スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(13)順天堂大学

4年
松枝博輝
箱根16年(18位)・15年5区16位(153位)・14年8区11位(1区11位)・13年3区16位(5区10位)
全日本15年1区12位(4組3位)・14年補欠(4組19位)・13年2区8位(4組27位)
関カレ15年5000M3位10000M5位・14年5000M32位・13年1500M2位5000M31位
主将にしてエース。前半戦は絶好調で、秋に一旦調子を落としていたが八王子ロングディスタンスは28分33秒の自己ベスト。

田中孝貴
箱根16年(67位)・15年2区12位(24位)・14年9区5位
全日本15年3区9位・14年1区14位(3組5位)・13年8区9位(1組26位)
関カレ14年ハーフ16位
長い距離で軸となっている選手。前半戦は故障でレース出走がなかったが、秋になって復帰。全日本以降レースに出ていない。

稲田翔威
箱根16年(34位)・15年4区6位(35位)・14年3区15位(補欠)・13年補欠
全日本15年5区5位(3組23位)・14年4区11位(2組8位)・13年5区7位(2組10位)・12年(1組29位)
関カレ15年ハーフ11位・13年ハーフ27位
長い距離やロードが得意な選手。甲佐10マイルは48分1秒。区間賞が取れなければあんこう踊りを披露するらしい。

3年
森湧暉
箱根16年(85位)・15年6区11位・14年補欠(4区6位)
全日本15年6区6位(2組28位)・14年補欠(3組8位)・13年3区10位
関カレ15年10000M21位
4月に29分10秒の自己ベストを出している選手。秋になってからは安定していたが、記録挑戦会は29分57秒だった。

聞谷賢人
箱根16年(49位)・15年10区9位(69位)・14年10区8位
全日本15年4区13位(3組13位)・14年6区11位(1組11位)・13年6区13位
関カレ15年ハーフ7位・14年10000M19位
今年度は箱根予選会まで好走していたが、全日本の主要区間は結果残せず。記録挑戦会29分22秒の自己ベスト。

西沢卓弥
箱根16年(82位)・15年7区4位(117位)・14年4区19位(補欠)
全日本15年7区8位・14年3区14位・13年補欠
ロードにムラがある印象だったが、安定してきた。記録挑戦会29分17秒の自己ベスト、甲佐10マイルは47分25秒。

作田直也
箱根15年補欠(98位)
全日本14年補欠
1,2年で確実に力をつけ、昨年の箱根予選会好走した選手。上尾ハーフ64分10秒、記録挑戦会29分49秒の自己ベスト、

甲斐智樹
箱根16年(110位)
昨年10月に30分40秒の自己ベスト。箱根予選会は9番手と好走。記録挑戦会は30分57秒だった。

甲斐大貴
10月に30分20秒の自己ベスト、神奈川ハーフ65分14秒と昨冬好調、今年の箱根予選会エントリー入り。上尾ハーフ65分10秒。

2年
栃木渡
箱根16年(55位)・15年8区15位(53位)
全日本15年8区11位(2組14位)・14年5区14位(1組20位)
関カレ15年ハーフ9位
スタミナ型。今年度は調子が良く、29分2秒まで自己ベストを伸ばしてきた。甲佐10マイルは47分39秒。

中村陵介
箱根16年(220位)
全日本15年補欠
昨年12月に30分25秒で走った。箱根予選会は前半頑張ったが、失速。記録挑戦会は30分28秒。

城西廉
箱根15年補欠
関カレ15年1500M予選
記録挑戦会30分34秒の自己ベスト、前回は29日に6区にエントリーされていた。

1年
塩尻和也
箱根16年(8位)
全日本15年2区4位(1組3位)
日本インカレ3000SC優勝、箱根予選会59分台、記録挑戦会28分32秒の自己ベストと強い。甲佐10マイルは47分15秒。

江口智耶
箱根16年(140位)
全日本15年補欠
都道府県5区5位など高3の実績もある選手。箱根予選会は後半粘れていた。記録挑戦会30分23秒。

金原弘直
箱根16年(190位)
全日本15年補欠(1組25位)
5月末にいきなり29分台を出した選手。箱根予選会は序盤頑張ったが、終盤失速した。記録挑戦会は30分5秒。

馬場スタン恵
全日本15年補欠
都大路3区9位。大学に入ってからは安定した結果を残せておらず、記録挑戦会も30分36秒だった。

主なエントリー漏れ
花沢賢人(2年)…28分台の自己ベストをもつ。仙腸関節の故障で秋以降レースに出ていない。

予想オーダー
松枝4ー塩尻1ー森3ー稲田4ー田中4
江口1ー西沢3ー作田3ー栃木2ー聞谷3
花沢は甲佐10マイル欠場していたので箱根走るのは厳しいと思っていましたが、西郷は過去2回エントリーには入っていただけにそこまで状態が悪いのかなと不安になりますね。1区は花沢が欠場ということで松枝しかないと思います。スローペースになったとしても無駄に力は動かず我慢してほしいところ。そうすれば、優勝候補の大学と大差ない位置で襷を渡せると思います。塩尻は自分で引っ張りたがるタイプですが、高田や木村などに食らいついてほしいです。68分台前半は十分出せると思います。3,4区は迷いましたが、6区経験者の森を持ってきました。当初は3区稲田4区森と思っていましたが、稲田が区間賞を取れなければあんこう踊りをするらしいので、稲田は主要区間ではないかなと思い、下り基調の森を3区、稲田を4区としました。森は少なくとも区間15位くらい、65分台では走ってほしいところ。稲田は区間5位以内が目安、区間3位以内も十分視野に入るでしょうが、区間賞となると少し厳しいのではないでしょうか。田中が全日本以降レースに出ていないのと、栃木・聞谷に安定感があるという一方で山にあまり良いコメントしていないので田中5区と予想。82分が一つの目安、稼ぐことは厳しいでしょうが、基本的に安定感ある選手なので82分台ではまとめてくれると思います。6区は準備期間の長さなら城西ですが、将来性と実力は江口ということで、江口にしました。わりと得意としている大学なので期待する一方で、61分半くらいは覚悟しておく必要もあると思います。森を6区に置いて西沢を往路に回すことも考えたのですが、その場合7区8区で9,10番目の選手を連続して置く必要が出てくるので、西沢を7区において6区をカバーしようかなと。ロードでも安定感ましていますし、最高のできだった昨年のタイムが1つの目安。復路で今絶好調の作田は起用したいかなと思いました。区間一桁は厳しいかもしれませんが、67分前後では走ってほしいです。9,10区は力を置く傾向にあるので、栃木・聞谷と予想。栃木は区間一桁、聞谷は区間5位くらいが一つの目安になると思います。聞谷の単独走に少しありますが、2人とも堅実に走ってくれるのではないでしょうか。全体的にはシード権争いは十分できる戦力があると思いますし、結構期待しています。他のチームと同じく往路と山がカギになるでしょうが、田中が5区だとそこまで大きくブレないでしょうし、特に3区と6区に注目です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。