スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(16)駒澤大学

4年
馬場翔大
箱根16年(4区5位)・15年5区17位・14年5区3位
全日本15年6区1位・14年8区5位・13年6区1位
関カレ15年ハーフ3位・14年ハーフ3位・13年ハーフ6位
高校時代からロードが強い選手。夏に足首の故障もあったものの、全日本6区で歴代3位のタイムを出すなど既に状態は万全。

其田健也
箱根16年(2区2位)・15年9区3位・14年10区2位(補欠)・13年補欠
全日本15年4区4位・14年補欠・13年補欠
関カレ15年5000M21位10000M13位・14年10000M5位
主将。上尾ハーフ62分48秒で優勝。前半戦はあまり結果を残せなかったものの、秋以降安定して結果を残している。

二岡康平
箱根15年補欠・14年補欠
全日本14年補欠
関カレ14年ハーフ25位
昨秋28分台を出している選手。夏の故障で出遅れていたが、12月6日に14分13秒の自己ベストで復帰した。

井上拳太郎
全日本15年補欠・14年補欠
関カレ15年3000SC7位・14年3000SC4位
2年時に29分38秒、64分4秒で走っている選手。上尾ハーフ64分45秒など秋以降悪くはないが、そこまで目立ってもいない。

小山裕太
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年補欠・13年補欠
関カレ15年1500M予選・12年1500M11位
1500Mも走るスピードランナー。出雲前に29分29秒、14分3秒の自己ベスト。出雲記録会以降レースに出ていない。

高月智生
全日本15年補欠
高校時代都道府県5区13位の実績を持つも大学では全く目立っていなかった選手。上尾ハーフ64分00秒と一気に出てきた。

宮下紘一
関カレ15年3000SC1位・13年3000SC9位・12年3000SC10位
昨年の学生ハーフ64分台で走った選手。高島平61分25秒も優勝してそれ以降レースに出ていない。

3年
中谷圭佑
箱根16年(1区1位)・15年3区1位・14年4区1位(2区2位)
全日本15年1区4位・14年2区2位・13年5区1位
関カレ15年1500M8位5000M19位・14年10000M2位・13年5000M16位
Wエースの1人で駅伝は得意。全日本は上手くいかなかったものの、11月半ばに28分17秒の自己ベスト。

西山雄介
箱根16年(5区1位)・15年7区2位・14年7区3位(5区2位)
全日本15年3区10位・14年6区2位・13年2区9位
関カレ15年10000M7位・14年1500M予選5000M9位
1年生の頃から期待されている選手。安定していたものの、全日本でまさかの撃沈。上尾ハーフ62分52秒で2位。

大塚祥平
箱根16年(6区4位)・15年8区2位・14年8区6位(補欠)
全日本15年8区3位・14年補欠・13年補欠
関カレ15年ハーフ5位
前半戦一気に力をつけてきた選手。十和田駅伝の登り区間で好走。出雲は良くなかったが、全日本日本人トップ。

中村佳樹
高校時代14分42秒もジワリと伸びてきた選手。7月に14分24秒、10月に29分26秒の自己ベスト、上尾ハーフ64分26秒。

2年
工藤有生
箱根16年(3区4位)・15年4区2位
全日本15年2区2位・14年5区2位
関カレ15年10000M2位
昨年信じられないくらい伸びたWエースの1人。全日本後に自ら頭を丸刈りにした。11月半ばに28分23秒の自己ベスト。

高本真樹
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年7区9位・14年補欠
関カレ14年5000M25位
1年時に上尾ハーフ63分半で走っている。今年度も全日本前まで良かったが、全日本撃沈すると上尾ハーフ64分35秒と微妙。

紺野凌矢
全日本15年補欠
1年秋に10000M29分39秒、学生ハーフ64分5秒で走っている選手。上尾ハーフは66分59秒と撃沈。

1年
下史典
箱根16年(補欠)
全日本15年5区8位
関カレ15年5000M27位
都大路1区1位など今年のドラ1。出雲はあまり良くなかったが、上尾ハーフは15kmまで先頭集団にいて63分50秒。

伊勢翔吾
都大路1区8位の実績がある。前半戦安定していたものの、秋は目立っていなかったが上尾ハーフ64分15秒と好走。

主なエントリー漏れ
堀合大輔(1年)…都道府県1区28位。5000Mでは14分40秒前後と微妙な結果が多かったが、上尾ハーフ64分34秒と好走。

予想オーダー
其田4ー工藤2ー中谷3ー下1ー大塚3
小山4ー西山3ー高本2ー馬場4ー高月4
上尾ハーフ重視する傾向にあるので、堀合が外れて、上尾ハーフ撃沈した紺野がエントリーされたのはやや意外でしたが、10人を争う選手はきちんと全員エントリーされています。1区は其田か中谷で迷いましたが、どちらにせよリスクがあるなら其田と予想。3位以内ならどんな展開になっても大きく問題ありませんし、ハイペースでも62分前半では走ってくれると思うので、久保田や服部弾が1区に回っても、90回の大迫のように誰かが潰れる覚悟で引っ張らなければ1分差は開かないと思います。2,3区は工藤・中谷をどちらに配置するかまよいましたが、2区工藤3区中谷と予想。工藤は出雲逆転を許した一方で、全日本難しい展開から追い上げたということで決して逃げる方が得意な訳ではないかなということと、1区とんでもなくメンバーが集まれば1区3区変更できるという点からこう予想しました。下は全日本あまりよくありませんでしたが、上尾ハーフ15kmまで先頭集団にいましたし、55分を目標に走って、中谷・工藤といったエースになれるように好走してほしいです。大八木監督が育成の年としていることや馬場が5区にそこまでこだわりをもっていないことから、大塚が5区と予想。79分前後というのは良い目標だと思っていますし、実際にその付近で走ってほしいです。6区は10月後半以降レースに出ていない小山・宮下が候補になってきますが、前回も準備していた可能性が高い小山と予想。西沢が過去2年59分20秒くらいではしっていますし、59分半を1つの目標として走ってほしい。全日本失敗したので2回経験している7区に西山。最近、9区よりも重要度がましている気がしますし、歴代5位のタイムを目標に走ってほしいです。8区上尾ハーフを重視するなら伊勢ですが、高本もそこまで悪かった訳ではないですし、堀合ではなく紺野が選ばれたということで○年ほど上尾ハーフ重視する傾向にはないのかなと思い高本。65分台では走ってほしいです。馬場は突っ込むタイプなので、気温も上がり序盤下りの9区は怖いですが、復路向きのタイプと思ったので9区。69分(前後)を目標としてリベンジしてほしいです。アンカーは万全なら二岡と予想したのですが、箱根1ヶ月前に5000Mで復帰したので上尾ハーフ良かった高月としました。全体的には往路優勝してそのまま復路もトップを守ると想像したいところですが、箱根駅伝ここ数年得意としていませんし、3位以内が現実的な目標だと思います。ただ、例年復路で順位を上げるものの、今年は選手層が他大と比べて薄いので往路での大きなミスが出ると3位も厳しいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。