スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(20)早稲田大学

4年
高田康暉
箱根15年2区6位・14年2区1位(2区4位)・13年補欠(2区4位)
全日本15年補欠(4組28位)・14年2区7位・13年6区3位・12年5区6位
関カレ15年5000M8位・13年ハーフ9位
長距離ブロック長。日本インカレで故障も出雲後に練習復帰。記録挑戦会29分19秒ももう少し勝負してほしかったとのこと。

柳利幸
箱根16年(2区7位)・15年9区4位・14年7区5位(1区9位)・13年8区14位(補欠)
全日本15年補欠(1組1位)・14年1区8位・13年1区15位・12年1区12位
関カレ14年10000M8位
全日本は出雲後の練習で失敗したこともあり外された。上尾ハーフは前日に37度後半の熱があったこともあり、64分3秒。

中村信一郎
箱根16年(3区7位)・15年1区11位・14年10区10位(5区8位)
全日本15年1区3位(3組22位)・14年3区15位・13年補欠
関カレ15年10000M23位ハーフ25位
全日本1区で好走、その後も調子が良いらしい。上尾ハーフも先頭を引っ張るなど積極的な走りをして63分50秒。

三浦雅裕
箱根15年6区1位・14年6区2位・13年補欠
全日本15年補欠・14年補欠・13年補欠
関カレ15年3000SC予選・14年5000M25位
山下りを得意としている選手。夏合宿で軽い故障を何回かしており、9月以降は箱根一本に絞って練習をしている。

三井泰樹
全日本15年(1組7位)・13年補欠
関カレ15年ハーフ8位
関カレハーフ入賞するなど前半戦好調だった。10月はじめに14分43秒も、10月末に30分9秒とまずまず。上尾ハーフは欠場した。

前野陽光
10月初めに30分39秒も10月末に29分57秒の自己ベスト。上尾ハーフも64分42秒と好走。

3年
武田凜太郎
箱根16年(1区6位)・15年7区5位・14年3区5位(4区5位)
全日本15年4区2位・14年補欠・13年5区4位
関カレ13年10000M25位
2年以降故障もあったが、夏以降練習を積めている。安定感があり、出雲・全日本好走、上尾ハーフも63分12秒で走った。

井戸浩貴
箱根16年(6区10位)・15年3区8位・14年8区9位
全日本15年6区3位(4組8位)・14年6区3位・13年7区3位
関カレ15年ハーフ2位・14年ハーフ7位
前半戦関カレハーフ日本人トップ。出雲は珍しく失敗したものの、全日本区間3位、上尾ハーフ63分12秒としっかり走った。

平和真
箱根16年(4区3位)・15年4区9位・14年4区2位(補欠)
全日本15年2区6位・13年3区7位
関カレ14年10000M16位・13年5000M34位
次期主将でスピード型の選手。全日本後に少し休んでから調子は上がっていないが練習はこなせているらしい。

佐藤淳
箱根16年(5区5位)・15年補欠・14年(補欠)
全日本15年8区7位・14年7区12位・13年補欠
関カレ14年ハーフ20位
夏に伸びた選手。出雲・全日本とまずまず走っている。12月初めは少し足に不安があるものの、練習には影響ないらしい。

柄本勲明
箱根15年補欠
高校時代15分台も昨年29分台。10月初めに14分45秒も、10月末に30分8秒。上尾ハーフで64分8秒と素晴らしい走り。

2年
安井雄一
箱根16年(補欠)・15年8区7位
全日本15年補欠(3組7位)・14年補欠
関カレ15年10000M15位・14年1500M予選
重要な舞台で安定している。出雲後に状態を崩していたものの、今は故障もなく順調に練習を詰めている模様。5区候補。

光延誠
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年5区4位(2組11位)・14年5区11位
関カレ14年5000M12位
昨年の日本インカレ5000Mで入賞した選手。全日本好走。上尾ハーフ63分53秒も、そこから調子は上がってきているらしい。

藤原滋記
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年3区6位
高校時代実績のある選手。夏合宿で大きく伸びて、それ以降も練習を積めており、全日本まずまず上尾ハーフ63分23秒と好走。

石田康幸
全日本15年補欠・14年補欠
10月に29分47秒の自己ベスト。全日本まで好調でその後少し調子を落としたが、それでも上尾ハーフ64分44秒としっかり走った。

1年
永山博基
箱根16年(補欠)
全日本15年7区2位(2組4位)
関カレ15年5000M10位
前半戦ルーキーで最も勢いがあった。全日本は好走も、その後に体調崩し、上尾ハーフ少し無理に出るも65分44秒。

予想オーダー
中村4ー高田4ー武田3ー光延2ー安井2
三浦4ー井戸3ー佐藤3ー柳4ー藤原2
大きなエントリー漏れはありませんでしたが、12月10日時点ではまだ集中練習は終わっていませんし、例年そこで故障者を出すのでできる限り注意したいところ。1区は全日本好走した中村で決定的でしょう。秋以降安定しており、区間5位以内で走って三強を逃がさないでほしいです。高田は出雲・全日本と故障で欠場しましたが、前回も出雲欠場していましたし、記録挑戦会悪くなかったので2区。万全ならば68分を目安にしてほしいですが、2,3区が厳しいなら2区武田3区井戸とかになるでしょうか。3区は前回井戸が走りましたが、3年で一番強いのは武田と思っているので武田。63分台はノルマ、できれば63分前後までいくとそこまで大きく離されることはないと思います。4区は経験者の平も考えましたが、調子を少し落としているようですし、調子悪くない光延が4区希望しているので光延が良いと思いました。55分台が一つの目安ですが、口町・田村など強い選手を起用してくる可能性も十分あるので、頑張ってほしいです。5区は早稲田スポーツでも情報が出ている安井で、何かあれば佐藤が入るといった感じでしょうか。81分台前半で走れば青学・東洋から差を大きく広げられることはないと思います。三浦は山下りだけは本当に信用しています。秋以降レースに出ていませんが、9月以降箱根一本で絞っているようですし、58分半前後できてくれるはず。この時点で三強に離されていると厳しいでしょう。10人目が平なら7区平8区井戸、10人目が佐藤なら7区井戸8区佐藤と予想。井戸は7区なら63分台、8区なら64分台はノルマ。平や佐藤も区間5位以内では走ってほしいです。柳は区間新は厳しいと思いますが、調子が良いようですし、上尾ハーフ前日が熱でもある程度走っているので69分前半は期待しています。アンカーは一瞬佐藤も思い浮かびましたが、藤原と予想。ここ数年アンカーは期待通りの走りができていないだけに、しっかりと最終順位に繋がる走りをしてほしいです。全体的には流れを大きく変えられるエースがいないだけに序盤でいかに三強に遅れをとらないかが大事。そうすれば、全日本より距離が長いので層の厚さが活かせると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。