スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(15)城西大学

4年
山本雄大
箱根16年(5区11位)・15年4区18位・13年4区9位(5区12位)
全日本14年7区21位・12年(3組37位)
関カレ15年1500M12位・14年5000M30位・13年1500M予選・ 12年1500M3位
関カレ1500M日本人トップになったこともあるスピードランナー。捻挫の影響か出雲後レースに出ていなかったが、完治した模様。

西岡喬介
箱根15年6区10位(103位)・14年(236位)
全日本15年(4組25位)・14年補欠
関カレ15年1500M予選・14年1500M予選
前半戦好調で大きく伸びたものの、夏前に右ヒザを痛めたらしい。記録挑戦会29分57秒で復帰している。

舟生翔人
箱根15年補欠(129位)・14年補欠(133位)
全日本15年(2組31位)・14年補欠
関カレ15年ハーフ24位
主将。10月半ばに14分31秒の自己ベスト、上尾ハーフ64分0秒、記録挑戦会30分9秒の自己ベストと調子を上げてきている。

辻井三嗣
ずっとBチームだったが、10月にAチームに昇格。上尾ハーフ64分13秒、記録挑戦会30分21秒の自己ベストと伸びている。

3年
松村陣之助
箱根16年(1区11位)・15年1区16位・14年4区15位
全日本15年(4組12位)・14年5区7位(3組16位)
関カレ15年5000M20位10000M29位・14年10000M28位・13年5000M29位
Wエースの1人。右足首を故障した影響で出雲は良くなかったが、記録挑戦会28分56秒の自己ベスト。

菊地聡之
箱根15年5区9位(64位)・14年6区6位
全日本14年3区4位(3組13位)・13年(1組30位)
Wエースの1人。右アキレス腱を痛めていた時もあったが10月末に30分4秒で復帰、記録挑戦会29分8秒の自己ベスト。

高橋一生
箱根16年(2区11位)・15年補欠・14年補欠
全日本13年(2組37位)
関カレ13年10000M34位
ポテンシャルはあるが故障が非常に多い。11月半ばは30分54秒、記録挑戦会は30分29秒と本来の実力が発揮できていない。

佐藤穏空
箱根16年(補欠)・15年補欠
全日本15年(2組12位)
関カレ15年ハーフ38位
昨秋一気に力をつけてきた選手。上尾ハーフ69分03秒と撃沈。2年連続アンケートには6区と答えている。

廣瀬秀宣
箱根15年補欠
昨秋上尾ハーフ64分台で走った選手。今年の全日本予選会のエントリーにも入った。上尾ハーフ64分33秒。

2年
菅真大
箱根16年(6区11位)・15年9区15位(82位)
全日本15年(3組30位)・14年8区21位(2組7位)
関カレ15年ハーフ21位
1年から主要区間を任されている選手。上尾ハーフ63分59秒、記録挑戦会29分41秒の自己ベストなどじっくりと力をつけている。

酒井雅喜
箱根16年(3区13位)
全日本15年(3組29位)
関カレ15年5000M25位
学生ハーフで64分台出してから一気に伸びてきている選手。上尾ハーフ63分55秒、記録挑戦会29分19秒の自己ベスト。

中舎優也
箱根16年(4区11位)
全日本15年(1組40位)
全日本予選会前、出雲前の記録会で29分台を出している選手。上尾ハーフ63分28秒、記録挑戦会29分16秒の自己ベスト。

山本竜也
1年時も30分18秒などまずまず。10月半ばに14分25秒の自己ベスト、上尾ハーフ65分17秒、記録挑戦会29分47秒の自己ベスト。

大久保泰貴
今年の夏まで目立っていなかった。9月末に30分48秒の自己ベスト、上尾ハーフ65分32秒、記録挑戦会30分52秒。

1年
長沼大智
箱根16年(補欠)
関カレ15年5000M27位
都大路4区5位の実績をもつ。出雲記録会に出て以降レースに出ておらず、勿論長い距離の実績もない。

大石巧
高校時代は全く無名だった選手。10月半ばに14分35秒の自己ベスト、上尾ハーフ65分42秒、記録挑戦会30分12秒の自己ベスト。

主なエントリー漏れ
室井勇吾(4年)…前回の箱根7区6位。記録挑戦会31分51秒、5日の記録会30分49秒など調子が上がっていなかった。
中島公平(1年)…都道府県1区11位。上尾ハーフ71分20秒も記録挑戦会で29分36秒の自己ベストを出していた。

予想オーダー
酒井2ー松村3ー中舎2ー山本4ー菊地3
西岡4ー高橋3ー辻井4ー菅2ー舟生4
室井は記録会よくなかったので外れるだろうと思っていましたが、記録挑戦会走れていた中島・河名が外れ、今まであまり実績のない大久保と秋になってほぼレース出走がなかった長沼がエントリーに入ったのは意外でした。1区は万全ならば西岡と言いたかったのですが、復帰が記録挑戦会だったので酒井。上尾ハーフが63分55秒なので64分が一つの目安。ハイペースになると何とか63分前後で走ってくれると嬉しいのですが、かなり厳しそうです。菊地が山ならば2区は松村陣で確定的でしょう。区間10位前後、69-70分くらいで走って欲しいです。高橋・西岡の調子がよほど良くなければ上尾ハーフ以降素晴らしい結果を出している中舎は往路の主要区間に入ってくると思います。65分台でしのいでほしいと言いたいところですが、そこまで余裕があるチームではありませんし65分が一つの目安でしょう。10人目は4区好走経験のある山本雄、上尾ハーフ良かった廣瀬、記録挑戦会良かった山本竜で迷いましたが、山本雄と予想。西岡が1区も6区も任せられないほど状態に不安があるならば4区になるかもしれませんが、西岡・山本が往路を走らないなら4区高橋になるのではないでしょうか。記録挑戦会自己ベストなど状態を戻してきた菊地は81分前半では走ってもらいたいところ。6区西岡が良い状態で走るなら59分台で走ってほしい。来年が勝負の年ということを考えるなら、平地に回して佐藤が6区という選択肢もあると思います。高橋は起用するのは怖いですが、監督もポテンシャルを評価しているようですし、故障がなければ出走すると思います。7区は力のある選手から9,10番手まで幅広い選手が起用されるので、7区にしました。今年を考えれば、上尾ハーフ64分少しで走り、記録挑戦会も自己ベストと結果を残している辻井、舟生を起用すると予想。展開さえ悪くなければ辻井は66分台、前回10区当日変更となった舟生は71分台では走ってくれると思います。菅は少しずつ力をつけてきていますし、前回と同じく9区を希望しているので9区。前回は力のある上級生に挟まれていましたが、今年は余裕があるわけではないので総合順位と同じくらいの区間順位で走ってほしいです。1区に不安を抱えており、スローペースになると最も嬉しいのがここだと思います。1区スローペースになればシード権争いも十分可能ではないでしょうか。1区以外の注目は高橋。今年の夏に復帰してからは良い結果が残せていないので、好走してほしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。