びたのが高橋。2年秋に伸びると初の箱根出走後ブレイク。最後の三大駅伝はやや期待を下回る結果になりましたが、全日本で好走するなどチームに欠かせない戦力でした。寺内・渡辺・長谷川など3年以降にメンバーに入ってくる選手が多かったです。

3年
服部弾馬
箱根16年3区3位(3区2位)・15年7区3位・14年7区1位(2区6位)
全日本15年2区1位・14年1区10位・13年補欠
関カレ15年1500M6位・14年5000M8位10000M11位・13年1500M6位5000M25位

櫻岡駿
箱根16年7区2位(6区4位)・15年4区4位
全日本15年4区5位・14年3区6位

口町亮
箱根16年6区4位(4区1位)・14年(補欠)
全日本15年3区1位
関カレ15年5000M12位

成瀬雅俊
箱根15年補欠・14年補欠
関カレ15年3000SC予選

橋本澪
箱根16年補欠・15年補欠
関カレ15年5000M24位

山本采矢
全日本15年補欠・13年補欠
関カレ15年ハーフ10位

牧浦聖士
全日本15年補欠
今年の最大の収穫は服部弾のブレイクだと思います。前半戦はあまり目立ちませんでしたが、日本インカレで優勝してブレイク。出雲・全日本で素晴らしい走りを見せました。ただ、箱根は悪くなかったものの、期待したほどの出来ではなかったので、20kmで素晴らしい走りができるかどうかはまだ気になるところだと思います。続いてチームの軸となるのは昨年度上尾ハーフ62分台出していた櫻岡。今年も全日本で久保田に抜かせない走り、箱根もきちんとまとめていますし主要区間だと思います。そして、今年大きく伸びたのは口町でしょう。前半戦から絶好調で、出雲区間賞、全日本MVPの活躍。次年度もジョーカー的な役割を期待したいです。他、山本采・橋本は前半戦良かったのですが、秋以降イマイチ。成瀬は関カレ以降レースに出ていません。今年伸びた選手では牧浦と山本信が29分30秒台の自己ベストを出しています。

2年
野村峻哉
箱根16年補欠(5区3位)
全日本15年6区2位
関カレ15年10000M10位

堀龍彦
箱根16年補欠(補欠)
全日本15年7区1位
関カレ15年1500M7位

竹下和輝
箱根16年(補欠)
全日本15年補欠
関カレ14年5000M19位

小早川健
箱根15年補欠

小柳涼
関カレ14年3000SC予選

横山学
関カレ15年3000SC予選・14年3000SC予選

生井宏明
関カレ15年1500M予選
まず、堀の復活でしょう。4月に復帰すると前半戦は1500Mや5000Mで存在感を見せました。それ以上の距離どうかなと思っていたら全日本で区間賞の走り。また、野村は春先好調で自己ベストを出すと、出雲・全日本に出走し、全日本では素晴らしいラストスパートを見せました。2人とも故障で箱根は外れましたが、野村はすでに復帰していますし、期待したい。竹下はホクレンで13分58秒の自己ベストを出したものの、故障で箱根エントリーするなどなかなかかみ合いませんね。小早川・荒武はあまり調子良くありませんでした。

1年
小笹涼
箱根16年4区6位(補欠)
全日本15年補欠
関カレ15年10000M24位

山本修二
箱根16年8区9位
関カレ15年10000M25位
小笹・山本は春先に29分12秒で走ると最終的に箱根を経験するなど悪くない1年だったと思います。ただ、箱根での走りは存在感を示したとはいえず、まだまだ成長してほしいところ。他は菅原が29分台、山口が30分9秒で走ったくらいでした。

新入生情報
今西駿介 小林(宮崎)14.08.91
13年都大路5区6位・14年都大路3区4位・15年都道府県5区4位・15年IH5000M15位・15年都大路3区6位・16年都道府県5区12位
相澤晃 学法石川(福島)13.54.75
13年都大路2区6位・14年都大路4区19位・15年都道府県4区14位・15年都大路4区14位・16年都道府県4区4位
中村駆 西京(山口)14.02.85
13年都大路2区21位・14年都道府県4区9位・14年都大路2区2位・15年都道府県1区23位・15年IH1500M4位・15年都大路1区50位・16年都道府県1区34位
渡邉奏太 吉原工業(静岡)14.08.63
16年都道府県4区9位
小室翼 仙台育英(宮城)14.14.37
14年IH1500M11位・14年都大路4区36位・15年IH1500M8位・15年都大路7区46位・16年都道府県1区19位
福井勇仁 諫早(長崎)14.26.43
13年都大路4区16位・14年都大路7区27位
大西晴己 花咲徳栄(埼玉)14.24.07
中尾聡志 千原台(熊本)14.28.80
14年都大路4区28位・15年都大路7区39位
土壁和希 つるぎ(徳島)14.50.17
14年都大路4区32位・15年都道府県5区31位
揚原佑 鯖江(福井)14.26.39
13年都大路4区39位・14年都大路4区46位・15年都道府県1区DNF
定方駿 川棚(長崎)14.35.22
中野創也 花輪(秋田)14.46.07
今年のドラ1は今西でしょう。2年の都大路3区日本人トップ。3年では2年より少し成績を落としたものの、それでも安定して結果を残しており、即戦力になってほしいです。相沢は5000M13分台なものの、ロードでそこまでの強さはないかなという印象。ただ、そこまで苦手としている印象もないですし、徐々に力をつけてくれれば。中村はロード云々よりも単純に長い距離が苦手な気がします。スピードはあるので、1年目から関カレ1500M入賞や出雲は狙ってほしいです。小室はスピード型でロードは厳しいかなと思っていましたが、都道府県駅伝好走。都道府県で難波を離した渡辺までは下級生から出てくる可能性があると思います。

まとめ
卒業生の穴は小さくないですが、例年と比べてそこまで大きい訳ではないですし今年は全体的に高3が盛況なので、そこまで大きく戦力はダウンしないと思います。今年は野村や口町など多くの選手が大きく成長しましたが、来年度は服部弾と他の選手の差が大きいだけに、主要区間でしっかり走れる選手をどれだけ作りあげられるかがカギになるでしょう。

現時点の箱根予想オーダー(※3/7距離変更に伴い変更済)
堀3ー服部弾4ー口町4ー櫻岡4ー成瀬4
橋本4ー小笹2ー今西1ー竹下3ー野村3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。