スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(17)明治大学

4年
横手健
箱根15年1区3位・14年5区19位(5区3位)・13年8区9位
全日本14年5区1位・13年3区6位
関カレ15年5000M6位・14年5000M6位10000M5位・13年5000M10位・12年5000M4位10000M15位
昨年度復活したWエースの1人。8月に右膝を痛めたものの、記録挑戦会29分21秒で復帰。

木村慎
箱根16年(1区4位)・15年9区2位・14年4区5位(補欠)・13年補欠(5区5位)
全日本15年2区3位・14年2区4位・13年7区1位・12年4区7位
関カレ15年10000M4位ハーフ4位・14年ハーフ14位・13年ハーフ25位
Wエースの1人。各大会で安定した結果を残しており、横手が故障の間もチームを引っ張った。

牟田祐樹
箱根16年(4区8位)・15年8区13位・14年補欠(4区11位)・13年補欠
全日本15年補欠・14年補欠・13年補欠・12年補欠
関カレ15年1500M4位5000M5位・13年5000M22位
日本インカレは14分5秒で8位などトラックは得意な反面、駅伝では全く結果が残せていない。記録挑戦会29分9秒だった。

斎田直輝
箱根16年(3区10位)
全日本15年5区3位
今年になってから急激に伸びた選手。9月末に29分34秒、記録挑戦会も体が重かったが、29分19秒の自己ベスト。

小川誉高
箱根15年補欠・14年補欠
関カレ14年ハーフ25位
2年時の学生ハーフ63分11秒。10月に半年ぶりにレースに出てくると、上尾ハーフ68分12秒も、12月6日に14分18秒。

3年
江頭賢太郎
箱根16年(2区6位)・15年10区10位
全日本15年4区8位
関カレ15年10000M18位
大学に入って堅実に力をつけてきている選手。出雲・全日本と堅実に走り、上尾ハーフも63分42秒のチームトップ。

吉田楓
箱根16年(補欠)・14年補欠
全日本15年7区4位・14年補欠・13年補欠
関カレ15年10000M13位
前半戦29分3秒の自己ベストを出し、関カレも健闘。記録挑戦会は予想以上に後半落ちたものの29分21秒だった。

藪下響大
箱根16年(6区9位)・15年補欠
全日本15年8区9位・14年補欠
関カレ15年ハーフ34位
昨夏急に出てきた選手。前半戦は自己ベスト連発。アップダウンが得意らしいが、大舞台では少し波もある印象。

2年
山田凌
箱根15年補欠・14年補欠・13年補欠
全日本15年6区7位・14年7区3位・12年補欠
大学4年目の選手。今年の箱根欠場して以降レースに出ていなかったが10月に復帰し、記録挑戦会29分16秒。

末次慶太
箱根16年(補欠)・15年7区14位
全日本15年補欠
関カレ15年ハーフ22位
今年の箱根抜擢された選手。それから力をつけてきた。秋以降レースに出ていなかったが、上尾ハーフ68分30秒で復帰。

皆浦巧
箱根15年補欠
全日本14年補欠
前回もエントリーに入った選手。9月末は31分台と撃沈、10月初め以降レースに出ていない。

森晃希
都道府県5区11位。10月に14分33秒、上尾ハーフ65分33秒、12月6日に14分21秒の自己ベストなど少しずつ伸びている。

1年
坂口裕之
箱根16年(補欠)
全日本15年1区7位
関カレ15年5000M9位
都大路1区5位など高校での実績抜群。大学でも安定して結果を残しており、記録挑戦会29分2秒の自己ベスト。

田中龍太
箱根16年(5区8位)
全日本15年3区15位
都大路3区7位など実績のある選手。前半戦から自己ベスト連発するなど好調だが、三大駅伝では力を発揮できず。

竹山直宏
箱根16年(補欠)
全日本15年補欠
都大路2区16位。大学に入って全く結果を残せていなかったが、上尾ハーフ65分20秒記録挑戦会30分36秒の自己ベスト。

東島清純
関カレ15年3000SC9位
都大路1区19位。前半戦から14分台前半などある程度結果を残しており、上尾ハーフは64分58秒と好走。

主なエントリー漏れ
江頭祐輔(4年)…29分16秒の自己ベストを持っている選手。記録挑戦会29分38秒も間近の記録会欠場した。

予想オーダー
坂口1ー木村4ー江頭3ー斎田4ー藪下3
皆浦2ー牟田4ー山田2ー横手4ー吉田3
故障明けの選手もいるものの、エントリーから外れたのは江頭祐くらいで、精一杯のエントリーはできた印象。1区は出雲1区出走予定で、全日本1区走った坂口しかいないでしょう。1年の大六野くらい期待していますが、長い距離に不安がない訳ではないですし、スローペースになるに越したことはないと思います。2区は当然木村か横手ですが、横手が復帰して間もないので木村。68分を一つ目標にして走ってもらいたいところです。当初は横手を3区と思っていたのですが、2区9区にWエースを配置するということで、三大駅伝安定して結果を残している江頭。64分が一つの目安になると思います。田中を4区にすると、斎田、山田、横手と3人が並び復路が強すぎる反面、往路に不安を抱えるので斎田と予想。松井・木村と同じく55分前半が一つの目安になると思います。藪下は山の準備をしていると思いますが、西監督が5区は自信を持っている反面、あとは6区と言っているので、藪下を5区と予想。西監督は強気なことを言っていますが、藪下は下りが得意らしいので81分(前後)を目安にして登り終えてから稼いでほしいです。大江・廣瀬と1年から準備していた選手が多いので、前回も1年生が準備していたかなと思いアンケートで6区を希望している皆浦と予想。61分前半くらいでは走ってほしいです。7区は前回7区予定だった気がする牟田。駅伝は苦手ですが力はある選手なので何とか64分台で走ってほしいです。山田は5区も考えたのですが、故障が多い選手ですし負担が大きい山ではなく8区と予想。最後の箱根ですが65分台、区間3位も十分狙えると思います。横手は往路かなと思いましたが、2区か9区と明言しているので9区と予想。復帰してからあまり時間がたっていないですが、ポテンシャルからすれば69分も目安になると思います。アンカーは全日本安定していた吉田。8,9区あたりで良い流れを作れれば昨年の江頭くらい走ってくれるのではないでしょうか。全体的には出雲後はシードも危ういのではと思っていたのですが、シード権は確実に取れそうかなという印象。ただ、全日本は他大のミスもあったので、5強に勝つのは厳しいとしても、中学・山学などには勝って6位は確保したいです。個人的には実力をつけて最初で最後の箱根に挑む山田・斎田に注目しています。田中・牟田といった10人目の選手がどれだけ走れるかがカギになりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。